スポンサーリンク

アカデミー賞2022受賞作品&俳優予想!全作品見た僕が答え言っちゃいます

この記事は 約6 分で読めます。

2022年アカデミー賞発表も残すところわずか。そこで主要部門の作品を全て視聴した僕が受賞作品および俳優を独断と偏見の下、予想しようと思います。

スポンサーリンク

2022年アカデミー賞作品賞

この中で一番面白かったのは「ドリームプラン」です。ただ、あまりにもストレートなスポ根娯楽映画なので最近の芸術かぶれ傾向からすると受賞には至らないような気がしますね。

となると、受賞はその他の駄作グループから選ぶしかありません。もうどれもこれも駄作ばかりで、はっきり言って選ぶのが難しそうです。

日本で一番注目されているのは「ドライブ・マイ・カー」が選ばれるかどうかじゃないでしょうか。さすがに「パラサイト」にあげたばかりで、また外国作品、それもアジア作品にあげるかなあ、というところですよね。僕はあげないと思います。

そう考えたときに残るのは「パワー・オブ・ザ・ドッグ」でしょう。あんまり面白くないけどね。

2022年アカデミー賞監督賞

監督賞は作品賞よりも選ぶのが難しそうです。なぜなら一人もまともな監督の名前が入っていないからです。5人全員が作品賞にノミネートしている監督ということからしてもよほど不作の年といえますね。

もしここで万が一、濱口竜介監督が獲っちゃたりしたら「寝ても覚めても」とかの評価まであがっちゃうんでしょうか。アカデミー賞受賞監督として、メディアに持ち上げられ、この先もずっと駄作を連発し、それでもアカデミー賞監督だから日本では誰も批判できなくなるっていう未来だけは避けたいところですね。

というわけで監督賞はジェーン・カンピオン 「パワー・オブ・ザ・ドッグ」です。

2022年アカデミー賞脚本賞

脚本賞も作品賞のノミネート作品ばかりですね。唯一私は最悪。だけが入っていないだけで。脚本だけを見ると、「ドリームプラン」か私は最悪。かなという気がします。娯楽性や感動的な部分を考慮すると、受賞は「ドリームプラン」ですね。

2022年アカデミー賞主演男優賞

主演男優賞はおそらくベネディクト・カンバーバッチとウィル・スミスの一騎打ちになるでしょう。デンゼル・ワシントンやハビエル・バルデムはすでに受賞済みだし、今回そんなに特別なパフォーマンスも披露していないので受賞はないと思います。

あと、アンドリュー・ガーフィールドの「tick, tick…BOOM! チック、チック…ブーン!」も見たけど、つまらないのでわざわざ同ブログでは紹介しなくてもいいかな、という演技でした。

というわけで受賞は、ベネディクト・カンバーバッチです。

2022年アカデミー賞主演女優賞

主演女優賞は、オリビア・コールマンかクリステン・スチュワートになるでしょう。純粋にパフォーマンスだけを見ればオリビア・コールマンが受賞しているところでしょうが、マーケティングや人気などを考慮すると、クリステン・スチュワートが獲りそうな気がします。ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ジェシカ・チャステインは論外です。

というわけで受賞はクリステン・スチュワート。

2022年アカデミー賞助演男優賞

助演男優賞ではなぜか同じ「パワー・オブ・ザ・ドッグ」からジェシー・プレモンスとコディ・スミット=マクフィーの二人がノミネートしていますね。ときどきこういうことありますよね。こうなったらおそらくどちらかが選ばれることになるでしょう。

そういえば作品も「ユダ&ブラック・メシア裏切りの代償」で二人ノミネートされ、ダニエル・カルーヤが獲っていますね。今年のそのパターンです。じゃないとわざわざ二人もノミネートさせません。

というわけで受賞はジェシー・プレモンス。

2022年アカデミー賞助演女優賞

助演女優賞はどの人もぱっとしないですねえ。悪い意味で誰にあげても同じって感じがします。強いていうならば、キルステン・ダンストとアーンジャニュー・エリスの勝負になるんじゃないかなあ。どっちかというとキルステン・ダンストかなあ。

2022年アカデミー賞長編アニメーション賞

アニメーション部門は同じ映画祭のノミネート作品とは思えないぐらい「Fleeフリー」だけが作品のタイプ、質が違っています。それ以外は全てハリウッドの定番キッズ映画。なんでもっと海外のアニメ作品をノミネートさせなかったのが不思議ですね。この中なら断然、「Fleeフリー」でしょう。

2022年アカデミー賞国際長編映画賞

さて最後となるのは国際長編映画賞。おそらくこれは「ドライブ・マイ・カー」で確定してるんじゃないかなぁ。もしこの部門で落としたら、それまでの海外での評価はなんだったんだってなりますね。そっちのほうが面白いけどね。

期待上げまくってずどんと落としてもらいたいところだけど、これまでの国際映画祭の流れだと当選するんじゃないでしょうか。まあほんと、しょうもない映画だけどね。

まとめ

以上が僕の2022年アカデミー賞受賞作品&俳優予想です。好きな作品、俳優を選んだというより、いかにも受賞しそうな候補たちを絞りました。今年はどれだけ当たる、あるいは外すでしょうか。授賞式は日本時間3月28日(現地時間3月27日)です。

コメント

  1. ISHIMAMI より:

    気がついたら、もうすぐですね、アカデミー賞。
    映画男さんの見解が興味深かったので、私も図々しくも予想させてください。

    私がアカデミー賞候補となる作品で群を抜いて、面白かったのは『THE POWER OF THE DOG』でした。すごい伏線と登場人物のキャラクターと行動で語り、言葉の説明を控えたのがよかったです。ですが私の予想は

    作品賞は『キング リチャード』。
    『THE POWER OF THE DOG』はNetflix絡みと言うことと、LGBTQ作は『ブロークバック〜』『ムーンライト』とそこそこ取ってきたので、ちょっとお休みいただいて、ここは王道な作品かな、と。

    監督賞 脚本賞はともにジェーンカンピオン。
    主演男優賞はウィルスミス
    主演女優賞はクリスチャン スチュワート、私は作品自体もすごく好きでした。ダイアナはディーオールがスポンサーについていたのに、本作はシャネルがスポンサーについた背景も面白かったです。
    助演男優賞、コディ・スミット=マクフィー、映画男さんの言う通り、2人同じ作品から選ばれている時はどっちが取る、私もそう思います。ですが私はカンバーバッチの嗜好を知った時点で、自らの魅力を最大限に活かし、立場を逆転させた、コディの流し目に掛けたいと思います。
    助演女優賞はアリアナ・デボーズ、
    長編アニメーション賞 Fleeフリー、
    国際長編映画賞、ドライブ・マイ・カー、

    自分の好みではなく、賞を取りそうか取らないかの記事、毎年楽しく読ませていただいています。

  2. シャインマスカット より:

    今晩は。作品賞は「コーダ」でしたね。映画男さんのコメントに書いた通り、本作、「良い」作品ではあったのですが、ラストの「ヒロイン不在で家族がどう生活していくのか」という一番重要な部分がフワッとしすぎていて、乗り切れなかったなとも思います。家族愛だけでは乗り越えられない厳しい現実を、社会制度もなく家族愛だけで纏めるのは、ちょっと無理があるようにも感じました。

    だから、飽くまでも「風変わりな家族のハートフル・コメディ」話や、「パラレルワールドのアメリカ」話ならアリかなと思いました。

    ただ、日本だと、大手のレビューサイトでは全て4以上なので、それだけ嵌まる人が多かったのだと思います。観てほしい作品ではあるんですけどね。

    そういえば、「ドリームプラン」とウィル・スミスで思い出しましたが、彼結構大変なことになっているようですね。でも、司会者の「イジり」は酷いと思いました。

    長文失礼いたしました。

    • 映画男映画男 より:

      コーダは完全にノーマークでした。

      • シャインマスカット より:

        お返事ありがとうございます。私も「好み」なら、「ドリームプラン」でしたが、まぁ難しいかもと思いました。

        また、「コーダ」は、「パワー・オブ・ザ・ドッグ」との一騎討ちみたいな感じでした。

  3. 百合 より:

    こんばんは。
    ドライブ・マイ・カーが作品賞でなくてよかったです。
    国際長編映画賞は私はこれはお情け的なものだろうと思っています(笑)
    本来ならこれも他に受賞すべき相応しい作品があったように思います。
    何故か他で評価が高いので仕方なくドライブ・マイ・カーに与えたのだと思います。
    それが証拠にこれしか受賞してませんからね。
    作品賞を獲るものだと確信して最優秀作品賞やら他の賞を与えた日本アカデミー賞は随分と間抜けなものだと思います。
    日本でこれを凄い事だと褒め称えている人は随分なお花畑でしょう。
    監督はじめ主演の西島秀俊や出演陣達の会場での写真を見ましたが心なしか蝶ネクタイ姿のタキシードも似合っておらず場違い感しかしませんでした。