恋愛

イタリア映画

赤いアモーレ(原題NON TI MUOVERE/DON’T MOVE)

ペネロペ・クルスとベッドシーンをやりたかった監督が作った意味不明な設定と、ただただ共感できないラブストーリーによって構成されている話。10点(100点満点)
40点台の映画

女と男の観覧車(原題WONDER WHEEL)

特に見所はないけれど、なんとなく最後まで見れる男女の三角関係はちゃめちゃドラマ。笑いがもっと欲しかったです。48点(100点満点)
50点台の映画

彼女がその名を知らない鳥たち

演技、演出、キャスティングがよく、本気度が伺えるスリラーテイストの恋愛ドラマ。濡れ場あり、終盤にちょっとしたサプライズありでエンタメ度高めです。55点(100点満点)
60点台の映画

ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~(原題STRONGER)

爆弾テロで両脚を失った男性が文字通り自分の脚で立ち上がっていくまでを描いたちょっといい話。決してきれいごとだけを描いていないところに好感が持てました。69点(100点満点)
40点台の映画

パーフェクト・レボリューション

様々な”障害”を乗り越え、愛をはぐくもうとする車椅子の男と風俗嬢の恋愛物語。夫婦やカップルで見るべき作品です。40点(100点満点)
70点台の映画

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(原題THE BIG SICK)

見る人を幸せな気持ちにさせる可愛らしい男女による恋愛ドラマ。愛と夢を存分に感じられる普通にいい話です。79点(100点満点)
30点台の映画

ファントム・スレッド(原題PHANTOM THREAD)

カリスマ有名デザイナーと同棲し、付き人みたいな生活を強いられる女の葛藤としたたかな生き方を描く女性向け映画。スローで、長くて、途中でだれる作品です。36点(100点満点)
アカデミー賞2018

シェイプ・オブ・ウォーター(原題THE SHAPE OF WATER)

ストーリーと会話がつまらなすぎるファンタジックな駆け落ちドラマ。なんでもかんでもうっとりできるメルヘン女子向けの作品です。15点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

君の膵臓をたべたい

日本のエンタメのレベルの低さを象徴する、脚本、演技、ストーリー、演出の全てが素人レベルの作品。余命わずかを売りにした、お涙頂戴物語で、どこにも泣けるエピソードが出てこないです。マイナス3万点(100点満点)
60点台の映画

君の名前で僕を呼んで(原題CALL ME BY YOUR NAME)

ストレートの人でも十分に楽しめる大人向け芸術路線同性愛映画。セクシャリティーを超えた普遍的で上質な作品です。67点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

昼顔

お願いだからこれを映画って呼ばないでっていうレベルの低クオリティー恋愛ドラマ。つまんないなんていう話じゃないです。0点(100点満点)
40点台の映画

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど

女子向け、プラトニック系国際恋愛ドラマ。日本男児と台湾女性による、キスシーンもない純情で子供っぽい恋物語です。40点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

夜空はいつでも最高密度の青色だ

日本でトップレベルの寒い会話を聞いてみたい、という人が見るべき映画で、暗くて、ネガティブで、登場人物をあざ笑う以外なにも面白いところがない作品です。10点(100点満点)
30点台の映画

パパ活

不倫をカジュアルに描いたドラマで、エロスよりユーモアに力を入れている残念な作品。刺激が全く足りないです。30点(100点満点)
30点台の映画

恋妻家宮本

熟年カップル向けの夫婦の愛情物語。離婚危機を描いているわりにはどこにも危機的な状況が見当たらない、ただの仲良し夫婦の話です。35点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ダンシング・ハバナ(原題Dirty Dancing: Havana Nights)

ガイ・ファーランド監督によるキューバ人が怒り出すレベルの舐めきった映画。音楽も踊りもストーリーも全部ダメダメです。4点(100点満点)
50点台の映画

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

二つのストーリーを平行して伝える、青春恋愛ドラマ。田舎の風景、子供たちの純粋さ、奥菜恵の小悪魔ぶりがいいです。52点(100点満点)
70点台の映画

(500)日のサマー(原題(500) DAYS OF SUMMER)

恋愛と失恋とサプライズで締めくくる、見る人をほっこりさせたかと思うと、次の瞬間にはせつなくさせる男女のあるある物語。感情移入しやすい演出が見事でした。71点(100点満点)
映画ランキング

恋愛映画(洋画)泣ける&胸キュン作品おすすめランキング

恋愛ドラマやラブコメを見て笑って、泣いて、ロマンチックな気分に浸りたい、という人におすすめの洋画をランキング形式にして紹介します。(随時更新)
ただ文句が言いたくなる映画

エブリシング(原題Everything Everything)

病気のせいで何年も家から出たことのない少女と隣に引っ越してきた少年によるエセ恋愛ドラマ。意外性はあるもののリアリティーがなく、ご都合主義で締めくくるダメな映画です。14点(100点満点)