アクション

30点台の映画

デッドプール2(原題DEADPOOL 2)

前作の功績だけでなんとか体裁を保てている典型的なダメ続編映画。もっと滅茶苦茶やってくれれば良かったのに、と思わずにはいられないチャレンジ精神が感じられない作品です。39点(100点満点)
40点台の映画

デス・プルーフ in グラインドハウス (原題Quentin Tarantino’s Death Proof)

車で若い女たちを殺すことに情熱を燃やすスタントマンのはちゃめちゃストーリー。誰が主人公だが分からなくなるドタバタカーアクションです。41点(100点満点)
40点台の映画

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題Avengers: Infinity War)

ストーリー性はあまりないけど、ラストだけは意外性があるヒーロー映画。激強のラスボスをヒーローたちが寄ってたかってリンチしようとしては失敗する話です。43点(100点満点)
60点台の映画

アンダードッグ 二人の男(英題DERAILED)

派手さはないけど、シナリオが面白い、韓国発クライムアクション。犯罪で生きる男たちの悲劇の物語です。60点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

太陽を盗んだ男

ジュリーにキュンと来る女性しか見てはいけない駄作。どこにも凄いところがないのに、凄い、凄いとはやし立てられている謎のカルト映画です。6点(100点満点)
40点台の映画

犯罪都市(英題THE OUTLAWS)

筋肉ムキムキの刑事が大活躍する、プロレス的ギャング映画。迫力はそれなりにあるけど、いまひとつな映画です。49点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ブラックパンサー(原題Black Panther)

アメリカで大ヒットしてるらしいマーベルヒーローアクション。つまらないし、くだらないし、馬鹿だし、上映時間が長すぎます。19点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

無限の住人

キムタクに抱かれたいと思っている女子しか見ちゃいけない作品で、オラオラギャーギャーうるさいだけです。3点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ジャスティス・リーグ(原題JUSTICE LEAGUE)

質より、ヒーローの数で売る、見る価値のないヒーローアクション馬鹿映画。映画館では絶対見ないほうがいいです。1点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ベイビー・ドライバー(原題BABY DRIVER)

オシャレを装ったダサダサ映画。脚本は寒く、ストーリーはスカスカで、辻褄もへったくれもない内容に開いた口がふさがりませんでした。6点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

アシュラ(原題 ASURA: THE CITY OF MADNESS)

ただ、暴力が描きたいだけの下らない韓国映画。根性と男らしさを履き違えた登場人物たちが永延と度胸試しをするだけの内容です。9点(100点満点)
60点台の映画

スパイダーマン:ホームカミング(原題SPIDER-MAN: HOMECOMING)

スパイダーマンがニューヨークとワシントンDCを舞台に大暴れする、笑いの要素満載のヒーローアクション。バランスが良く、まとまりのある娯楽映画です。60点(100点満点)
50点台の映画

プロジェクトA(原題 A計劃/PROJECT A)

ジャッキー・チェンが主演・監督を務め、強烈なインパクトを残した香港映画。何気ない顔で、とんでもないことに挑戦している、ある意味純粋なアクションです。50点(100点満点)
ハリウッド映画

ワンダーウーマン(原題Wonder Woman)

第一次世界大戦を舞台に女性の主人公が大暴れするスーパーヒーロー映画。ヒロイン役を演じたガル・ガドットの美しさと存在感が光っていて、新しいスター誕生の予感がしました。53点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(原題PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES)

キレのないジャック・スパロウと歯切れの悪いストーリーを2時間半も見せられる、あなたを眠気と苦痛の航海へと誘うディズニー作品です。28点(100点満点)
50点台の映画

哀しき獣(原題THE YELLOW SEA/黄海)

韓国の男たちがナイフや斧で格闘する、痛くて、エグくて、ちょっと面白いクライムアクション。ストーリーは複雑にしすぎた感はありますが、全体的にはクオリティーの高い作品です。59点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ワイルド・スピード ICE BREAK(原題THE FATE OF THE FURIOUS)

質より量で、知能より筋肉で勝負して大失敗している、ザ・アメリカン馬鹿映画シリーズ。インテリジェンスがこれっぽちも感じられない、ひどいストーリーに絶句すること間違いなしです。0点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

キングコング:髑髏島の巨神(原題KONG: SKULL ISLAND)

3歳児しか到底楽しめない、中身スカスカのシリーズ最低作品。行かなくてもいい島に探検に行って、今度はそこから脱出するために必死になるバカな探検隊の話です。19点(100点満点)
50点台の映画

ローガン(原題LOGAN)

最近のマーベル作品の中では一番シンプルで、CG頼りじゃないところに好感が持てるヒーローアクション劇。大物俳優だけでなく、チビミュータントたちも頑張ってました。50点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ジョン・ウィック:チャプター2(原題JOHN WICK: CHAPTER 2)

頭の悪いアメリカ人向けに作られた、スマホをいじりながら見るべき、しょぼしょぼアクション映画。0点(100点満点)