【フル動画】寝ても覚めてもはつまらないメンヘラ話!感想とネタバレ

この記事は 約6 分で読めます。

訳が分からな過ぎて、映画とはとても言えない代物。こんな話が映画化されてる時点で世も末です。マイナス500億点(100点満点)

寝ても覚めてものフル動画はU-NEXTで視聴できます。

寝ても覚めてものあらすじ

映画 『寝ても覚めても』 2018 予告編

東京。
丸子亮平は勤務先の会議室へコーヒーを届けに来た泉谷朝子と出会う。ぎこちない態度をとる朝子に惹かれていく亮平。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら朝子も惹かれていく。しかし、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、2年前に朝子が大阪に住んでいた時、運命的な恋に落ちた恋人・鳥居麦に顔がそっくりだったのだ――。

5年後。
亮平と朝子は共に暮らし、亮平の会社の同僚・串橋や、朝子とルームシェアをしていたマヤと時々食事を4人で摂るなど、平穏だけど満たされた日々を過ごしていた。ある日、亮平と朝子は出掛けた先で大阪時代の朝子の友人・春代と出会う。7年ぶりの再会。2年前に別れも告げずに麦の行方が分からなくなって以来、大阪で親しかった春代も、麦の遠縁だった岡崎とも疎遠になっていた。その麦が、現在はモデルとなって注目されていることを朝子は知る。亮平との穏やかな生活を過ごしていた朝子に、麦の行方を知ることは小さなショックを与えた。

一緒にいるといつも不安で、でも好きにならずにいられなかった麦との時間。
ささやかだけれど、いつも温かく包み、安心を与えてくれる亮平との時間。
朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだった……。

公式サイトより

寝ても覚めてものキャスト

  • 東出昌大
  • 唐田えりか
  • 瀬戸康史
  • 山下リオ
  • 伊藤沙莉
  • 渡辺大知
  • 仲本工事
  • 田中美佐子

寝ても覚めてもの感想と評価

読者の耳の木さんのリクエストです。ありがとうございます。

濱口竜介監督による、柴崎友香の小説を基にした異次元恋愛ストーリー。製作スタッフ全員外国人、もしくは宇宙人じゃないと辻褄が合わないほど、ヘンテコな日本語の会話とエピソードに埋め尽くされたファンタジー映画です。

演技は下手だし、エセ関西弁を話す登場人物たちの喋り方を関西の人が聞いたらブチ切れること間違いなし。関西人の描き方が舐め腐っていて東京出身の僕が見てもキレました。

登場人物に対してはもはや「死ね」という言葉しか出てこないですね。

まず、麦(バク)と朝子が最初に接触したのがお昼時の道端で、二人は面識がないのに突然こんな会話をします。

  • 男:君の名前は?
  • 女:私の名前は泉谷朝子。
  • 男:朝子の「あさ」はモーニングの朝?
  • 女:はい。
  • 男:いい名前。
  • 女:あなたは?
  • 男:俺は麦(バク)
  • 女:バク? バクは、、、(ここでなぜか熱いキス)

死ね。

名前聞いたらすぐにキスってカーバル中のブラジルか。少なくとも僕の生まれた国、日本ではこんなことは起こらないし、もし男が道端で知らない女性の名前を聞いた途端にキスでもしようもんなら逮捕されるか、叫んで逃げられるかのどっちかでしょ。

そして次の瞬間、二人はもう付き合っている態で舞台は居酒屋に移ります。そこで二人はお互いの友達を交えて飲み食いするんだけど、そのとき登場した朝子の女友達が挨拶もなしに開口一番こんなこと言います。

女:あんたか、バクとかいう男は。

男:うん、俺がバク。

女:あんたなあ。パクっと食べるのは夢ぐらいにしときや。朝ちゃん、これ私の思ったとおりやで。顔は確かにええ。でも朝ちゃん、これはあかんわ。

うるせえ、死ね。

一体、どういう教育受けてきたら、こんなこと初対面の人に言えるんだよ。なんだよ、「パクっと食べるのは夢ぐらいにしとき」って。なに今私上手いこと言ったぞ、みたいな顔してんだよ。

何が腹立つって「大阪人ってこんな感じでしょ?」っていう監督の偏見の声が聞こえてくることです。口悪くて、図々しければ大阪人の出来上がりみたいなノリがむかつきます。

さらにバクと朝子のアホカップルは、バイク事故を起こして道路で倒れたまんまの姿勢で笑いながら抱き合い、あろうことかキスをおっぱじめます。その間、事故に遭遇した相手の方々は呆然と二人を見つめています。

お願いだからガードレールに頭打って死ね。

こういうのを情熱的とかっていう言葉で簡単に済ませたらダメでしょ。ただの気狂いじゃん。

その後も一事が万事、「そんなことをそのタイミングで一体どこの誰がやるんだよ」っていうエピソードのオンパレードで、結構早い時間で真面目に見るのを諦めました。

話の流れとしては、ラブラブだった朝子を置いて、バクがどこかに突然消えてしまう>数年後、朝子はバクと同じ顔をした男、亮平と知り合い恋に落ちる>同棲して結婚が決まったころにバクが有名人になって戻ってくる>朝子がバクと寄りを戻す>朝子がやっぱり亮平のほうがよかったと言い出す、というメンヘラ的ストーリーになっています。

あんなにラブラブだったのに突然姿を消したバクのことを朝子が探す素振りすらないからね。靴を買いに行くと出かけるといってそのまま帰られなかったって警察行けよ。

友人いわく、買い物に行ったきりバクが何か月も戻ってこないなんて普通なんだそうです。もしそれが普通なら人間関係成立しないじゃん。

ラストで二人が仲直りして、物語が幕を閉じるまで、何度「死ね」という言葉が口から出て来たのかはもはや数えられませんでした。こんなに殺意が芽生えたのは生まれて初めてのことです。

これ、日本とフランスの合作らしいですね。監督も脚本家も本当はフランス人じゃないのかな。

フランス語から直訳したから、あんな変なセリフになったとしか思えないんですよ。それぐらい会話が成り立ってないレベルだったし、ストーリーがめちゃくちゃじゃないですか。

フランスのコネがあったからなのか、こんな代物がカンヌ映画祭にまで出品したことが信じられませんね。でもきっとフランス人の中にはこういう映画を芸術と勘違いして誉める奴とかいるんだろうなぁ。東洋の神秘だ、とかいいってさ。

ちなみに僕の住むブラジルでもミニシアター系の映画館で上映されていました。見に行かないで良かったわ、まじで。

また、この映画の外国語タイトルが「Asako I & II」ですよ。なんじゃ、そりゃ。この映画について外国人と話したら「なにその映画、シリーズものなの?」って聞かれるんですよ。

「シリーズじゃなくて映画のタイトルが1&2なんだよ」って教えてあげないといけない面倒くささといったらないです。

寝ても覚めてものフル動画はU-NEXTで視聴できます。

コメント

  1. 25歳 より:

    初コメです。失礼します。
    予告編だけで観る気が一気に失せた映画は初めてです。関西人なので吐き気がしました。本編を観てから文句を言いたいのですが、どうしてもこれだけは観る気になりませんね。感想ありがとうございます。参考になりました。

    • 映画男映画男 より:

      コメントありがとうございます。関西の方は、特に見ないほうがいいと思いますよ。

  2. えのちゃん より:

    この映画、観てないし観る予定もないですけど映画男さんの感想に爆笑しました。