2017/02/16

アカデミー賞2017予想!ノミネート全作品を見た僕がずばり予言

2017年アカデミー賞作品賞のノミネート作品を全部鑑賞したので、ここで僕の独断と偏見に基づいた予想を紹介します。

2017年アカデミー賞作品賞の予想

ノミネート作品はこんな感じです。

メッセージ

Fences(原題)

ハクソー・リッジ(原題)

最後の追跡

Hidden Figures(原題)

LION ライオン 25年目のただいま

ムーンライト

ラ・ラ・ランド

マンチェスター・バイ・ザ・シー

この中で僕が一番気に入ったのはほかでもない「ムーンライト」です。貧しく、厳しい環境に生まれた黒人少年が、いじめっ子にやり返したのをきっかけに犯罪の道に進み、強くて逞しい麻薬の売人になっていく、というストーリーに同性愛の要素をミックスさせた斬新な物語です。

個人的にはこの作品に受賞したもらいたいのですが、アカデミー賞の傾向からすると、おそらく受賞するのは「ラ・ラ・ランド」でしょう。歌って、踊って、ハッピーで、ラストはせつなくて、といった作りがいかにもアカデミー賞っぽい作品だからです。大した作品じゃないけれど、これが獲るでしょう。

というわけで作品賞の予想はラ・ラ・ランド

2017年アカデミー賞外国語映画賞の予想

ノミネート作品はこちら。

ありがとう、トニ・エルドマン(ドイツ)

セールスマン(イラン)

幸せなひとりぼっち(スウェーデン)

タンナ(オーストラリア)

ヒトラーの忘れもの(デンマーク)

ダントツで面白かったのは、「セールスマン」です。アスガー・ファルハディ監督は国際映画祭の常連で、実力、評価は申し分ないでしょう。ただ、今のアメリカがイラン人監督が撮った、ゴリゴリのアラブ映画を評価するかというと政治的に難しいんじゃないかと思います。

そこで白羽の矢が当たるのが「ヒトラーの忘れもの」じゃないのかというのが僕の予想です。「ヒトラーの忘れもの」も素晴らしい作品なので、これが受賞しても文句はないです。

というわけで外国語映画の予想はヒトラーの忘れもの

2017年アカデミー賞監督賞の予想

ノミネート作品は以下の通り。

ドゥニ・ビルヌーブ(メッセージ

メル・ギブソン(ハクソー・リッジ)

デイミアン・チャゼル(ラ・ラ・ランド

ケネス・ロナーガン(マンチェスター・バイ・ザ・シー

バリー・ジェンキンス(ムーンライト

いつも思うんですが、監督賞と作品賞って何が違うんですかね。作品ってそもそも監督が作ったものなんだし、作品賞も監督賞も同じじゃん。

これって作品賞にもれた監督のためのおまけの賞なんじゃないのかなって気がするんですよね。どこか作品賞のほうが上に見られているふしがありますよね。メディアがこぞって報じるのも作品賞の方だし、もしかしたら監督本人も監督賞より作品賞に選ばれたほうが嬉しかったりするんじゃないのかと想像します。

さて、すでに話したように作品賞は、「ラ・ラ・ランド」が受賞すると思うので、監督賞は「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスに行くんじゃないでしょうか。

というわけで監督賞の予想は、バリー・ジェンキンス

2017年アカデミー賞主演男優賞の予想

デンゼル・ワシントン(Fences

アンドリュー・ガーフィールド(ハクソー・リッジ)

ライアン・ゴズリング(ラ・ラ・ランド

ビゴ・モーテンセン(はじまりへの旅

ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー

今年の主演男優賞ははっきり言ってそんなにレベルが高くないです。特に印象に残るようなパフォーマンスを発揮した人はいなかったんじゃないでしょうか。

強いてこの中で選ぶとしたらアンドリュー・ガーフィールドかライアン・ゴズリングでしょうかね。演技的にはどちらも似たようなものでしたが、アンドリュー・ガーフィールドとライアン・ゴズリングのどっちがイケイケでノリノリかというと、ライアン・ゴズリングに分があるので、おそらくライアン・ゴズリングでしょう。

というわけで主演男優賞の予想はライアン・ゴズリング

2017年アカデミー賞助演男優賞の予想

マハーシャラ・アリ(ムーンライト

ジェフ・ブリッジス(最後の追跡

ルーカス・ヘッジズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー

デブ・パテル(LION ライオン 25年目のただいま

マイケル・シャノン(ノクターナル・アニマルズ

ここでまた一つの疑問が浮かぶんですが、助演男優賞、女優賞って主役以外の人に贈られる賞だと思ってたんですけど、なんで「LION ライオン 25年目のただいま」の主役を演じたデブ・パテルがこの部門にノミネートされてるんですかね。

男優賞は、ライアン・ゴズリングに決まってるから君はこっちの部門に行ってね、ということなんでしょうか。なんか気持ち悪いです。さて、この中で行ったら抜群の演技を見せたのは、「ノクターナル・アニマルズ」のマイケル・シャノンでしょう。彼の目つきと表情やばいですよ。この中ではダントツで一番良かったです。

というわけで、助演男優賞の予想はマイケル・シャノン

2017年アカデミー賞主演女優賞の予想

今年の主演女優賞はしょうもない作品に出た女優たちばかりですね。まだレビューしていない作品もありますが、いちおう全部見ました。結構きつい映画もあります。

イザベル・ユペール(エル

ルース・ネッガ(ラビング 愛という名のふたり

ナタリー・ポートマン(ジャッキー ファーストレディ 最後の使命)

エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド

メリル・ストリープ(マダム・フローレンス! 夢見るふたり)

いくらアカデミー賞の規定でアメリカ国内で公開された作品が対象になってるといっても、フランス映画「エル」に出演したフランス人女優イザベル・ユペールがここに割り込んで来るんですね。だったら外国人俳優がノミネートされていない年は、いつもアメリカ人のほうが優れてるっていうことなんでしょうか。逆にそのほうがすごいですね。

ノミネートされている女優たちのほとんどが大した仕事はしてないです。消去法でいくとナタリー・ポートマンとエマ・ストーンかなといった感じです。問題はスクリーンの中で終始ニコニコしていたエマ・ストーンか、終始泣きそうな顔をしていたナタリー・ポートマンのどちらを評価するかということなんですが、この二人だったらナタリー・ポートマンが受賞するんじゃないでしょうか。

というわけで、主演女優賞の予想はナタリー・ポートマン

2017年アカデミー賞助演女優賞の予想

ビオラ・デイビス(Fences

ナオミ・ハリス(ムーンライト

ニコール・キッドマン(LION ライオン 25年目のただいま

オクタビア・スペンサー(Hidden Figures)

ミシェル・ウィリアムズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー

この中ではダントツで、「Fences」のビオラ・デイビスですね。デンゼル・ワシントンとの口論のシーンは魂のこもったパフォーマンスでした。今年は黒人俳優が最多の6人ノミネートされていますが、おそらく受賞するのは彼女一人でしょう。たまには全部門黒人とかでもいいんですけどね。

というわけで、助演女優賞の予想はビオラ・デイビス

2017年アカデミー賞の予想は以上です。

>>2017年度アカデミー賞授賞式をTVで見る方法