2016/03/02

2016年アカデミー賞ノミネート全作品を見た僕の予想

Academy-Awards

今年のアカデミー賞作品賞のノミネート映画を全て見終わりましたので、偏見と独断の元に勝手に予想させていただきます。今年の受賞作品はあれしかないです。

作品賞

作品賞に名を連ねているのはこんな作品です。

消去法で選んでいくと、まずスピルバーグ枠でノミネートしている「ブリッジ・オブ・スパイ」は真っ先に落選です。こんな映画が当選してしまったら、映画界全体に悪影響です。

続いて女がやらかすだけの映画「ブルックリン」、じゃがいも映画「オデッセイ」、熊さんが活躍する映画「レヴェナント:蘇えりし者」もインパクトが薄いので落選です。誰の心にも響かない当たり障りのない映画が作品賞を取ってはいけません。

中でも唯一下馬評を覆す可能性のあるダークホースが「マッドマックス 怒りのデス・ロード」じゃないでしょうか。面白い映画でしたが、賞を与えるほどのストーリーじゃなかったです。ただ、バイクや車で行って帰ってするだけなので。

となると、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「ルーム」の中から選ばれるんじゃないかというのが僕の予想ですね。どれも社会派ドラマという点で共通しています。

ずばりこの中からだと「ルーム」が受賞するでしょう。唯一感動させられた映画、それがこの「ルーム」だったからです。ちなみに僕は一昨年のアカデミー賞はずばり作品賞を的中させていますが、去年はかすりもしませんでしたので、あまりあてになりません。

監督賞

監督賞はこんな顔ぶれでした。

この中から監督賞を選ぶとしたら、ジョージ・ミラーが一番有力なんではないかと思います。おそらく彼の功績を称えて今年受賞させるんじゃないかといった臭いがプンプンします。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」はストーリー性には乏しいですが、撮影にはとてもこだわりが感じられ、ほとんどのシーンがCGではなく実際のアクションというのが驚きですよね。

一方でアレハンドロ・イニャリトゥは去年も獲ったし、もういいでしょ、という感じがしますね。「レヴェナント:蘇えりし者」もところどころ彼らしい独特の撮り方をしていますが、すごかったのは熊のシーンぐらいでしたからね。

ルーム」のレニー・アブラハムソンは特に優れているかというそうともいえません。作品自体は素晴らしいんですが、監督として優れているというよりストーリーや俳優たちの演技に助けられたという感じがします。

そんなわけで監督賞はジョージ・ミラーです。

そのほかの部門の予想は次の通りです。

主演男優賞

レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント:蘇えりし者

主演女優賞

ブリー・ラーソン(ルーム

助演男優賞

クリスチャン・ベール(マネー・ショート 華麗なる大逆転

助演女優賞

アリシア・ヴィキャンデル(リリーのすべて

脚本賞

スポットライト 世紀のスクープ

まとめ

作品賞以外の作品もほとんど見ましたが、まだここに紹介していないものもいくつかあります。今月はほぼ毎日映画を見ているような常態になっているので、さすがに頭がいかれてきています。映画を見るのは好きですが、見すぎもよくないですね。

なお、受賞者発表は日本時間で2月29日です。

>>アカデミー賞授賞式をTVで見る方法