さよなら歌舞伎町はエロ面白い映画!感想とネタバレ

この記事は 約4 分で読めます。

love

歌舞伎町のラブホテルを舞台に、そこに出入りする訳ありの男女たちをつづった群像劇。リアリティーはそれほどないけれども、エロくて、笑えて、エキサイティングな娯楽映画に仕上がっています。75点(100点満点)

さよなら歌舞伎町のあらすじ

一流ホテル勤めと周囲に偽りラブホテルの店長をしている徹(染谷将太)は、ミュージシャンを夢見る同居中の恋人・沙耶(前田敦子)との関係が倦怠(けんたい)期になりかけていた。

歌舞伎町にあるラブホテルに出勤し多忙な1日が始まるが、ホテルでは家出少女(我妻三輪子)と来店した風俗スカウトマン(忍成修吾)、時効を間近に控え男(松重豊)と潜伏生活を送るホテルの清掃人(南果歩)など、年齢も職業もさまざまな男女の人生が交錯し……。

シネマトゥディより

さよなら歌舞伎町の感想

きいろいゾウ」、「100回泣くこと」、「娚の一生」、「彼女の人生は間違いじゃない」の廣木隆一監督の作品です。駄作しか撮らない監督なのかと思っていたら、ひょんなところからお宝を見つけました。結構、良かったです。

特に手持ちのカメラワークがいい味を出していて、東京の風景をとても良く映し出していました。歌舞伎町というと、ネオン街が真っ先に浮かぶけれど、それをあえてネオン街から外れた裏道を取り上げているのが新鮮で、東京の中心地でありながら、どこか郊外のような雰囲気が出ているのがいいですね。

ラブホテルは確かに様々な背景を抱えた男女が出入りする映画の舞台には最高の場所ですね。そのラブホテルを訪れるのは韓国人の風俗嬢と客だったり、家出少女とスカウトマンだったり、不倫している刑事だったりします。

そんな客たちと毎日接しているのは、そこで働く個性豊かな従業員たちです。店長の徹(染谷将太)は一流ホテルに勤めていると周囲に偽り、自分がラブホテルで働いているのはあくまでも一時的な「つなぎ」だという負け犬の意識で毎日を過ごしています。

そんな彼が働くホテルに妹がAV女優として撮影のためにやって来たり、自分の恋人がほかの客と現れたり、といったハプニングが続きます。その辺のエピソードにリアリティーはほとんどないんですが、どの登場人物にも不幸や悲劇はあっても、深刻さがないだけに面白おかしくなってきます。

2時間を超える長編なのにところどころに見所のあるセックスシーンを用意していることもあって眠くなりません。韓国人風俗嬢の客との絡みのシーンもよかったし、なにより女刑事の風呂場のシーンがエロくてやばかったですね。女刑事を演じたのは河井青葉(写真左)という女優だそうです。素敵ですね。

akur

ほとんどの出演者たちがかなり体を張った演技をしていて、いい意味で日本映画らしくなかったです。それにつけて前田敦子はミュージシャン志望で、メジャーデビュー間近でいつもギターを抱えているくせに全然弾けないっていうね。

あの弾き語りのシーンいりますか? ばっさりカットしてくれればよかったのに。おそらく監督は客寄せのために彼女を起用したんでしょうが、一人だけちゃんとやらない奴がいると残念です。何度もいいますが、ああいう奴が日本映画のレベルを落とすんです。

それにしても、なんだかむしょうにラブホテルに行きたくなってくる映画でした。日本に住んでいる人たちは幸せですよ、そこら中にラブホテルがあって。

ラブホテルって本当に日本らしくて、海外に住んでいる僕からしたらなんかいいんですよね。あの背徳感というか、コソコソした感じが日本のセックス文化の象徴という感じがして。客が恥ずかしがるのを配慮して、受付の店員の顔が見えないようにしている工夫とか外国人からしたら理解できないと思いますよ。

ホテルでもなければ、モーテルでもない、ホステルでもなければ旅館でもない、それがラブホテルなんですよ。あっ、これ以上話すと、ラブホテル論に火が付きそうなので、ここでやめておきます。

>>さよなら歌舞伎町はU-NEXTで視聴できます

コメント

  1. ラリッサ より:

    ただ文句が言いたくてを読んで観た映画。泣けた泣けた、、、韓国人カップルのところ。そんなにみんなキレイには生きられないよね
    、そんな人魅力ないよね。ラブホテルの派手?なのに、こそこそした雰囲気。なんか、いーな笑

    • 映画男 より:

      ラリッサさん

      このブログがきっかけで見てくれたなんて嬉しいです。ラブホテルを舞台にしたセンスのいい人間ドラマでしたね。あの背徳感溢れるラブホの雰囲気がいいんですよね。