ラストレターはそこそこ面白いお花畑映画!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

叶わなかった恋をノスタルジーと共につづったラブストーリー。福山雅治と広瀬すずゴリ押しの映画です。50点

ラストレターのあらすじ

映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

ある日、裕里の姉の美里が自殺した。美里の葬儀に使われた遺影写真には娘、鮎美のそっくりな大学時代の美里の姿があった。

葬儀を終えて家に帰ろうとすると、裕里は鮎美から美里宛てに届いた同窓会の案内を受け取った。

それを手に裕里は同窓会に出席する。最初は姉の死をみんなに伝えるつもりだったが、そんな雰囲気ではなく、姉のふりをせざるを得なくなった。

同窓会で裕里は、かつての憧れの先輩、鏡史郎と再会する。鏡史郎は自分のことを姉の美里だと思って執拗に連絡してきた。

裕里が鏡史郎のことが好きだったのに対し、鏡史郎は美里に惚れていたのだ。裕里は美里を装って再会した鏡史郎に手紙を送った。こうして二人の妙な文通が始まった。

ラストレターのキャスト

  • 松たか子
  • 広瀬すず
  • 庵野秀明
  • 森七菜
  • 小室等
  • 水越けいこ
  • 木内みどり
  • 鈴木慶一
  • 豊川悦司
  • 中山美穂
  • 神木隆之介
  • 福山雅治

ラストレターの感想と評価

リップヴァンウィンクルの花嫁」、「花とアリス」、「リリイ・シュシュのすべて」、「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」などでお馴染みの岩井俊二監督による文通物語。「ラブレター」が好きな人にはいいかもしれません。

お馴染みのメルヘンの世界を現代の設定にはめ込み、学生時代の恋をひきずる男女を美しく描いた、女性向けのストーリーです。

物語は同窓会をきっかけに高校時代仲が良かったおっさんおばさんがひょんなことから文通をはじめるところから本題に入っていきます。

おっさんはもともとおばさんのお姉ちゃんのことが好きだったんですが、そのお姉ちゃんはすでに亡くなっていました。それを言わずにおばさんはお姉ちゃんのふりをしておっさんと手紙のやり取りをしてしまいます。

実はおばさんもおっさんことを高校時代に好きだった過去があり、文通するのはおばさんにとっても都合が良かったのです。

おっさんはおっさんで文通を通じて過去の記憶をより鮮明に思い出すようになり、やがてすでに亡くなっている初恋の相手のルーツをたどるようになる、というのがストーリーの流れです。

ね、だから言ったでしょ。女性向けの映画だって。主人公が福山雅治の時点でターゲットはおば様世代なのかなぁという気もしますね。

これを見て、まさか大人の男が涙しないでしょう。え、まさか泣いた?

同窓会に福山雅治が来たらっていう時点で大分女性的な妄想が入っていますよね。初恋の人を大人になってもピュアに思い続ける的な発想も女性っぽくないですか。

もっというといい大人の話なのに処女的、あるいは童貞的ストーリーに終始し、その点感覚が新海誠と似てなくもないですね。

同窓会で久々に男女が再会して意気投合して不倫関係になる話のほうがまだ現実的ですが、岩井俊二は決してそっち方面にはいかず、あくまでもプラトニックな恋愛にこだわります。連絡手段もLINEやメールじゃダメなんです。手紙じゃないと。だって「ラブレター」命だから。

しかしながら本作に限っては手紙の使い方はだいぶ自然だったし、手紙が現在と過去をつなげていくストーリーテリングはお見事だったといわざるを得ないです。

予想外の展開がいくつかあり、最後はうまいことまとめてあるし、ほかの岩井俊二作品と比べると、ファンタジー度が薄く、辻褄も合わせてあって、しっかり見れる映画になっていました。これでもうちょっと短くて、テンポが良くて、感動を引っ張らなかったら、もっといい作品になってるんですけどね。

突っ込みどころは、いい歳をした中年女性が亡くなったのに、その遺影写真に使われているのが大学時代の写真だという点ですかね。オードリーヘップバーンかよ。

その最大の理由は美里役も娘の鮎美役も広瀬すずが一人二役やっているからです。ある意味、女性側のストーリーは広瀬すず頼りでしたね。

もう一つの突っ込みどころは鏡史郎がずっと忘れられずにいる初恋の相手と実は大学時代に一度付き合っていた、という下りでしょう。

てっきり叶わなかった過去の恋を美化しているのかと思ったら、実際一度一緒になってるっていうね。だったら話が変わってきますよね。

やれたかも委員会」じゃないけど、男って掴み損ねた相手、つまりやり損ねた相手のことは、うじうじ思いだすことはあっても、実際付き合って、別れた女のことはそんなに美化しないように思うんだけどなぁ。どうかなぁ?

だってそんなに好きだったら、なんでお前、別れてんだよって話じゃないですか。別れた女のことをあれだけ何年も思い続けて探索してたら下手したらやばいストーカーだからね。

これ、福山雅治だから成立してるけど、あれがハゲ散らかしたら汚いおっさんだったら娘は家に招待しますかって話じゃん。多分、通報すると思うよ、変なおじさんに高校の校舎で話しかけられましたって。

美里もDV男とは離れられなかったくせに、そんなに自分のことを愛していた男とは学生時代にちょっと付き合って終わりなのかよ。それなのにずっとお互いのことを思い続けていた的な設定はどうなんだろう。

あの二人はむしろ一度も結ばれなかったぐらいがちょうどよかったのにねえ。いずれにしてもお花畑ストーリーだけどね。

コメント

  1. きのこ食べすぎ より:

    ある意味、岩井俊二作品=「女性向けポルノ」だと思います。

  2. 映画好きです より:

    原作が好きで、二度も読みました‼️
    読んでから、映画を見ました。
    監督自ら書き下ろした原作を映像化したのですよね。
    原作が良かったので、無理矢理、映画の尺に合わせようとして、少々、無理が合った感じです(笑)
    映画同様に、原作も、視点が次々に変わります。変わりますが、あくまでも、主人公乙坂の一人称で、物語は進みます。一冊しか本を出してないのに、小説家を自称するダメ人間です。
    トヨエツに、次は一人称なんかで書くなよ、と気合いを入れられながらも、一人称で進む妙な小説です(笑)
    映画で良かったのは、汚ならしいトヨエツ、汚ならしいミポリンですかね。気持ちいいくらいに、ラブレターに出てくれたお二人を、汚しまくっているところが、最高でした。(笑)