2019年アカデミー賞に万引き家族がノミネート?各部門候補を紹介

この記事は 約3 分で読めます。

先日、米アカデミー賞が2019年第91回アカデミー賞外国語映画賞の候補作品の中からプレ・ノミネート作品ともいえるショートリストを発表。9作品が選ばれ、日本の万引き家族も生き残っています。

2019年アカデミー賞外国語映画賞

毎年米アカデミー賞が、世界中の作品の中から最も優れた外国語映画を選ぶ部門がこの外国語映画賞です。今回は87か国がエントリーし、そのうち現在のところ次の作品に絞られました。

ここからさらに2019年1月22日にノミネート作品が5本発表されます。なのでまだノミネートが決定したわけじゃないです。

ちなみに僕は、すでに次の作品を視聴しました。興味があればぜひ感想をチェックしておいてください。できれば「万引き家族」に受賞してもらいたいですね。

2019年アカデミー賞短編アニメのショートリスト

YouTube

短編アニメのショートリストも決定。次のような作品が選ばれています。僕がいちおししている「Bao」も選ばれています。

  • Age of Sail
  • Animal Behaviour
  • Bao
  • Bilby
  • Bird Karma
  • Late Afternoon
  • Lost & Found
  • One Small Step
  • Pepe le Morse
  • Weekends

なお、Baoは「ピクサーショートフィルムVol.3」に収録されています。

2019年アカデミー賞ドキュメンタリー

Shirkers | Official Trailer [HD] | Netflix

ドキュメンタリー映画のショートリストは次のようになりました。

  • Charm City
  • Communion
  • Crime + Punishment
  • Dark Money
  • The Distant Barking of Dogs
  • Free Solo
  • Hale County This Morning, This Evening
  • Minding the Gap
  • Of Fathers and Sons
  • On Her Shoulders
  • RBG
  • Shirkers
  • The Silence of Others
  • Three Identical Strangers
  • Won’t You Be My Neighbor?

この中ではシンガポールのドキュメンタリー「Shirkers」がネットフリックスで視聴できます。もし日本から視聴できない場合は、VPNサーバーを使ってみてください。

Netflixで視聴する

【おすすめVPN】海外、日本、中国等で使うべき無料有料サービス
海外在住で日本のコンテンツが見たい。または日本から海外のコンテンツが見たい、という人のためにおすすめのVPNサービスを無料、有料のものから紹介します。

コメント