動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

韓国映画バーニングは春樹(納屋を焼く)ファンが喜ぶ!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

村上春樹の小説を韓国サスペンススリラー風にしたら意外とはまっちゃいました、っていう映画。ドラマ映像とBGMと俳優たちの演技が良く、謎を残して終わるハルキスト向けの作品です。55点(100点満点)

韓国映画バーニング劇場版のあらすじ

Burning trailer official (English) from Cannes

小説家志望のジョンスはある日街で同胞の幼馴染の女の子ヘミと再会する。彼女のことをほとんど覚えていなかったジョンスだったが、誘われるまま彼女と夕食を食べに行くことに。

そこでジョンスはヘミがアフリカに行こうとしていることを聞かされる。また、ヘミがアフリカに行っている間、猫の面倒を見てくれるように頼まれ、しぶしぶ引き受けることに。ヘミのアパートに行くと、二人はそのまま肉体関係を結ぶ。

ヘミが留守の間、ジョンスは猫の世話をしに何度も彼女のアパートを訪れた。しかし猫はシャイでなかなか姿を現そうとしなかった。

そんなある日、アフリカからヘミが電話をしてきた。空港まで迎えに来てというので行くと、ヘミは知らない韓国人の男と一緒に到着口から出てきた。男の名はベンといった。

ヘミはベンとナイロビで知り合ったといい、三人はその晩夕食を共にすることに。それをきっかけにジョンス、ヘミ、ベンの三人は奇妙な三角関係に陥っていく。

関連記事韓国映画バーニングのあらすじを結末まで徹底紹介

韓国映画バーニング劇場版の感想

「ペパーミント・キャンディー」で知られるイ・チャンドン監督による、村上春樹の短編小説「納屋を焼く」の映画化。海外でやたらと高い評価を受けた作品です。

どんな話かは村上春樹の小説を読んだことがある人ならまあ想像がつくと思います。そうです。不思議ちゃんの美女が至って平凡な青年に簡単にやらせちゃう物語です。

やらせちゃうけど、恋人にはならないわよ。それより美味しい食事を食べながらジャズを聴きましょうよ。お金や仕事のことなんて気にせずに青春を謳歌しましょうよ。さあさあ文学の話をしましょうよっていうファンタジーな世界の中で三角関係に苦しんでいく主人公をスリラーのテイストで描いていきます。

結論からいうと、確かに村上春樹チックだったし、文学的であると同時に芸術性も兼ねた、ちょっといい雰囲気かもしちゃってる映画でした。

ウィリアム・フォークナーやグレート・ギャツビーの引用が出てきたり、韓国ならではの背景と三角関係エピソードなんかを加えてているので村上春樹ファンは好きですよ、きっと。

一方で娯楽性はあるか、と言われたらあまりないですね。見どころなんてセックスシーンとラストぐらいじゃないですか。

長い間(ま)の連続と無駄なシーンの数々のせいで2時間28分という長尺になっていて、暗いシーンが多いので途中で眠くなります。ジャンスの父親のパートはばっさりカットでよかったのに。

外国人が日本の小説を、日本人が海外の小説なんかを映画化すると大抵外しますね。しかし村上春樹に関しては案外外国映画にするほうが合ってるんじゃないのかなあ、と思えちゃいました。「ノルウェイの森」と比べたら断然こっちのほうがクオリティー高いです。

というのも日本語であの寒いセリフを映画の中でやられると凍え死ぬからです。リアリティーがちっともないからです。

でも外国語だったら直接セリフが耳に入ってこない分、不思議と和らぐんですね。劇中、寒いセリフがあったとすれば、ヒロインのアフリカダンスの下りとかぐらいかな。

ヒロインは夕日を見ながら突然上半身裸になっておっぱいを出して踊りだしたりする終始浮いたキャラだったけど、異文化という背景があるから「へえ、そういう子なんだぁ」で許せてしまう不思議な心理に陥りました。韓国人や韓国語が分かる人が見たらまた受け取り方も違うんだろうけど。

ヒロインを演じた女優チョン・ジョンソはなかなかの美人で色気もあって、天真爛漫な不思議ちゃんの雰囲気をうまく出していたと思います。

一方、主人公の青年ジェンスを演じたユ・アインもいい味出してたし、若くて金持ちのベン役のスティーブン・ユァンも悪くなかったです。韓国の俳優は平均レベルが高いですよね。

見どころはセックスシーンとラストだとはすでに言いましたが、チョン・ジョンソ演じるヘミの自由奔放で、自分から手を出すのがよかったです。それもちゃんと自宅にコンドームを用意しているのがさすがですね。家にいつでもコンドームのストックがある女ってカッコいいなぁ。

あの時点で男女関係のパワーバランスがはっきりしましたよね。どう考えても男が手玉に取られてたもん。

さて、クライマックスのラストはあれなんなんでしょうね。原作も読みましたが、原作より一歩踏み込んだ大胆な終わり方になっていて韓国スリラーっぽく仕上げていました。

誰もはっきりとしたことは言わないし、謎を残しつつ、いろんな解釈ができるような終わり方をしていて、ハルキストたちがぐいぐい出てきて語り出しちゃいそうな予感がします。どうせこのシーンはメタファーで、あのシーンは現代社会を表してるんだ!とか言うんでしょ? 本当はメタファーって言いたいだけだろ?

僕からすると確証もないのに勝手に想像を膨らませて狂った行動に出た哀れな男にしか見えなかったですけどね。言いたいことは分からないでもないけど、あの終わり方にするには手がかりや証拠や伏線が少なかったかぁ。もっとはっきりしたものがないと。猫とか出されてもね。

ジェンスはあんなにヘミに惚れていたんだったら絶対帰国日の夜ベンにヘミを車で送らせたらダメじゃん。あれが運命の別れ道でしょ。

自分はボロボロのトラックで相手は高級スポーツカー。自分は田舎者で、相手は洗練されたイケメン金持ち。どう見ても分が悪いシチュエーションじゃん。

あんな状況ですんなり好きな女をほかの男に預けたりして「愛してる」はないよなぁ。僕が女でもベンに抱かれるって。

どうでもいいけど、最後ジョンス裸になる必要あった? ないよね? バーニングだからってなんでもかんでも燃やせばいいってもんじゃないよ。どう考えても証拠残るだろ。まさかあれすらもメタファーですか?

ハルキストの意見お待ちしております。

>>【ネタバレ】韓国映画バーニングのラストシーンの結末の意味と解説

コメント