セブン(原題SEVEN/SE7EN)

推理小説風の刑事ドラマで、ラストのオチ重視の作品。話題を呼んだし、ギャーギャー言われていますが、大した映画じゃないです。40点(100点満点)

映画セブンのあらすじ

雨の降り続く、とある大都会。退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、血気盛んな新人刑事ミルズは、ある死体発見現場に急行した。死体は信じられないほど肥満の男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。

死因は食物の大量摂取とその状態で腹部を殴打されたことによる内臓破裂。状況から、何者かによって手足を拘束され、銃で脅されながら食事を強制されていたことが判明し、殺人事件と断定される。サマセットは死体の胃の中から発見されたプラスチックの破片から、現場の冷蔵庫の裏に、犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と、事件の始まりを示唆するメモを発見する。

wikipediaより

読者のバババさんのリクエストです。ありがとうございます。

映画セブンの感想

ゴーン・ガール」、「ファイト・クラブ」、「ドラゴン・タトゥーの女」、「ソーシャル・ネットワーク」、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、「ゲーム」などで知られるデヴィッド・フィンチャー監督のサイコスリラー。

連続殺人犯による練りに練った犯行と、それを阻止しようとあらゆる知恵と手段を使って犯人に迫る刑事コンビの対決ドラマ。

キリスト教の「七つの大罪」を基にしたプロットとグロくてダークな演出。そして衝撃のラストが話題を呼んだ大人気作品ですね。

僕はこれを子供のときに見たんですが、正直何が面白いのかさっぱり分かりませんでした。それを友達に話すと、いかに「七つの大罪」と組み合わせたフィナーレが見事だったかを永延と友達が語っていた記憶があります。

95年公開の映画なのであれから23年が経った今、再び見直しましたが、子供の頃の僕の直感はやっぱり間違っていなかったんだなというのを確信しました。

長いし、思わせぶりなだけで退屈だし、一つ一つの事件が凝り過ぎていて、とても実現可能じゃないんですよね。単独犯であんなことできるわけないじゃんってことばっかりだし、冷静に見ると結構アホな映画だなあって。

太った男に食事を強制して内臓破裂で殺すとか、2日かけて贅肉を切り落として殺すとか、一年間ベッドに縛り付けてその様子を写真で記録しつつ衰弱させて殺すとか、いちいちものすごい手間暇かけますよね。それも一連事件は全て短期間で起きているとかありえないでしょ。

ラストのオチのサプライズぐらいしか印象に残らないし、当時のブラッド・ピット人気の加熱ぶりも大ヒットと関係がありそうです。

犯人がケビン・スペンシーだったことすら忘れていましたよ。それぐらい大して記憶に残らない映画なんですよね。

一番、腑に落ちなかったのはラストの刑事ミルズの奥さんへの犯行です。

刑事ミルズは事件前日の夜中に家に着きます。そのとき奥さんはすでにベッドで寝ていました。彼が奥さんを見たのがそれが最後です。

翌朝になってミルズが警察署に着くと、奥さんから電話が入ったと伝言を受付でもらいます。つまり朝の段階までは奥さんは生きていたってことです。ちょうどそこに犯人が血だらけで警察署に現れ、身柄を拘束されます。

ということはその時点ですでに奥さんは死んでいないとおかしいんですが、犯人はミルズが出勤するのを見計らって早朝に奥さんを殺して、死体を処理して、首を切断して、梱包して運送会社に発送を手配してからそのまま警察署に行ったの? どんだけ仕事速いんだよ。アマゾンのお急ぎ便か、お前は。

それも逮捕されたとき犯人には3人分の血痕がついてたんだって。血だらけのまんまで被害者たちの家を行ったり来たりしてたってこと?

そこまで来ると、なんだかサイコパスどころかスーパーパワーを持ったおっさんの話ですよね。それも犯人は脚に障害のある華奢な男という設定なのに犯行の手口がいちいち肉体労働なんですよ。

最後に、もともこもないこといいますよ。なんで「七つの大罪」に絡めて殺人しないといけないの?あ、言っちゃった。

だって犯行の動機が大罪にあるのなら数人殺したぐらいでは満足できないはずだよね。そもそも暴食がアウトなら、アメリカなんてそこら中にデブがいるんだから、全員殺したくなるとかじゃないとおかしいじゃん。なんなの一人殺したらOKみたいなノリ?

それで「七つの大罪クリアしたぜ」みたいにドヤられてもね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
40点台の映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント