デヴィッド・フィンチャー監督のおすすめ映画作品ランキング!

この記事は 約6 分で読めます。

「セブン」、「ゲーム」などで知られる映画監督デヴィッド・フィンチャー。そんな彼が今まで撮った作品をランキングにして紹介します。1位はもちろんあの作品です。

10、ベンジャミン・バトンの数奇な人生

歳を重ねるごとにどんどん若返っていく男の物語。設定がめちゃくちゃだし、ストーリーに辻褄もなければ、面白いエピソードは一つもない、ほぼスタートラインにも立っていない駄作です。

ブラッド・ピットの格好良さと、メイクアップとCG技術を自慢しただけで、だからどうした、という感想しか残りませんでした。

ベンジャミン・バトンの数奇な人生の見所はメイクだけ!感想とネタバレ
メイクアップとCGだけが売りのお爺ちゃんが若返っていく物語。ブラッドピットが特別好きな人しれない代物です。9点(100点満点)

9、エイリアン3

エイリアン」シリーズの第三作目にして、デヴィッド・フィンチャー監督の長編デビュー作品。

シガニー・ウィーバーが丸坊主にした以外、何の話題性も見どころもない映画で、アクション要素もホラー要素も低めです。

女性の坊主姿に萌えて仕方がないという男が見たらいい代物です。そんな男がどれだけいるのかは知らないけど。

U-NEXTで視聴する

8、ゲーム

金持ちが刺激を求めて参加したゲームが度を越した、ただの罰ゲームだった、というくだらない話。

二転三転する展開が面倒臭く、ラストのオチだけ見ればいい映画です。お願いだからこれをサスペンスとは言わないでもらいたいです。

映画ゲームはオチに頼りすぎ!ネタバレと感想
最後のオチだけが分かればいい、面倒くさいサスペンス。視聴者を騙そう、騙そうとしていて外した映画です。14点(100点満点)
ゲーム [DVD]
マイケル・ダグラス
¥ 9,800(1970/01/01 00:00時点)

7、ソーシャル・ネットワーク

フェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグの学生時代やサイト立ち上げてから成功し、訴訟問題になるまでをつづった伝記映画。

マーク・ザッカーバーグがどれだけ頭が良いかが分かる一方で、マーク・ザッカーバーグ役を演じたジェシー・アイゼンバーグのしゃべり方がうざすぎて、彼が全て台無しにした作品です。

ソーシャル・ネットワークは主人公がうざい!ネタバレと感想
フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグの学生時代からフェイスブック創業後までを描いた人間ドラマ。娯楽性やドラマチックさに欠ける作品です。34点(100点満点)

6、セブン

デヴィッド・フィンチャーの名前を世に知らしめた平凡なサイコスリラー。これもまたラストのオチ重視で、冷静に見るとプロットが穴だらけなのが分かります。

キリスト教の「七つの大罪」をテーマにしていて、物語の中に聖書の引用があると「この話、深いわー」とか簡単に言ってしまう視聴者層だけが楽しめる映画です。

映画セブンはサイコパスがドヤる話!感想とネタバレ
推理小説風の刑事ドラマで、ラストのオチ重視の作品。話題を呼んだし、ギャーギャー言われていますが、大した映画じゃないです。40点(100点満点)
セブン (字幕版)
ブラッド・ピット
¥ 199(1970/01/01 00:00時点)

5、ドラゴン・タトゥーの女

スウェーデン映画のリメイクでジャーナリストとハッカーが事件を解決するミステリーサスペンス。

ストーリーはかなりバカっぽく、内容は薄いですが、テンポの良さとアクションとセックスによってなんとか見れるかな、というぐらいの映画です。

ただし、ヒロインのリスベットがいきなりパンティーを脱ぐ出すシーンしか記憶に残りませんでした。

ドラゴン・タトゥーの女は辻褄が合わない!感想とネタバレ
そこそこ見れて、そこそこ面白いけど、よおーく考えると辻褄が全然合ってないサスペンス劇。41点(100点満点)

4、ファイト・クラブ

これまたブラッド・ピットの格好良さで成り立っている映画。脈略のない会話とシュールなストーリーによるナンセンス劇で、スタイリッシュな雰囲気をなんとなく楽しむ作品です。相変わらずオチがしょぼいのがマイナスですね。

ファイトクラブは前半楽しく後半残念!ネタバレと感想
前半面白いのにどんどん自滅していくナンセンス映画。雰囲気を楽しむ作品で、特に中身があるわけではないです。44点(100点満点)

U-NEXTで視聴する

3、ゴーン・ガール

行方不明になった妻とその夫による、へなちょこサスペンス劇。悪い女が夫をはめようとする復讐ドラマで、前半はいいのに後半から失速していく惜しい映画です。

一度見てもおそらく数か月後にはストーリーを完全に忘れるでしょう。何も残らないですが、エンタメとしてはまあいいかな、という程度のものです。

ゴーン・ガールは辻褄が合わない!感想とネタバレ
妻が行方不明になったことをきっかけにメディアや世間から殺害容疑をかけられた夫が自ら事件の真相を解明していくサスペンス劇で、そこそこ面白いのに中盤から終盤にかけて辻褄を失って崩壊していくボロボロ映画。50点(100点満点)

U-NEXTで視聴する

2、パニック・ルーム

家に強盗が侵入してきては非難用のシェルターに閉じ込められる母娘の物語。ジョディ・フォスターが好演しているのとクリステン・スチュワートが子役で存在感を発揮した作品です。

密室で起こる単純明解なサスペンス劇で、少人数の出演者だけで一本の映画に仕上げたアイデア勝ちしている映画です。これは見ておいても損はないです。

【フル動画】パニック・ルームは出演キャストが豪華!感想とネタバレ
何気に豪華キャストが多数出演している単純明快なシチュエーションもの。2002年公開の映画ですが、今でもまあ見れます。52点(100点満点) パニック・ルームのフル動画はU-NEXTの無料体験で視聴できます。 パニック・ルームのあ...

U-NEXTで視聴する

1、ゾディアック

アメリカで実際に起こった未解決のゾディアック連続殺人事件を題材にしたサイコスリラー。

愉快犯にして、凶悪なシリアルキラーを追った実録ドラマで、怖くて、不可解で、気味の悪い話です。

恐怖とゾクゾク感を味わえ、ラストの終わり方もいいし、この犯人は一体どこで何をしてるのだろうかと考えると、ますます怖くなってくる話です。正直ほかの作品はどうでもいいけど、これだけは見ておいてください。

【フル動画】ゾディアックは気持ち悪くて面白すぎ!感想とネタバレ
嘘でしょ?っていう信じられないエピソード満載のシリアルキラーを追う事件もの。全米を恐怖に陥れた実際にあった話です。77点(100点満点) ゾディアックのフル動画はU-NEXTの無料体験で視聴できます。 映画ゾディアックのあらすじ...

U-NEXTで視聴する

まとめ

結論をいうと、それほどデヴィッド・フィンチャーの作品はおすすめできないっていうことです。

ランキングにしてみると、デヴィッド・フィンチャーの作品があんまり好きじゃないんだなっていうことに気づきました。基本的に辻褄崩壊映画ばかりだし、突っ込みどころが多いのが彼の作品の特徴です。

しかしそんな中でも「ゾディアック」だけは、いい作品であることは否定できないです。

あと、デヴィッド・フィンチャーに関してはいえば巷に「セブン」、「セブン」うるさい奴が多いのが厄介ですね。それと「ゲーム」、「ゲーム」うるさい奴もいますよね。

なぜか奴らはタイトルを二回ずつ言うんですよ。嘘だと思うなら、「デヴィッド・フィンチャー監督の映画で一番好きな映画は何?」って聞いてみてください。

「うーん、セブン、セブンだろうなあ」とか言うから。

コメント

  1. ん~ より:

    ん~せぶん せぶん~♪
    ん~ん~

  2. スプーンねえさん より:

    昔通ってた映画学校でいけ好かない講師が「セブン、セブン」言ってたのを思い出しました。デヴィッドフィンチャーの映画は暴力シーンが好きで新作がやればなんとなく観ちゃいますけど、確かにオチさえ分かればもう二度と観ないですよね。
    でもゾディアックはまた観たくなりました。話を聞きに行ったオッチャンと密室で二人きりになって、もしやこいつが!?みたいなシーンは今も怖すぎて覚えてます。