君の名は。

kiminonawa

ご存知、新海誠監督による社会現象を巻き起こした恋愛アニメーションドラマ。男子と女子、都会人と田舎の人の体が入れ替わる、時空を超えた物語と演出が素直に良かったと思えました。66点(100点満点)

あらすじ

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

シネマトゥディより


ジゼルさん、tkoさん、ぼんやりさん、チカラさん、BJTKさんからのリクエスト作品です。これほど多くの方から同じ作品のリクエストを受けるのは初めてです。ありがとうございました。

文句

ほしのこえ」、「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」とはレベルが違う完成度の高いアニメ映画。ストーリーも脚本も演出も一定のレベルを保っていて、過去の新海監督のひどい作品群が嘘のような出来の良さでした。

つまらない映画だったらボロ糞言ってやろうかと意気込んで見たんですが、いい意味で期待を裏切られ、十分楽しめましたね。誰の作品であろうと面白いものは面白いんです。新海監督に対しては素直に成功を祝福したいです。おめでとうございます。

この映画の最大の勝因はやはり脚本の成長にあると思いました。絵はそれまでの作品でも普通に綺麗だったので特に変化は感じられません。それに対してセリフは他の作品と比べても、ナルシシズムとオタク度とポエム度ががかなり取れていて、大分大衆向けになりましたね。聞き捨てならないほど寒いセリフはほとんどありませんでした。

男女の体が入れ替わる、というのは実はかなりありきたりなプロットです。世界各国の映画やドラマで、同じパターンが使われていて、女の体になった男が自分のおっぱいを触って驚いたり、男の体になった女が女言葉を使って笑いを取るといった下りは、何度も見たことがあるはずです。

それでもなぜこの映画はそんな使い古しのプロットでもオリジナリティーを出せたんでしょうか。一つは男女の体が入れ替わるだけでなく、大都会の東京と、岐阜の田舎町といったコントラストが加えられていたからというのもあるでしょう。

また、片方は彗星災害の後、もう片方は災害前といった時間軸にまでに違いがあったのも予想できなかった展開で、意表を突かれました。

また、口噛み酒や組み紐といった日本の伝統文化を感じさせるスパイスを織り交ぜているのでいいですね。外国人も喜びそうです。実際海外でもかなり評価が良かったようですね。

>>「君の名は。」の海外の評価と感想

中盤に時間軸の違いが明らかにされてから、一気にクライマックスまでスピーディーな展開になっていく演出が上手く、挿入歌の使い方も効果的でした。

一つ感じたのは、製作側がラストをどういうオチにしようか迷っているかのような印象を残しましたね。終盤は引っ張りすぎた感がありました。

御神体がある山で二人がやっと出会えて、そして短い時間を惜しみながら別れる。あれで終わっておけば十分にロマンチックなラストだったと思うんですが、なんであの二人が社会人になるまで引っ張るのかは、よく分かりませんでした。

隕石衝突で三葉をはじめ、村の人々は果たして死んだのかどうかという部分も謎として残しておけば、色々なファンセオリーが生まれて、議論を呼んだことでしょう。余韻や謎を残すという選択肢もあったのに、分かりやすいハッピーエンドにしたのは、やはりそっちのほうが大衆受けするんでしょうね。

相変わらず劇中にスポンサーブランドのロゴなんかを挿入していて、多少の商売っ気は出ているんですが、他の作品ほどはひどくなかったです。キャスティング、選曲、東宝による監修・配給など、ビジネス面においてもバランスが取れていて、冴えていましたね。なによりこれだけ興行成績を挙げたら、様々な相乗効果があって、経済面では誰も文句は言えないでしょう。

特にこの映画によって岐阜県を訪れる人が増えるなら、それはそれで素晴らしいことです。僕は聖地巡礼をわざわざしようとは思いませんが、映画がきっかけで田舎の経済が活性化されるなら、多少の騒音や迷惑行為は目をつぶって、地方自治体は素直に感謝するべきです。

これからは県や市が積極的に映画に支援して、自分たちの土地や伝統と絡めたストーリーをプロモーションしていくべきなんです。映画がたまたまヒットしたから村の観光が潤った、というのじゃダメなんですよ。観光業を活性化させるために映画を作るべきなんです。

この映画でウハウハになった岐阜県飛騨市は、新海監督にお金を払うか、せめて村一番の女でもあてがわないとダメですよ。村一番といっても60歳オーバーってことも十分に考えられますが。

>>「君の名は。」はU-NEXTで視聴できます

ついにDVD&ブルーレイの発売がスタートしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう