動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

秒速5センチメートルは歴史的失敗作!ネタバレと感想

この記事は 約4 分で読めます。

byosoku2

わずか1時間の上映時間が長く感じる歴史に残る失敗作。キザで、憂鬱で、感動狙いのサブサブアニメで、外国人が日本の学校生活を空想して作ったような物語。2点(100点満点)

秒速5センチメートルのあらすじ

小学校の卒業と同時に離ればなれになった、遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし、無情にも時だけが過ぎてゆく……。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った……。

シネマトゥディより

読者のAiuさんのリクエストです。ありがとうございます。

秒速5センチメートルの感想

言の葉の庭」、「ほしのこえ」、「君の名は。」の新海誠監督の恋愛アニメです。いやあ、ひどいですね。突っ込みどころ満載というより、突っ込みどころしかないような代物です。上映時間はわずか1時間程度なのに中身が空っぽだからその1時間が死ぬほど長く感じます。

この映画をまともに見られるのは少女マンガ好きの中学生女子ぐらいでしょう。男子でこんな映画で感動していたら将来が心配になってきます。

学生時代、少女マンガしか読んでいなかったような人が、空想で恋愛物語を書くと、こんな話になるんでしょうか。オタクが作ったオタクのための映画。「言の葉の庭」もそうでしたが、新海誠監督の脚本やストーリーって基本恋に憧れている人の話で、現実感がまるっきりないんですよ。もしかすると、学生時代に監督がやりたかったことを、映画に反映させているのかもしれませんね。

物語は3つのショートストーリーに分かれたオムニバス形式になっていて、第一話が中学生の遠距離恋愛、第二話が高校生の片思い、第三話が社会人がメソメソする話です。

ストーリーと呼べるストーリーはほとんどなく、山崎まさよしの「One more time,One more chance」を流せば、誰かしらが泣くだろうといったチープな狙いがミエミエでした。

第一話からSF映画かと思うほど、セリフが意味不明で、舞台こそ日本だけど、宇宙の話かと思うような展開が続きます。

「秒速5センチメートルなんだって」

「なにが?」

「桜の花の落ちるスピード」

これが小学生の男女の会話だそうです。

中学生になった二人は離れ離れになり、文通で恋を育み、ある日男子生徒が女子生徒に会いに東京から栃木まで行くことになります。

ところが当日空はおあいにくの大雪で途中電車が止まったりして、二人はなかなか会えず、やっと会えたときはすっかり時間も遅くなり、泊まらなくてはならなくなります。そんでもって二人が泊まった先が畑の納屋だってさ。

byosoku3

普通に凍え死ぬだろ。なんでタクシーでも呼んで女の子の家に行かないんだろう。大雪のときに息子や娘が家に帰ってこなかったら両親が普通に心配するでしょうよ。

それにしても大雨とか大雪とか天候による障害を作るのが好きですねえ、この監督は。嵐の中、恋人に会いに行くノリですね。あんなベタな演出を使う人ってまだいるんですね。そんな日にデートの約束したら普通にキャンセルしようよって話なんですよ。わざわざ平日の夜に会う理由もないしね。

この映画がすごいのは、これだけぶっ飛んだ第一話がまだ大分ましなほうで、第2話、第3話と進んでいくうちにさらにストーリーが崩れていくところです。

第二話の舞台は鹿児島県種子島にある高校で、まずどんな理由があってそんなところに男の子の家族が引っ越したのかは想像もできないです。そこでは高校生がバイクで登校するのが当たり前で、学校帰りにはニケツしてもいいそうです。

さらに女の子の趣味はサーフィンで、「半年ぶりにサーフボードの上に立てた」とか言ってる人が、こんなでかい波を涼しい顔して乗りこなしてました。もうなにがなんだか。

byosoku4

サーファー女子高生は、片思いの男に告白すらできないくせに急にこんなことを口走ります。

「お願いだから、私に優しくしないで」

してないから。全然、優しいことしてないから。なんで勝手にそんな解釈ができるのか不思議だよ。

第三話は、すでに述べたようにサラリーマンの男が昔の女を思いながら、メソメソした毎日を送る話です。それも昔の女っていうのが第一話に登場した小学校時代から好きだった女の子ですよ。気持ち悪ぃ。

また、そのメソメソ男は前の彼女からこんなことを言われます。

「私たちは1000回ぐらいメールをやり取りしたのに心は1センチぐらいしか近づけませんでした」

この監督、数字が好きですねえ。ちなみにロケットを運ぶ貨物列車の速度は「時速5キロメートル」だそうです。知らんがな。

>>「秒速5センチメートル」はU-NEXTの無料体験で視聴できます

コメント

  1. Bubbly-fun より:

    このブログで秒速5センチと言の葉の庭が立て続けに取り上げられる事自体に、「君の名は」の勢いが感じられて面白い。

  2. Tommy より:

    映画さん、こんにちは。
    うひゃー!続いてますね、新海ブームw
    私はもう「君の名は」と映画さんの評価でお腹いっぱいです。
    音楽で盛り上げようとする所も全く同じですね。
    そうそう、ベタ満載なんですよねー。
    ストーリーがベタを盛り込みまくりなんですよ。
    どこかで見たような展開をうまく合成。
    そこに、泣かせるぜー!的な音楽ぶっ込み!!
    そして興行収入100億突破!
    村上隆的なビジネスの上手さを感じます。

    • 映画男 より:

      Tommyさん

      「君の名は」見てないので、なんとも言えませんが、ビジネス的にあれだけ成功するのはすごいです。

  3. ゆきこ より:

    あーーー笑った笑った。
    痛快でした。
    面白い記事をありがとう。
    監督が恋愛に憧れる視点しか持っていないというのはその通りと思います。
    生身の、対等に思いやる関係を、ときめかないとして嫌悪すらしてそうだなぁ。

  4. K より:

    実に非論理的で偏見の強い“文句”ですね。

    文句、もとい批判はじゃんじゃん発信して然るべきですが、それは最低限その作品を理解し、最低限の論理性を保持していることが前提として掲げられ、それが達成されて初めて許される行為であることをまずは理解してください。
    確かに、多少筋の通った批判も見受けられますが、作品を嫌悪するあまり、偏見に目を曇らせて完全に非論理的な解釈へと走ってしまっています。
    作品の「突っ込みどころ」の性質は大きくいくつかに分類することができますが、映画評論のブログを発信しておられるのにそれすらも全く理解していないような主張が目立ちますね。
    あと、作品を評価するにあたって、主観と客観をもう少し明確に分けたほうがよいかと。

    偏見でものを見る傾向が強いあなたに一応言っておきたいのですが、私は決して新海監督の支持者というわけではありませんし、『秒速五センチメートル』に関してもあなたの意見と重なる部分は多少あります。

    批判は次への糧であるので、評論では賛美するよりむしろ批判の方が価値があるとも思っているくらいなのですが、しかし、作品が“不当に”批判されることはあってはならない。

    今回、あなたの批判の不当な部分については、あえて提示しないでおきます。
    私から提示したところで意味はなく、あなたが自発的に自己を省みる必要があるからです。
    今一度、偏見のない、確固たる論理性を伴った目で振り返ってみてください。

  5. ビバリーヒルズ より:

    やばい作品だったね。こんな内容をいい年したおっさんが作ったとか考えると気持ち悪い。監督に公開マスターベーション恥ずかしくないですか?と問いたい。これを見たからこの監督の作品は毎回、もうあらすじわかればいいや、で、あらすじ見てやっぱりね、って感じです。

  6. 通りすがりの一般人 より:

    本当にこの映画見たんですか?
    偏見し過ぎでは?
    まずこの物語のラストの解釈すら間違ってますよ。
    この映画を評論するなら、もっと作品を理解してからにしましょうね。

  7. カブ好き より:

    >>そこでは高校生がバイクで登校するのが当たり前で、学校帰りにはニケツしてもいいそうです。

    ニケツは知りませんが種子島高校の通学用原付バイクはスーパーカブが使われているのは事実ですよ
    以下ソース
    http://www.honda.co.jp/safety/hearts/topics/2017/0629/

  8. 嫌い より:

    この作者のアニメは観ててイライラしかしない!画風はパクリ、ストーリーは暗い!ハッピーエンドの作品は1つも無し。
    最後にイラッとした作品はこの作者ぐらいだな
    君の名はで調子に乗ってる頃だろうが、次の作品は話題になっても観る事は無い