韓国映画「未成年」は薄っぺらい成長の物語!感想とネタバレ

この記事は 約4 分で読めます。

韓国映画にしては思い切りに欠ける、女子高生二人の成長を描いた人間ドラマ。辻褄やリアリティーに欠け、いまいち面白くなかったです。37点

韓国映画未成年のあらすじ

名優キム・ユンソク初監督作『未成年』予告

女子高生のジュリは父が鴨鍋料理店で働く女と不倫していることを知る。不倫の女には同級生の娘ユナがいた。ユナもまた母親が不倫していることを知っていた。

ある日、ジュリは学校でユナに呼び出され、ユナの母親がジュリの父親の子供を妊娠していることを聞かされる。

ユナは不倫のことは内緒にしておきたかったが、その場でユナのお母さんに電話で話してしまう。やがてそれぞれの親の不倫は皆の知るところとなった。

ユナは母親に子供を中絶するように言ったが、母親は聞かなかった。自分の愛する男の子供をたとえ一人でも育てていく気だった。そもそもユナの父親に捨てられ、ユナのことも一人で育ててきたのだ。

そんな中、不倫を知ったジュリの母親が、ユナの母親の鴨鍋料理店を訪れる。そして怒りの末、ユナの母親を突き飛ばしてしまう。ジュリの母親がユナの母親を病院に連れていくと、あろうことか早産で赤ん坊が生まれてしまった。これによってユナとジュリはお互いの血を引いた弟を持つことになり、より複雑な心境に陥っていく。

韓国映画未成年のキャスト

  • ヨム・ジュンア
  • キム・ソジン
  • キム・ヘジュン
  • パク・セジン
  • キム・ユンソク

韓国映画未成年の感想と評価

チェイサー」、「海にかかる霧」、「暗数殺人」、「哀しき獣」などの俳優として知られるキム・ユンソクの初監督作品。感受性豊かな女子高校生二人が、お互いの親の不倫を通じて、喧嘩したり、友情を深めたりする人間ドラマ。本当かどうか知らないが、韓国ではスマッシュヒットしたらしいです。

公式サイトの文章が笑えますね。

「同名の舞台を原作とした切なくも優しい少女たちの物語。彼女たちの成長を大胆かつ繊細に描き興行収入ランキング2位となるスマッシュヒットを記録」

2位なのにスマッシュヒットなんだって。スマッシュヒットってなんだよって話ですね。結論からいうと、つまらなかったです。

未成年の女子高生の成長と友情の物語風にしたかったんでしょうが、特に面白いエピソードもなく、すーっと終わっていく話でした。

話の流れは、同級生のヒロイン二人が親が不倫の末、子供ができたことを知る>お互いの親を責めて喧嘩する>そうこうしているうちに早産で子供が生まれる>それぞれの親は無責任な態度を取り続ける>ヒロイン二人が母性愛を発揮する>子供が亡くなる>ヒロイン二人の絆が強くなる、といった感じです。

つまるところポンコツの親に翻弄され、傷ついた女子高生二人に弟が生まれたことで責任感や自立心が芽生えていき、やがてお互いに悲劇を克服したことで、自由になれた気がした的な話です。

正直、見所やポイントが分かりませんでした。視点もばらばらだし、誰目線で見ればいいのかも定めづらいです。無責任な親たちにも、親たちに振り回される女子高生にも共感できないし、終始インパクトに欠けましたね。

感動するポイントがあると、すれば生まれたばかりの赤ん坊が死んでしまう下りでしょう。しかしそれにしても人が亡くなっているのに関わらず親たちがノータッチなんてことがあるわけがなく、なんで死後の処理もろもろを未成年の高校生たちがやってるのか分かりませんでした。

特に親たちの描き方が嘘っぽかったですね。あれだけ私が育てるんだと豪語していたユナの母親が赤ん坊が生まれた瞬間から急に赤ん坊に興味を失くすとか不自然ですよね。一番、あの時期に母性を発揮するべきなのはお母さんなのに、なんで子供たちが一番赤ちゃんのことを考えているのか不思議でした。

ジュリとユナの友情も美しいとは思わなかったなぁ。初対面でいきなりキスするやりすぎな演出はいらないし、あれだけ性格が合わない二人が最後に仲良くなるのも無理がありますね。二人の絡みで唯一よかったのは、髪の毛の引っ張り合いのシーンぐらいです。

一方で愛人をはらませたお父さんは、妻に謝罪し、復縁を求めた末、家に居場所を失い、田舎に遠出して、妻に対しても、愛人に対しても中途半端な距離で接していましたね。家族を取るのか、愛人を取るのかの究極の選択を迫られても、どっちにも決められないなんてなんとも情けない。

ただ、愛人との間に子供を作ってしまった男にもはや正しい選択なんて残されてないというのが現実で、なにをやっても誰かしらを傷つけてしまう運命は避けられないんでしょう。どうせならもっとあの男はひどい目にあったほうが視聴者はすっきりしたんでしょうが、結局、印象に残る結末すらありませんでしたね。

最後は高校生たちが赤ん坊の遺灰を飲んで終わりにしてたけど、勝新太郎かよって思いましたね。それもイチゴミルクとかと一緒に飲んでるし、ドラマチックなことしてるわりには死者にリスペクトが感じないのがさすがですね。薄っぺらいわー。白湯で飲め、白湯で。

コメント