動画配信サービス完全ガイド

VODの歩き方

詳細はこちら

リンカーン(原題 LINCOLN)

この記事は 約4 分で読めます。

lincoln-filme-20130110-29-size-598

リンカーン大統領を英雄に仕立て上げた偽善的政治ドラマ。リンカーンのいい人アピール映画です。17点(100点満点)

映画リンカーンのあらすじ

エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという強い決意があった。

そのためにも、国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)らと共に憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。そんな中、学生だった長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が北軍へと入隊し……

シネマトゥデイより

映画リンカーンの感想

レディ・プレイヤー1」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」、「ブリッジ・オブ・スパイ」、「戦火の馬」などでお馴染みのスティーヴン・スピルバーグ監督によるアカデミー賞ノミネート作品。

リポビタンDを2,3本飲まないととても最後まで目を開けていられない、退屈極まりない映画で、ハリウッドによくある善悪をはっきり分けた子供向けの物語です。

奴隷制度がテーマになっていますが、今まで見た奴隷関係の映画の中で一番つまらない代物でした。

ハリウッドの差別映画にありがちな黒人に優しい、正義感溢れる白人のたちのお話で、リンカーンの一面だけを見せて英雄に仕立て上げています。

奴隷制度といっても制度そのものよりも、奴隷制度廃止を組み込んだアメリカ合衆国憲法修正第13条が成立されるまでの経緯を追っていて、成立されるまでにどれだけリンカーンが頑張ったかということにしか映画では触れていません。

その間に黒人の人達がどういった心境にあったのかなんてことにはノータッチでした。また、それこそ150回くらい「憲法第13条」という言葉が出てきて、あの言葉を繰り返すことに何か作り手のいやらしい意図を感じましたね。

「奴隷を解放したのはリンカーンなんだぞ、この人は優しくて、偉い人なんだぞ」と視聴者を洗脳しようとしているかもしれません。

なにより会話に重点を置いてしまったのがこの映画の最大のミスです。会話に重点を置いていいのは、すばらしい脚本と演技があってこそで、それがないとただのうるさい映画になり下がってしまうのです。

ダニエル・デイ=ルイス扮するリンカーンは、年老いた古畑任三郎みたいなクドい喋りが特徴で、ときに面白エピソードなんかを織り交ぜながら、周囲の人達の注目を集めるカリスマ大統領、といった演出でしたが、さっぱり効果がなかったです。

リンカーンを始め、登場人物が気取ってる人間たちばかりでとにかくうるさいのです。

奴隷解放や 「人民の人民による人民のための政治」などのリンカーンが用いたスピーチばかりが記憶に残り、こうして映画化される一方で、リンカーンがどれだけ戦争を積極的に仕掛けてきたか、またそれによってどれだけの犠牲者が出たか、あるいはリンカーンの指示でどれだけ多くのインディアンが殺されたかは完全にスルーできるのが物語の恐ろしいところです。

この映画だけ見ると、本当にただの優しいジジイじゃねえかよって思います。そしてこういうキャラを作るのはやっぱり世界を代表する偽善者監督スピルバーグなのです。

スピルバーグは昨年も「戦火の馬」という駄作でアカデミー賞にノミネートしましたが、おそらくスピルバーグが映画を撮ったら、内容に関わらず最低ノミネートはさせてあげる、という暗黙のルールがハリウッドにはあるのでしょう。

コメント

  1. 仁太郎 より:

    クラシカルな作りでややわかりにくいな、という印象はありましたけど
    「リンカーンは優しくて偉大」というステレオタイプな印象は受けませんでした。

    まあ、それでもかなりソフトな演出にはしてるなとは思いましたが。
    あんだけ露骨なロビー活動してるBGMがカントリーだかなんだかって、
    そりゃあないだろうとww
    そこは確かに、やるならやるで徹底してくれよと。

    リンカーンの業績に明るくないけど、それなりに知性はある、という
    スピルバーグが狙う客層は大体そういう感想じゃないですかね?
    それくらい、リンカーンの一般的イメージは「聖人君子」だと思います。実際。

    • 映画男 映画男 より:

      仁太郎さん
      コメントありがとうございます。スピルバーグが描く人はみんな善人になってしまいますね。

  2. 谷口A より:

    最近このブログにたどり着き、はまりました。ただの悪口やまっとうな批判から愛情たっぷりの絶賛まで最高です。
    せっかくなのでリクエストさせていただきたいと思います。
    ダニエル・ラドクリフ主演のkill your darlingsと内田けんじ監督のアフタースクールです。
    お時間がある時でいいので文句を書いてほしいなと思います。
    よろしくお願いします