【フル動画】愛しのアイリーンはやりすぎ!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

閉鎖的な田舎に住む男が国際結婚したのを機にドロドロのトラブルに巻き込まれていく様子を描いた、ごちゃごちゃムービー。題材はいいのに、詰め込みすぎたせいでつまらなくなってしまった惜しい作品です。45点(100点満点)

愛しのアイリーンのフル動画を視聴するならU-NEXT

愛しのアイリーンのあらすじ

映画『愛しのアイリーン』予告篇

一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男(安田顕)はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。

それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーン(ナッツ・シトイ)だった。岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造(品川徹)は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。

ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル(木野花)。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!

公式サイトより

愛しのアイリーンのキャスト

  • 安田顕
  • ナッツ・シトイ
  • 木野花
  • 伊勢谷友介
  • 河井青葉
  • ディオンヌ・モンサント
  • 福士誠治
  • 品川徹
  • 田中要次

愛しのアイリーンの感想と評価

さんかく」、「犬猿」、「ヒメアノール」、「机のなかみ 」、「麦子さんと」などの作品で知られる吉田恵輔監督による人間ドラマ。新井英樹の同名漫画の実写化です。

愛しのアイリーン[新装版] 下
新井英樹
¥ 1,598(1970/01/01 00:00時点)

いかにもありそうな話とありえないエピソードがミックスされていて、前半はいいけど、後半になるとどんどん内容が極端になっていき、ヤケクソになる映画です。

物語は、田舎町で実家暮らしの40代の独身男、岩男が勤務先の同僚に振られたことをきっかけにフィリピンのお見合いツアーに参加するところから本題に入っていきます。

岩男の両親は、息子が結婚できないことを心配して地元女性とのお見合いをセッティングしたりとお節介を焼くばかりで、岩男はそれに反発するかのようにある日突然家にフィリピーナを連れて帰ってきてしまいます。

タイミング悪く、岩男が帰ってきた日は父親の葬式の日。外国人女性を見て閉鎖的な母親は逆上し、なんとか嫁のアイリーンを追いだす方法を模索します。

一方のアイリーンは日本に来てからしばらくするとフィリピンパブで知り合ったやくざ者に付きまとわれるようになり、取り返しのつかない事件が起こる、というのがストーリーの流れです。

要約すると、金にものを言わせてフィリピン人女性と結婚したばかりに人生が狂い始める田舎家族の悲劇の物語ですね。

結婚までのエピソードはユーモアたっぷりで笑えるし、その先がどうなるのかワクワクします。それに対し、いざフィリピン人女性と閉鎖的な田舎に住む中年男が結婚したらどうなるのか、という結婚後のエピソードは、いかにも漫画的で、うすぺっらい想像と偏見の域を超えていないですね。

実際、フィリピン人の若い子と結婚する日本人のおっさんたちは少なくないので、こういう映画が作られることは大歓迎なんだけど、もうちょっと深いところまで描けるといいんですけどね。

フィリピン人=ホステス。田舎の両親=閉鎖的。国際結婚=トラブルの元のようなベタなエピソードのプラスアルファがむしろ肝心で、どうしても実体験がないと表面的になるんですよ。

これを見て日本の農村の「嫁不足」や「外国人妻」について考えさせられるかというと、考えさせられないもん。

キャストの演技も「さんかく」、「犬猿」、「ヒメアノール」などと比べると、それほど自然とは言えなかったです。

主役の安田顕は滑舌が悪くて何を言ってるのか聞き取れないことが多かったし、キャラもいまいちはっきりしないのがダメでした。伊勢谷友介の英語セリフの棒読みっぷりたら恥ずかしいレベルだったし。

良かったのは農村から来た底抜けに明るい素朴な女の子の雰囲気が出ていたアイリーン役のナッツ・シトイと、相変わらず濡れ場を演じ続けてくれる河井青葉のエロさ加減、ぐらいですかね。

全体的にやりすぎ感が強く、セックスシーンもやりすぎだし、人も死にすぎだから。結婚できない、という設定の岩男が女に全然不自由してないし、暴力シーンの必要性も感じなかったです。

そして散々人が死んだり、アイリーンがトラブルに巻き込まれたり、岩男の母親に冷たくされたりした末に、ラストは感動で締めくくろうとする無理矢理なエンディングもいまいちでしたね。

愛情深い人なんて一人も出てこなかったのになんで家族愛みたいな感じで終わらすのよ。この映画にむしろ一番いらない要素が感動じゃないですか。ユーモアとセックスとバイオレンスと悲劇と愛と感動って欲張りすぎでしょ。

愛しのアイリーンのフル動画を視聴するならU-NEXT

コメント