【動画】キャプテン・マーベルはつまらないゴミ!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

映画観に行って眠気と必死で戦いたい人だけが見るべき超退屈ヒーローアクション。駄作なんてもんじゃないです。3点(100点満点)

キャプテン・マーベルのあらすじ

「キャプテン・マーベル」日本版本予告

記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。
彼女の過去に隠された “秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。
自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、
彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。

果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?
そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?
禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

公式サイトより

キャプテン・マーベルのキャスト

  • ブリー・ラーソン
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • ベン・メンデルソーン
  • ジャイモン・フンスー
  • リー・ペイス
  • ラシャーナ・リンチ
  • ジェンマ・チャン
  • アルゲニス・ペレス・ソト
  • アネット・ベニング

キャプテン・マーベルの感想と評価

ハーフネルソン」で知られるライアン・フレックとアンナ・ボーデンの共同監督によるB級SFアクション。

ストーリー構成、映像、キャラクターが全部ごちゃごちゃで話がちっとも頭に入ってこないヒーロー映画。キャストもダメダメだし、安っぽくて、つまらないです。

物語は、記憶を失ったヒロインが自分が何者かを追求していく、いわゆるヒーロー版自分探しの旅のようで、宇宙と地球のエピソードが平行して進み、最悪のタイミングで切り替わっていきます。

自分の出自が一体どうなっているのかを知りたくて主人公が正義と悪のはざまで苦しみ、フラッシュバックに惑わされるってもう何度も使われたプロットですよね。今更、記憶遊びのストーリーを誰が見たいよ。

それもヒロインが自分のことを宇宙人か人間かすらも分かってないっていうのが笑えます。もはや記憶の問題どころの話じゃないですよね。

そもそもなんで宇宙人がみんな英語喋ってるんだよ。地球と宇宙で対比しているくせに人々の言語も外見も同じって。クリー人ってただのアメリカ人じゃん。

味方が敵になったり、敵が味方になったり、しょうもない展開は不必要だし、あんなに敵味方のサイドをころころ変えるキャプテン・マーベルが一番のタチの悪い存在じゃないですか。それなのにあいつはなにを正義ぶってんだよ。

出来の悪さは「アクアマン」に匹敵しますね。とにかく登場人物やらCGやらコスチュームやらキャラクターデザインやら、なにもかもがダサいんですよ。耳を長くしたら宇宙人の出来上がり、みたいなノリで描いてるでしょ。スタートレックかよ。

主役のブリー・ラーソンは「ルーム」で素晴らしい演技をしたのに、この映画では間違いなくミスキャストです。

アクションはできないし、走り方は少女みたいだし、強さとか、ヒーローとかっていうイメージとはまるでかけ離れています。

立ち振る舞いが格好良くないんですよ。「ワンダーウーマン」はガル・ガドットが格好いいからまだ絵になるけど、この映画のキャプテン・マーベルはどこからどう見ても普通の女性で、どっちかというとおばちゃん寄りだもんね。

キャプテン・マーベルの動きやキャラ自体にも個性がなく、いわばスーパーマンを女性にして、赤くキラキラ光らせただけですよね。なんでヒーローが空を飛ぶときって片腕を前に伸ばすんですか。あれは決まり事なの?

攻撃は炎みたいなビームを両手の先から出すんだけど、あれが一体なんなのかもよく分からなかったし、なにが彼女のスーパーパワーなのかも伝わりませんでした。なんか知らないけど、強いよねえぐらいの印象しか残らないです。

戦闘能力が未知数すぎて、最初は素手で格闘技の練習をしていたかと思ったら、いつの間にか宇宙の彼方まで自力で飛んだりしだすし、宇宙まで猛スピードで飛べるのに職業は空軍のパイロットっていうのが笑えます。飛行機いらねえじゃん。

挙句の果てには軍人時代の女友達まで宇宙に連れて行っちゃうし、戦闘機が運転できれば宇宙船も簡単に操縦できちゃうわよ、みたいな感覚が腹立ちますね。女の友情の下り、全くいらないよね。

サミュエル・L・ジャクソンは顔にCG加工をして若かりし頃のニック・フューリーという設定になっていました。まあ、髭がなくて肌がツルツルしてる程度のものですが。

ニック・フューリーのキャラも薄いし、あんなに個性や演技力をつぶされているサミュエル・L・ジャクソンは初めて見ましたね。

それでさ、今までニック・フューリーの片目に眼帯がしてあったのは猫に引っかかれたからなんだって。なんじゃそりゃ。

いちいちそんな小さなオチを描くためにこの映画を作ったのかなあって思うほど、一つ一つのエピソードがしょうもなかったです。

結局はこの映画自体が「アベンジャーズ・エンドゲーム」のフリでしかなく、フリだけで2時間の映画にしちゃうってすごい神経してるよね。

だって本当に必要はシーンっていったらキャプテン・マーベルがニック・フューリーにポケベル渡したシーンぐらいじゃん。そう、あの「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストで出てきたポケベルです。

ニック・フューリーは1990年代からずっとあのポケベルを肌身離さず持ってたってことでしょ? 定期的に充電してたんですかね。

マーベルは調子に乗って映画を撮りすぎなんですよ。こんなクオリティーで公開しちゃうとかありえないし、ファンもよくこれに付き合うよな。

全作品同じ監督で撮るとかならまだ分かるんですよ。でも作品ごとに監督まで違うから解釈に開きが出てきて辻褄合わせがもはや見苦しいレベルにまでなってきてるじゃん。

>>キャプテン・マーベルにサノスの次のヴィランが登場!その正体とは?

>>映画キャプテン・マーベルの猫グースにまつわる衝撃の事実6つ

>>【ネタバレ】キャプテン・マーベルのトリビア10個まとめ

>>キャプテン・マーベルのエンドロール後のラストシーンの意味解説

コメント

  1. こういう奴本当にきらい より:

    単純にこんな奴が年間300本映画観て、評論家ぶってるのが腹立つ。

    評論家じゃない、ただの粗探し、才能なし。見苦しいのはお前のブログだ

    こういう奴に限って、わけわかんねぇ映画を、あれは素晴らしい!監督があーだから、脚本がこーだからって、知りもしない知識をばらまくんだよね

    年間300本も観る暇人に一つ一つの映画の良さは分からない

  2. マーベル より:

    子供向けなんだから細かい辻褄とかどうでもよくて、
    ビームやらロケットやらが飛び交っているのを見れればそれで満足

  3. クロケットん より:

    全くもって同感です。
    こんなにもつまらないMARVEL映画は初めて。とにかくストーリーが退屈でつまらない。話が転じても既視感を覚える展開。ハッとするような驚きや、ワクワクするような展開もなく、だらだらと正統派なヒーローものを長い時間見させられ、笑いはせ全て読めるもので、たいして面白くもない。最後にスーパーマンとアイアンマンを足して割ってモヒカンになって、めちゃくちゃ強くなったわりには敵を中途半端に倒して終わり。
    ビジュアルのセンスも無い。お粗末な宇宙人の造形やインパクトも無いコスチューム。雑なCG。女優さんは好感を持ててとても好きだが、残念ながらアクション映えしない。ワンダーウーマンのガル ガドットのような色気や華麗さが無い。
    アベンジャーズ エンドゲームへの繋ぎでしかない、3流の脚本家と監督、編集のB級SF映画。

    • 映画男 映画男 より:

      ほんと、ダメ映画ですよね。完全にワンダーウーマンに軍配が上がりますね。とにかくひどかった。

  4. コールソン大好き より:

    たしかにもっとコールソンやロナンの活躍が見たかった……

  5. 馬鹿よ貴方は より:

    高い評価受けてる物を貶して自分は周りとは違います感を出そうとしてるクソレビューにしか見えない
    本当に映画観た?って感じ
    ストーリー構成、映像、キャラクターがごちゃこちゃに感じるのはあなたの頭の処理能力が遅いのでは?
    違う要素や現在の世界情勢を映すような場面もみられあなたのいう今までの作品とは違った雰囲気も沢山あるでしょうよ
    それにクリー人をただのアメリカ人かよとか言ってますがその発言こそあなたが映画通ぶってるだけの馬鹿でしかない事の表れかと
    ヴァースと警備員との会話の中で翻訳機どうこうの話は出てきています
    映画ちゃんと観てます?
    キャラクターデザインなどにも文句をつけていますが原作を再現してのあのデザインなのであなたの見る目がないという事ですね
    飛行機関係でもなんか言ってますがそれも全部映画観てれば理解出来る事ですよ
    年間300本以上観てても全てがこのような低レベルの理解しか出来ないで観てるんだったら今までのその時間全てが無駄でしかないね
    かわいそうだね
    つまり馬鹿よ貴方は

  6. より:

    マジでそう思うわ
    昨日見てきたけど、まずキャストに華がない
    ヒーロー物でこの部分の欠点は致命的だと思うんだよな

    マーベルで面白かったのはウィンターソルジャーくらいかな

  7. 盲目的ではないMCUファン より:

    駄作の教科書みたいな映画だった。
    他のヒーロー映画や漫画で散々やっている古臭い展開(これは意図的かもしれないが)、クリシェ塗れの演出、典型的な形でしか描けていない抑圧されていた女性の自立。
    どれか一つでも工夫した作りをしているだけで評価が変わったであろうに、完全に怠慢ですよ。MCUというブランドに胡座をかいているとしか思えない何の工夫もない映画です。
    これを楽しめるのは映画に限らず創作物をあまり見ていない人(要するに子供、アメコミ映画ならある意味正しいターゲットか?)か、MCUの熱狂的で盲目的なファンくらいのものでしょう。

  8. アクション より:

    嫌いなら観なければ良いのに、観るってことは、好きだけど大声で言うのも恥ずかしいから批評ぶってるって事ですよね?だって、毎回観てるんだもの・・・炎上商法にしても飽きてきました。

    後、英語の下りはスターウォーズも一緒ですが?

  9. たぴおか より:

    キャプテン・マーベルは自分もあまり面白くないとは思ったがこのレビューは酷いわ

    粋がってる中学生が揚げ足取りしてるようにしか見えん

  10. キキ より:

    全面的にレビューに賛成です
    兎に角冒頭の記憶がゴチャゴチャのシーンがわかりにくい、宇宙人がどう見ても人(というかスターウォーズにいなかったかお前?)、言語が同じなのも萎えますね。
    スケールが大きい話なんだから種族感の違いというものを表現するのに力を入れて欲しかった

    • 映画男 映画男 より:

      エンドゲームまでのつなぎの映画でしたね。種族の違いや細かい設定がなかったのが残念です。