動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

映画バベルは群像劇の傑作!ネタバレと感想

この記事は 約3 分で読めます。


出演者がとにかく豪華で、ストーリーは最高。これが名作じゃなかったらどれが名作なんだと言いたくなる格好よすぎる映画。90点(100点満点)

映画バベルのあらすじ

アメリカ人夫婦リチャードとスーザンはモロッコを旅行中、バスの中で突然銃撃を受ける。妻のスーザンが負傷し、乗客はパニックに。テロリストの仕業ではないかと思われていた犯人は家畜の世話するモロッコ人の少年だった。

同じころ日本の東京に住む聾唖のチエコは母親を失い、父親とも関係が上手くいかず孤独な日々を過ごしていた。

誰とも分かりあえない彼女は体の関係を通じて誰かとつながろうとする。一方、アメリカに住む家政婦はメキシコで開かれる息子の結婚式に出席するために自分が面倒を見ているリチャードとスーザンの子供たちを一緒に連れていってしまう。一見全く無関係の登場人物たちだが、話が進むに連れて彼らは見えない糸で結ばれていく。

映画バベルの感想

ビューティフル」、「レヴェナント:蘇えりし者」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「アモーレス・ペロス」でおなじみのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の最高傑作です。

どこかのサイトのアンケートで「2007年最もがっかりした映画2位」になっていましたが、日本の視聴者大丈夫?と心配になりましたね。

もしかしたらこの映画を理解するには日本とメキシコとモロッコとアメリカを旅行しないとダメかもしれません。そうしたらそれぞれの国がどれだけ見事に描写されているかが分かるから。

アレハンドロ・イニャリトゥ監督の演出は言うまでもなく最高です。なぜ日本のことをろくに知らない外国人監督があれだけ美しく東京を撮れるのか。

なぜ日本語も分からない外国人監督が日本で長年活動してきたわけでもないのに菊池凛子という女優を一発で発掘できたのか。

それは彼が天才だからに違いないです。どこの世界のどの監督がアメリカ、メキシコ、モロッコ、日本をつなぐ映画を作れるんでしょうか? 間違いなく彼にしかできないことです。

ただ、ストーリーに無理な部分がいくつかあるのは確かですね。モロッコで猟をした日本人が現地人に自分の銃をプレゼントしたり、日本人のお母さんが銃で自殺したり、不法滞在しているメキシコ人がメキシコに帰ったのにまた正規の方法でアメリカに戻ってこようとしたり、突っ込みどころはあります。

その辺のおかしなところはおおいにつっこんでいいと思いますよ。だけどこれだけおかしな部分がありながらもなおストーリーに飲み込まれ、素直に感動した映画は他に例を見ませんね。

一番いらないと思ったのはほかでもないブラッド・ピットです。バスが行ってしまったときの表情。公衆電話から子供に電話しているときの泣き方。お願いだからあんな演技で名作を台無しにしないでもらいたかったです。

個人的には歯医者さんとおまわりさんにはチエコとセックスしてもらいたかったですね。あそこでやらなかったことでなんだかきれいな映画になっちゃった感があります。もっとドロドロにしてもらいたかった。

特に歯医者さんにはチエコとやった後に「今すぐここから出ていけ!」ってあのセリフを言ってもらいたかったですね。その方がチエコが余計に可哀想な女に見えてよかったと思います。

コメント

  1. banana split  より:

    (笑)そうそう!分かります!歯医者にもおまわりさんにも、やるだろって、つっこんでました。しかし、やらせないのは、そっちのほうが映画的にいいって考えたんだろうが、なぜだろうって余計なこと考えながら見てました。
    あとストーリー的に無理があって不自然で、私はそこが引っ掛かって、あまり楽しめませんでした。
    あとちょっと気持ち悪くなってしまいました。

  2. 不幸男 より:

    えー?!確かに3点ザッピング方式はチャレンジ精神を感じたけど結局なんだったの感を強く抱いたのを覚えています、小説ジェノサイドオススメです、ザッピング凄いですから!

  3. サイレン より:

    チエコはあのとき思春期や母の死、自信が感じてた孤独の影響で、ものすごく愛されたい、誰かと結ばれたいと感じてたの。でも、言葉が話せないからああやって直背的に表現するしかなかった。それでこれはたぶん監督や外国人の持つ「日本人は真面目で公私をきっちりわけている!」というイメージがあるから、歯医者や刑事さんとはああいったドライな感じにしたんだと思うよ。
    仮にチエコと歯医者がやってしまえば、もうあそこでチエコの話は終わりになる上、日本人のイメージに全くそぐわないという理由で国内外から大バッシングが起きかねないですよ。たぶん。

    • 映画男 より:

      サイレンさん

      チエコとやってくれたらよかったの下りは冗談なので、流していただければ幸いです。

      • サイレン より:

        冗談と理解できず、すみませんでした。
        じゃあbanana split さんもジョークにのってコメント知るのかな?
        そう見えないけど・・・。

  4. エリック・カートマン より:

    これが90点ならとことん趣味が合わないんだろうな。

  5. ゆい より:

    バベルが90以上って・・・
    なんか管理人さんって一般の感覚とずれてますね。
    他の批評もみましたが、30点のカテゴリにも良い映画あったし、
    とにかく大衆とはツボがズレテそう。

  6. トムソーヤ より:

    アマゾンに載せたコメントです
    生意気ですがどうぞ

  7. チャイ より:

    どんなに世間的に評価の高い映画でも自分が後で全く内容を覚えてない映画ってありませんか? この映画は 自分が好きかどうかはともかく、すごく印象に残ってます。 まず音楽がすごい。
    個人的には日本のクラブのシーンが印象的でした。 聾唖のチエコには音楽が聞こえないから 時々無音になるところがね。
    チエコが気になっている健常者の男の子も、自分じゃなくて自分と同じ聾唖の友達を選んだ。 一夜限りの遊びでさえ選ばれない自分。 自分の存在意義を 嫌という程知らされる夜。
    色んなレビューを読んで日本のシーンはいらないみたいのもあったけど、菊地凛子が評価されたのって 脱いだからとかじゃなくて あの深い孤独感やイタさじゃないかと 私は思う。

    • 映画男 より:

      僕もクラブのシーンがすごく好きです。聾唖の人にはああいうふうに聴こえているんだなっていうのが発見でした。菊地凛子は寂しそうでしたね。

  8. とんとん より:

    音楽もいい、KIKUCHIさんの演技もいい、そこは認めます。監督の力量も認めます。しかし、主要登場人物の半分近くが度を越えて”抜けている”としか思えず、どうも見ていて居心地が悪かったというのが正直なところです。
    日本の描写された若者像は、近年とんと見かけなくなった絶滅危惧種のような感じがしてしまいました。このようなぎらぎらした若者が今の日本にはもっと必要な気がします。