アトミック・ブロンド(原題ATOMIC BLONDE)

シャーリーズ・セロン主演のスパイたちによる不毛な殺し合いに終始する、寝落ちすること間違いなしの映画。13点(100点満点)

あらすじ

イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し……。

シネマトゥデイより


文句

小説「The Coldest City」を基にした、デヴィッド・リーチ監督による、セクシーさとスタイリッシュさだけが売りの女スパイ映画。スパイ同士の幼稚な情報合戦としょうもない騙し合いに時間と体力をただただ消耗する作品です。

ソルト」、「エージェント・マロリー」、「コロンビアーナ」、「ハンナ」などを見ても分かる通り、女スパイ映画のほとんどは滑ります。ツルツルに滑ります。なぜならそのほとんどがヒロインの美しさと強さにしかフォーカスしていないからです。

美人なのに強い。強いのにセクシーみたいな売り方しかしないので結局行き着くところは馬鹿な話になるんですよ。この映画も例外ではなく、シャーリーズ・セロンの美貌だけに任せている印象しか残りませんでした。

入浴シーンをやったり、ケツを出したり、レズの絡みをやったり、男性視聴者の注意を引くために見所を作ろうとしていたけど、じゃあ話題になるほど過激でセクシーかといったらそうじゃないし、その全てが中途半端です。

お色気で売る気なら脱ぐなら脱ぐ、やるならちゃんとやれって話なんですよ。結局のところ金髪美女を出しておけばみんな見るでしょ的なノリで作っているのが見え隠れして馬鹿にされている気持ちになりました。

ストーリーが終わってますね。ベルリンの壁崩壊の直前、MI6のスパイであるヒロイン、ロレーン・ブロートンが二重スパイのリストを取り戻すためにドイツを訪れたのを皮切りに東西諸国のスパイが激しい攻防を繰り広げるというものです。

様々なオペレーションに参加した二重スパイのリストが漏洩すれば冷戦が40年長引く恐れがあるらしく、リストの奪還は最優先事項なんだそうです。

そのため劇中、登場人物たちの口から「リスト」という言葉が執拗に連発され、お前ら何回言うんだよって突っ込みたくなるでしょう。

そしてそのリストを巡って、実はあいつは仲間でした、やっぱり敵でした、二重スパイでした、いや三重スパイでしたというのを最後まで繰り返す堂々巡りストーリーになっています。

アクションはスパイ映画によくありがちなパンチとキックとナイフと銃撃戦にカーチェイスを加えたもので、シャーリーズ・セロンの全然痛くなさそうなパンチをソ連の大男たちが受けて悶絶する下りにどこまで付き合えるかがポイントになりそうです。

こんなつまらない映画を作ったのは一体どこの誰なんだよと思って、デヴィッド・リーチ監督のことを調べてみたら、なんと「ジョン・ウィック」のプロデューサーと共同監督務めてるんですね。どうりで中身がないと思った。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう