孤独のグルメ

食レポ番組をフィクションにしただけの退屈極まりないストーリー性ゼロのシリーズ。26点(100点満点)

あらすじ

異色のグルメコミックを松重豊主演で実写ドラマ化! 個人で輸入雑貨商を営む男・”井之頭 五郎(いのがしら ごろう)”は、商用で日々いろいろな街を訪れる。そして一人、ふと立ち寄った店で食事をする。そこで、まさに言葉に表現できないようなグルメたちに出会うのであった…。

アマゾンドットコムより

読者のアクションさんのリクエストです。ありがとうございました。

文句

同名漫画を基にした、人気の理由が全く理解できない、人様の時間を無駄に奪うだけのシリーズです。

美味しい食べ物を眺めるだけの思考停止ドラマで、ストーリーは一切なく、主人公以外のキャストは素人レベルの演技しかできず、食欲旺盛な人が涎をたらすためだけに作られた作品です。

せめて主人公のバックグランドとか食堂のオーナーやお客さんの人生を描いていくんならいいんですが、前半におまけ程度のエピソードを入れて、後は適当に主人公がレストランに入っていって料理を食べて終わりってすごくないですか?

そしてなぜか最後に原作者が実際のレストランを訪れて食レポします。つまるところ、脈略のないイントロ>食事シーン>食レポっていう構成になっていて、ドラマと呼ぶには無理がありますね。

確かに料理は美味しそうには映しています。地元の素朴な店をチョイスしているのも大衆に合わせているんでしょう。でもそれだけで見る価値があるかというと疑問ですね。

主人公の井之頭五郎がグルメなのはいいんだけれど、食通ぶるわりには店内で平気でタバコ吸ったり、食べ物に対するリスペクトが感じられません。

世界一のグルメ国民気取ってるくせにいまだにレストラン内を禁煙にすらしないって日本あるあるですよね。食に対してこだわりがあるんだか、ないんだかどっちなんだよって。美味しく食べたいんだったらタバコなんてもってのほかだろ。

このシリーズしかり、「将棋飯」しかり、「深夜食堂」しかり、最近「食」をテーマにしたドラマが増えたのは、食レポ番組のやらせ演出のワンパターンさに視聴者が飽きたからなのかもしれませんね。

どうせ嘘ならいっそフィクションという前提で見せてもらったほうが視聴者が素直に見られるということなんじゃないかなぁ。まあそれはそれで面倒くさい視聴者だけど。

たとえそうだとしても一つ大きな疑問が晴れません。それは、そんなに人が食ってるところ見たいか?っていう疑問です。

こんなもん、美味しそうって思わせるためだけに作られたフードポルノで、セックスの代用として料理が使われているだけですよ。それも何の工夫もない低レベルの。

AVに置き換えたら分かりやすいです。ストーリーがほとんどなく、男女が画面に登場したかと思ったら、ちょっと会話をして、いきなりセックスが始まるタイプの作品ってありますよね。あれと同じです。

誰がどうとか関係ありません。見せたいのは絡み(食事)のシーンだけだから。日本のポルノではなく、いわゆる挿入シーンしかないアメリカのポルノに近いですね。

これを深夜に永延と見ていられる人は、アメリカのつまらないポルノでイケる人です。ある意味それは安上がりで幸せなことかもしれないけど、そこから文明はまず育たないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう