台風家族は草なぎ剛の演技が絶望的!感想とネタバレ

この記事は 約4 分で読めます。

ユーモアのセンスがない監督がコメディーを撮ったらこうなる、というお手本の映画。脚本と主演の演技が絶望的です。12点

台風家族のあらすじ

映画『台風家族』予告編30秒

鈴木一鉄はある日、妻の光子を連れて、銀行強盗を働き、2000万円もの大金と共に逃亡を図る。

事件を受けて一鉄の息子たちは、マスコミの恰好の餌にされていた。犯罪者の子供たちの言葉を欲しがり、マスコミは長男の小鉄のもとへと押しかけた。

10年後、両親の行方は不明のままだったが、法律上死亡が確定したために財産分与を行おうと、子供たちが両親の実家に集まった。

最初は均等に財産を分ける予定だったのが、小鉄が自分は多くもらう権利がある、と言い出したことをきっかけに争いが始まる。ところがひょんなことから財産どころが一鉄には多額の借金があることが判明する。

家族のキャスト

  • 草なぎ剛
  • 新井浩文
  • MEGUMI
  • 中村倫也
  • 尾野真千子
  • 若葉竜也
  • 藤竜也

台風家族の感想と評価

箱入り息子の恋」の市井昌秀監督による、滑りっぱなしのコメディー映画。一体この内容のどこで笑いが起こると思っているのか問いただしたくなる駄作です。

箱入り息子の恋」も同じく駄作でしたが、どちらかというと「箱入り息子の恋」のほうがコメディーですよね。

それに対しこちらのほうはコメディー映画なのに、これでもかというほど狙って滑ってるので、余計にタチが悪いです。

セリフと演技中心の喜劇なので、脚本が全てといってもいいでしょう。映像で楽しめるシーンは皆無に近いです。それなのに肝心の脚本がひどいんですよ。

口論する>掴み合いになる>口論を再開する、というパターンしかなく、長男をはじめとする兄妹の開き直ったポンコツぶりを笑いにしていて、またそれぞれのクズっぷりも大したことないです。

無職とかバツイチとか、だからなんだよっていう設定になっていて、登場人物の背景の薄っぺらさといったらないですね。

財産分与にまつわるエピソードも全然面白くないし、都合のいいタイミングで次々と訪問者が現れるのもダメです。

なにより嫌悪感を抱いたのは、こんなしょうもない家族ドラマをどこか美談にでもしようとしている魂胆です。やれ、娘の夢を叶えてやりたいから、何としてでもお金を集めるとかいって、主人公が賽銭箱の周りに落ちてる小銭や老夫婦が取り忘れた自動販売機のおつりをねこばばするってバカなのかな。

小銭かき集めてもウィーンの留学費用を出せないでしょ。普通に働けよ。あんな話のどこにも美しさなんてないから。

10年も行方が分からなかった両親が、ちょっと探しに行ったらすぐに死体で見つかっちゃうのも寒いですね。あんな分かりやすいところにあったら誰かがすぐ見つけるだろうが。むしろお前らは今までなんで探しに行かなかったんだよって。

ラストのビーチのシーンは「万引き家族」のオマージュなんですかね。もしそうだとしたら、カンヌ映画祭グランプリ作品に対する侮辱でしかないですね。できればタイトルから「家族」っていう言葉を取ってもらいたいです。

スマップを主演に起用している時点で演技がどんなふうになっているかは想像に難しくないでしょう。コメディーなんて演技の中でも最も難しい部類じゃないかなぁ。そこに素人俳優みたいな奴を使ったらどうなるかは目に見えてますよね。

そもそも草なぎ剛って素でも面白くないじゃないですか。そんなユーモアのセンスがない人間に笑いを取らせようっていうんだから、監督はとんでもない無茶ブリをしてるんですよ。英語喋れない奴にアメリカ人の役をやらせるみたいな話ですよ。

物語の9割は実家が舞台になっていて、代わり映えしない絵が延々と続いていく印象を受けます。密室劇にするのはあまりにもストーリー展開と捻りが少なく、これどういうオチを付けるんだろう、と不思議な気持ちで見ていましたが、大したオチもなく終わっていきました。

一体いつ面白くなるんだろうと思いながら見てたら、いつの間にか終わってた映画ってありません? それがこれです。

唯一、おおってなったのは、MEGUMIのセックスシーンですかね。この映画にセックスシーンが必要かどうかといったら疑問ですが、汗まみれになった姿はちょっとエロかったです。でも本当それだけでしたね。そのために見ますか?

草なぎ剛以外の俳優たちは下手じゃないんだけど、もうこの脚本だったらどうにもならないもんね。

そういえばこの映画、新井浩文の不祥事によって延期されたそうですね。なんでお蔵入りにしなかっただろう。お蔵入りにする絶好のチャンスだったのに。

コメント

  1. 馬鹿馬鹿しい より:

    理解力と想像力がないだけじゃないですか?