2015/04/08

彼女を見ればわかること(原題 Things You Can Tell Just by Looking at Her)

94点(100点満点)

ストーリー
老母の看病に手を焼く女医。息子に溢れんばかりの愛情を注ぐ母。重病を背負った恋人と暮らす占い師。妻のいる男と不倫中の銀行の支店長。盲目の美女と刑事の姉。それぞれがそれぞれの悩みを抱え、孤独に苦しみ、恋を求め、期待と失望を繰り返して毎日を生きている。

文句
5つのショートストーリーで構成されるオムニバス映画。題名がこれほどぴったりあてはまる映画は他にない。20回以上鑑賞したが、脚本があまりにも見事で見るたびに感心する。各ストーリーで語られるセリフが他のストーリーと微妙に結びついたりと奥が深い。LAの郊外を舞台にした映像も美しい。女優陣の演技は最高。特に黒人男性と不倫する銀行の女支店長を演じたホリー・ハンターがすばらしかったです。

一番好きな登場人物もこの女支店長ですね。部下と飲んだ後に彼の家に行って、部屋の中に入るなりなんなり、初めて来た家なのにズカズカとベッドルームに直行した彼女はかっこよすぎです。「駆け引きなんて無駄なことはよしましょう。明日も仕事あるし、時間がないからさっさとやりましょうよ」という感じでしたね。酒を飲んだ後で家に来たくせに「え? ダメ、ダメ、 私、全然そんなつもりじゃないから」とか言いながら結局最後はやってしまう女よりずっと正直でいいです。男がどっちのタイプに惚れるかと言ったら間違いなく前者でしょう。ただし、惚れたら最後フラれるのがオチですね。ああ、怖い。

中絶のシーンも緊張感があってよかったです。病院から外に出て道端で泣くところなんかは哀れでしょうがなかったです。他のストーリーの登場人物の女もみんな人生に不満気で、それでも人前では幸せそうに振舞っているからなおさら不憫に思えてきました。それでもなぜかそういう女たちに惹かれてしまう。不幸な女は男を惑わすなにかを持っているに違いないです。

『「彼女を見ればわかること」の英語の名セリフ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう