かもめ食堂は話題にもしたくない映画!ネタバレと感想

この記事は 約3 分で読めます。

話題にも出したくないほどおぞましい映画。普通の精神状態なら最後まで見ることはまず不可能です。2点(100点満点)

かもめ食堂のあらすじ

映画 『かもめ食堂』 予告編

フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を営むサチエはある日、旅行者のミドリと出会い、食堂を手伝ってもらうことに。

さらに別の日には両親の看護を終えて息抜きにフィンランドを訪れたマサコが食堂に顔を出し、3人は意気投合する。3人で一緒に働きだしてからというもの全く客の入らなかった「かもめ食堂」が少しずつ賑わいを見せ始める。

シネマトゥディより

かもめ食堂のキャスト

  • 小林聡美
  • 片桐はいり
  • もたいまさこ
  • ヤルッコ・ニエミ
  • マルック・ペルトラ

かもめ食堂の感想と評価

トイレット」などの作品で知られる荻上直子監督によるフィンランドを舞台にした、文句が言いたくなるほのぼのドラマ。

監督の荻上直子、原作者の群ようこ、この二人のどちらかでも実際にフィンランド語を話せる人はいるんでしょうか?

あるいはフィンランドで生活したことがある人はいるんでしょうか? 少しでもフィンランドのことに興味を持って真面目に調査したのかよ、おいこら!って言いたくなりましたね。

答えは映画を見ればはっきり分かります。あまりにも無知な人間がろくな情報も収集せずに海外を舞台にした映画を作るとこういうことになるっていう出来だからです。

この映画を見ていてまず一番気になったのは、舞台は別にフィンランドじゃなくてもどこでもいいじゃん、ということです。

欧州で、のどかで、景色がきれいなところならどこでもいいや、という投げやりな臭いがプンプンするのがむかつきます。

言ってみれば外国じゃなくても、日本の田舎でもストーリーは成り立つんですよ。それなのにわざわざ外国にするところがなんとも嫌らしいですね。

欧州=オシャレみたいな感性の人しか作れない映画です。そうならそうで事前にちゃんとその国についてしっかり勉強してから作れと言いたい。

経営ド素人、料理の腕ド素人の日本人がフィンランドの首都でレストランを開いてとんとん拍子に成功できるほど外国で商売するのは甘くないんですよ。あんなカタコトのフィンランド語で客商売が成り立つわけがないじゃないですか。

世界各国どこの国でも日本料理が一度は流行った、あるいは現在流行っているのはそこに根を張って長年苦労に苦労を重ねた日経移民の人たちの努力の結果なのです。

それをプー太郎同然の日本人旅行者がなんとなく外国でレストランを手伝ったら軌道に乗っちゃって、成功しちゃいましたなんていう話はふざけすぎでなめきってます。

だいたい旅行者をレストランで働かせたら不法就労になるのになんで捕まらないんだ? 外国人が日本を舞台にした、でたらめな映画を作ったら怒るくせにこれを見てなんで日本人は怒らないんですかね? ああ、腹立つぅー。

コメント

  1. ? より:

    この映画に限らず荻上直子の映画は見てられないです。
    まだこの映画はましです、めがねという映画はもっとひどいです
    違う意味で見ることをおすすめします。

  2. バイファム より:

    こんにちは!
    荻上作品は、人を選びますからね。この人の思想・考えにほとんどマッチした人には吸い込まれるようにはまっていき、そうじゃない人間にはアナフィラキシーショックでも生じさせそうなほどに拒絶反応を見せる作風になっていますね。
    この作品は比較的ましですが、ここからめがね、レンタネコはさらにこの人の主観的かつ差別的な価値観が如実に出ているので、余計嫌いな人間の癇癪にさわる作品となっています。
    ある種主人公は人間臭く、ダブルスタンダードに基づいた不条理な行動をとってしまうのが原因だと思いますが・・
    人それぞれ意見は異なりますが、僕はこの人の作品はそこまで嫌いではないですね。なんというか全体的なゆったりとした雰囲気がまあ、主人公の性格のひどさよりも個人的に上回っててそこまで嫌いにならなかったです。

    • 映画男 より:

      荻上直子監督って女性好みかなって思ってましたが、男性でも好きな人は好きなんですねえ。

  3. RenoBank より:

    なんでしょ?

    とにかく気持ち悪い映画ですね。

    アキ・カウリスマキ監督へのオマージュなんでしょうけど、ただ猿真似してずっこけてますよっていいたい。

    過去のない男は大好きですが、日本人がやってもなぁ・・

    • 映画男 より:

      アキ・カウリスマキ監督へのオマージュなんですか。それすらも気づかなかった。

      • RenoBank より:

        ただ「フィンランドで映画を撮ろう」と、プロデューサーの提案で撮影が開始された・・みたいなことを荻上直子自身がインタビューで語ってました。

        だから、はじめにフィンランドありきの映画ってことですね・・どおりで違和感あるはずです。

  4. より:

    そこにある間を切り取るのではなく、
    そこに存在しない間をねじ込み、それをコントロールしようとするエゴのようなものを感じました。

    ナチュラルに見えるカラコンを入れて、カラコン?なんですか?と素知らぬ顔をするような、背伸びをしている作品と捉えるはごく少数で、大多数の人間はナチュラルビューティーと賞賛している。ここに最ももどかしさを感じるわけです。

    監督さんは欲張りすぎたかな。
    大衆には受けましたが、空回りしましたね。

  5. さこ より:

    上映当時、予告を見た時点で、これは残念な映画では?と思ってしまいました
    フィンランドが好きなので、イメージを壊されたくなくて、ずっと敬遠していたのですが…
    最近になって観る機会ができました

    感想は、教訓のないおとぎ話みたい

    地に足ついた見方をすれば、なんじゃこりゃってアホらしくなりますが、
    赤ん坊が桃から産まれた、竹から産まれたような話と同列に観れば、個人的にはふーん、で流せるストーリーでした

    感動はしないけど、腹も立たない
    「フィンランド」という名を借りた誰かの夢の国のお話って感じ

    正直、好みの器や調理器具が気になってしまって、ストーリーはあまり頭に入って来なかったです

    女性に人気というのは、ストーリーよりもフィンランドの日用品や器、ムーミンなどの「ブランド」が持つ力の強さや、料理への親近感によって、多くの男性にはあまり縁のない独特な世界観を作れるからでは…という気がしました

    • 映画男映画男 より:

      `フィンランドをお手頃に利用したファンタジーでしたね。

      • さこ より:

        そう、ありふれたファンタジーですね

        でも、ひとつだけ肯定できるのは、多くの女性たちの共感目線です

        女性に人気のイッタラ、アラビア、マリメッコなどの北欧ブランドが、
        「かもめ食堂」という映画の中に上手く収納されているんです

        プロというにはちょっと甘いけれど、そこが逆に親近感へのフックになる
        ハイセンスな主婦並みに収納上手な映画だと思います