スポンサーリンク

ザリガニの鳴くところは非現実的で平凡な話!ネタバレ感想

この記事は 約4 分で読めます。

可愛い女の子が不幸な目に遭うところを応援しながら見る、いかにもフィクションといった感じの話。特につまらなくも面白くもない作品です。48点

スポンサーリンク

ザリガニの鳴くところのあらすじ

1953年、カイアはノースカロライナ州の湿地帯にある掘っ立て小屋で家族と貧しい生活を送っていた。父親はアル中でDVを働く男だった。やがて父親のDVに耐えられなくなった母親が兄を連れて家を出て行ってしまう。

カイアは一人暴力的な父親と残され、母親の帰りを待つが、まもなくして母親は二度と帰ってこないことを悟る。その後、今度は父親までカイアを残して家を出て行ってしまい、彼女は7歳にして一人で生きていくことを強いられる。カイアはムール貝を知り合いの店に買い取ってもらい、なんとか生活していった。学校に行って友達を作りたいと思ったが、靴すらないカイアは学校でみんなの笑い者にされ、すぐに辞めてしまう。

そんなカイアはある日、心優しい少年テイトと知り合い、彼に勉強を教えてもらう。二人はやがて恋人となるが、テイトは大学に行くためにカイアを残して去ってしまうのだった。そしてそれがカイアの運命を大きく左右することになる。

ザリガニの鳴くところのキャスト

  • デイジー・エドガー=ジョーンズ
  • ジョジョ・レジーナ
  • レスリー・フランス
  • テイラー・ジョン・スミス
  • ルーク・デヴィッド・ブラム

ザリガニの鳴くところの感想と評価

オリヴィア・ニューマン監督による、湿地帯の小屋で一人で生きてきた女性の人生をつづった人間ドラマ。同名小説の映画化です。

DVを受けて育った少女が、両親に捨てられ、子供ながら一人で生きていき、大人になっても偏見や不運に見舞われ続ける、せつない一生を描いた物語です。

いわば悲惨な状況でもひたむきに生きるピュアな女性に感情移入しましょうよ、という映画で、どこかノリが「ショーシャンクの空に」に似てなくもないです。

いかにも小説的な話で現実感はあまりないです。湿地帯の小屋で一人で生活してる貧乏少女が、色白の美人で髪の毛やツヤツヤ、服装はメルヘンとかまじでありえないです。

食っていくのだけでも大変そうな状況なのに切羽詰まったところがなく、悲壮感も感じられず、家も身なりも小綺麗なんですよ。ヒロインだけじゃなく、あのド田舎の住人みんな垢ぬけてますよね。もっともっさい感じにしないと。

僕の住むブラジルにもアマゾンとか行くと川辺の湿地帯で生活している人々がたくさんいますが、トイレは川に垂れ流しだし、女性の服装は基本短パンとキャミソールで、まあみんなそれはそれはワイルドな体つきと顔つきをしてますよ。

もうそれについては、ヒロインを演じたデイジー・エドガー=ジョーンズの役作りと監督のキャラ設定の問題でリアリティーにおいては結構致命的なミスをしてますね。あんなに金ないのにモーターボート乗ってるところとかちょっと腹立つもんね。手で漕げよって。

あくまでもフィクションとしてその辺のことは目をつぶるんならまあ見れなくもないかなといったところです。

ヒロインのカイアに同情できるかどうかが大きなポイントとなるでしょう。僕はできませんでしたね。父親がポンコツだったのは確かに可哀想なんだけど、恋愛に関しては全然共感できませんでした。特にテイトと別れて、性悪男にまんまと騙されるところはダメですね。

もう見るからにいけ好かない男を好きになっちゃうし、最後は男がストーカーと化し、あたふたするくだりなんか「ほら見たことか」と言ってやりたくなりました。「あの男はやめておけ」って言われても聞く耳もたないタイプですね。

カイアが悪い男を好きになりそうなダメ女タイプならまだしも、あれだけしっかりしていて、テイトのような素朴で純粋な男に惹かれていた彼女が、なんで真逆のタイプに行ったんでしょうか。

そしてその男のせいで事件に巻き込まれ、容疑者にされ、裁判にかけられてしまうんですが、あの裁判もいい加減で、そもそも起訴するだけの十分な証拠もないのに、なんでカイアが被告人になってるのか分からなかったです。

そしてそんないい加減な裁判をめぐったサプライズを最後に用意されても、別に驚くことはできませんでした。「いやいや、どうやってよ?」っていう感想しか出ませんでしたね。ラストのサプライズもなんか「ショーシャンクの空に」っぽかったですね。

現実感を出すなら最後はカイアに不当な裁判の結果を用意するべきでしたね。それこそアメリカの差別的な司法を見せつけないと。彼女には不幸なエンディングのほうがに合ってたんじゃないかな。最初からずっと不幸エピソードを売りにしてきたんだし。

まあそういう一つ一つのファンタジックなフィクションに付き合える人にとっては、いい映画になりえるのかもしれません。僕には平凡な映画でした。

 

コメント

  1. ふっく より:

    前評判で期待してただけに、とても面白くなくてがっかりしました。
    映画男さんならボッコボコに酷評してくれるかと期待してたのですが…笑

    • 映画男 より:

      これ残念でしたねえ。まあ最後までは見てしまったので、酷評というまでにはいきませんでしたが

  2. こなこ より:

    原作を読めば、何故カイヤがチェイスと恋人になったのかわかります。心の隙間に入り込んでくる悪と満たされない心、原作ではそのあたりの描写も丁寧に描かれています。
    多方面に奥行きのある原作をどのように映画化し、原作を読んでない人がどう感じたのかを知りたくて色々な方のレビューを拝見させて頂いていますが、とても参考になりました。私も映画を今日見てこようと思います。