スポンサーリンク

「今、私たちの学校は」はつまらないゾンビ学園ドラマ!ネタバレ感想

この記事は 約4 分で読めます。

いつものゾンビものじゃん、という感想しか抱かない、アイデアの使いまわしシリーズ。とりあえず売れるジャンルで、売れるドラマを作ったなあという感じがします。28点

スポンサーリンク

「今、私たちの学校は」のあらすじ

化学教師のイ・ビョンチャンは息子がいじめられて帰って来ることに絶望し、自殺を食い止めるために彼にゾンビウィルスを注入する。

ある日、その実験のためにイ・ビョンチャンがヒョサン高校で飼っていたマウスに女子生徒が噛まれて感染してしまう。さらに保健の先生が女子生徒に噛まれて感染してしまい、たちまちヒョサン高校はゾンビたちで溢れ、パニックに陥る。

そんな中、ナム・ウンジョ、イ・チョンサン、チェ・ナムラら生徒たちが警察に通報するも警察はまともに取り合ってくれなかった。そうこうしている間にもゾンビの数は増え、校内は地獄と化す。

一方、病院に運ばれた生徒がゾンビと化したことで学校外でもゾンビが増えていき、町中がカオスに陥っていく。そんな状況下で生徒たちはなんとかゾンビの魔の手から逃れようと力を合わせて生き延びることを試みる。

「今、私たちの学校は」のキャスト

  • ナム・オンジョ
  • イ・チョンサン
  • チェ・ナムラ
  • イ・スヒョク
  • ユン・グィナム
  • イ・ナヨン
  • イ・ビョンチャン
  • ソン・ジェイク

「今、私たちの学校は」の感想と評価

同名原作漫画を基にしたネットフリックス製作の韓国ゾンビ映画。「新感染ファイナル・エクスプレス」の舞台を学校に移し、「生きている」の登場事物を高校生にしただけの作品でヒットしているのがとても信じられない代物です。

化学の教師がいじめられっこの息子をゾンビにして自殺させないようにする>ひょんなことからゾンビウィルスが学校内で流出する>そこら中でゾンビが溢れる、という内容で起源こそ違えど、いつもお馴染みのゾンビストーリーのテンプレートに沿っているだけで特に斬新なものはなにもありませんでした。

最大の過ちは舞台を学校にし、主人公たちを学生にしたことでしょう。それによってストーリーがとにかく退屈な学園ドラマと化してしまった感がありますよね。

制服を着た学生たちをメインキャストにするうえでの問題点はキャラが立たないことです。だって同じような顔をした同年代の男女がみんな同じ格好して出てくるんだよ。誰が誰だか分からないって。それならもっと顔にインパクトのある若者たちを集めてこないダメなんですよ。

日本人にとってそんなんだったら外国人が見たらもっと分からないと思いますよ。そもそも韓国人の名前だって外国人にとっては分かりにくいんだから。

新感染ファイナル・エクスプレス」が面白いのはイケメンと筋肉キャラと地味キャラなど登場人物にちゃんと役割があったからなんですよ。その点、このシリーズは性格的な違いはあれど、キャラクターの見た目のインパクトに欠けますね。

また、視点があまりにも目まぐるしく代わりすぎるのもよくないです。あれによって誰の話も刺さらなくなります。なによりゾンビに襲われて生きるか死ぬかというのときに陳腐な恋愛エピソードなんて頭に入ってこないでしょ?

ストーリーはセウォル号沈没事件やコロナパンデミックのメタファーになっているなどといった意見もありますが、この話にメタファーとかどうでもいいかな。やれ、セウォル号沈没事件のように政府の対応が遅れただ、やれ警察がまともに取り合ってくれなかっただ、やれ感染者を隔離するだのなんだのとそれっぽいエピソードはあるんだけど、ゾンビ映画に事件や社会問題とかと被せられてもね。

途中から舞台は学校から病院へ、病院から町へと移って行ったりもしますが、そうやって手を変え品を変えてシリーズを継続させていく気なんだなあ、という意向だけは伝わってきました。そしてこれがネクスト「ウォーキング・デッド」になっていくんでしょうね。

それにしてもなぜ人は永遠に終わらないゾンビシリーズをずっと見ていられるのでしょうか。このシリーズにしたって12エピソードもあるからね。その間ずっとゾンビと戦って、休憩が入って、またゾンビと戦っての繰り返しだよ。視聴者もバカにされてること気づこうよ。

映画界もまず一旦ゾンビから離れようよって思うんだけど、いかんせん売れるんだから仕方ないんですかね。世界的な韓国映画・ドラマブームだもんね。いまや世界中の人々が韓国の作品がネットフリックスに出てきたらとりあえず見てみようみたいな現象になってるからね。

さらに韓国の製作会社は映像、アクション、演技、そしてスケールの大きさにおいて世界標準のものをちゃんと作れるのでネットフリックスも今後ブームが沈下するまでしばらく韓国作品をじゃんじゃん作っていくんじゃないでしょうか。果たしてすぐにブームは終わるのか、あるいはしばらく続くのかどうなんでしょうね。

コメント

  1. きのこ食べ過ぎ より:

    正直、モンスターとしての「ゾンビ」は最早掘りつくされた廃坑みたいな印象。
    後は地震や山火事、洪水みたいなディザスター物の「背景要素」としてしか存在価値が無いんだけれど、「ゾンビ・ディザスター」の人間ドラマも、「28日後」以降の「走るゾンビ」が登場してから、人間は隠れるか逃げるかぐらいしか選択肢が無くなってしまい、「ドラマ」を生み出す可能性も消してしまったと思う。

  2. イネ より:

    評価が高い様だが、普段ゾンビ映画を見ずにロメロのゾンビで止まっている人達が韓国ドラマだから見ただけでしょう?普段見ないから新鮮!そんなところかと。
    学校が舞台、走るゾンビ、登場人物のキャラクターなんてこすられすぎていて目新しさはゼロ。