聲の形は気持ち悪いし意味不明!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

しらふで見たら理解できないように作ってある感動狙いの友情恋愛アニメーション。ヒロインを障害者にしたら、なんとなく盛り上がるでしょ的なノリで作った不快感と嫌悪感しか覚えない駄作で、鑑賞後いじめられたみたいな気分になる作品です。マイナス100点(100点満点)

聲の形のあらすじ

映画『聲の形』 本予告

ある日、将也の小学校に聴覚障害を持った少女、硝子が転向してくる。言葉を話せない硝子はノートを使ってクラスメイトとコミュニケーションを取ろうとするが、生徒たちは好奇心を通り越して、やがて硝子をいじめるようになる。特に将也は硝子を執拗に付け回し、ついに教師や親にいじめのことがバレてしまう。

5年後、高校生になった将也は自殺を考えていた。そして死ぬ前にかつて自分がいじめていた硝子に勇気をふり絞って会いに行った。

二人はぎくしゃくしてまともにコミュニケーションが取れなかったが、その日を境に不思議な友情を深めていく。

聲の形のキャスト

  • 入野自由
  • 早見沙織
  • 小野賢章
  • 悠木碧
  • 金子有希
  • 石川由衣
  • 潘めぐみ

聲の形の感想と評価

読者のめいさんのリクエストです。ありがとうございます。

山田尚子監督による支離滅裂メンヘラ学生ドラマ。同名漫画の映画化で、なんとなく悩みを抱えた高校生たちがいじめとか、自殺とか、友情とかについてやたらと感傷的に語っていく薄っぺらい物語。

エモいBGMかけて登場人物が涙を流せば、視聴者を感動させられると思ってる、浅はかな人間が作った作品です。

ベロンベロンに酔っぱいながら製作したとしか思えないほど、ストーリーにつながりと辻褄がなく、雰囲気だけで視聴者に伝わると思っている思考回路と自分勝手さにはため息しか出ないです。

様々な大胆なエピソードをぶち込んでる割には、それに対する解説や伏線の回収が一切ないし、かなり不親切な作りになっていました。例えばこんな設定が説明不足です。

  • 主人公の将也が高い橋から飛び降り自殺をしようと考えていた(なんで?)
  • 将也は自殺する前に昔いじめていた硝子に会いに行った(なんで?)
  • 将也は自殺するのをやめた(なんで?)
  • 将也はいつの間にか手話を覚えていた(なんで?)
  • 自殺前に将也はバイトして170万円貯めた(なんのバイト?)
  • 将也の姉の娘が黒人のハーフ(その設定必要?)
  • 将也の同級生の顔に×印が付いている(目ざわりじゃない?)
  • 将也にいじめられていた硝子が将也のことを好きになる(なんで?)
  • 硝子まで自殺しようとする(だからなんで?)
  • 硝子の妹が自分のことを「俺」と呼び、男に間違えられるキャラ(それ必要?)
  • 結局最後はみんな友達だよねで終わる(だからなんでってば?)

すごく軽々しく「自殺」という重い題材を使っているのがまず嫌ですね。それも生きるか死ぬかという深刻な問題に直面している割にはその理由や動機がちゃんと描かれていないんですよ。なんだよ、自分は生きてちゃだめなんだって。なに自分に酔ってるの? さむぅ。

高いところから飛び降りようと思ったけど、やっぱりやーめたみたいなノリで話が進んでいくから、そんな奴らの悩みに付き合ってられないじゃないですか。

ちゃんと悩みを掘り下げようとしないから、登場人物たちがなんの問題を抱えて、いちいちあんなに感情的になっているのか、全然伝わってこないのがダメですね。

あと、結局のところみんなが聴覚障害を持った硝子に対して、なんであんなに大騒ぎするのかが謎なんですよ。

いじめ方はひどいし、残酷だし、普通ならとてもあんなことをされて、また数年後友達になろうなんて到底思えないけどね。補聴器を無理やり外されて、捨てられるとかありえないでしょ。一生恨んでもいいレベルじゃん。

それなのに友達どころか挙句の果てにはいじめっ子の将也のことを硝子が好きになっちゃてるし、なんのこっちゃさっぱりでした。

また、将也をはじめクラスメイトたちがいつの間にか硝子のために手話を習得していたり、いちいちエピソードが胡散臭いのが笑えます。手話、舐めんじゃねえよって。それになんでみんながみんな硝子中心で生きてるんだよ。暇人かよ。

ホント、なにからなにまで雑だよね。もしかすると、原作読んでる人はもっと理解ができるのかもしれないけど、映画から入った僕からしたら、なんのバイトしたら高校生が170万円も貯められるのかとか、黒人のマリアちゃんのお父さんは一体誰なのかとか、そもそも将也の姉ちゃんはなんで出てこないのかとかのほうが気になって、メインのストーリーがちっとも頭に入ってきませんでした。

基本的に障害者をものすごく差別して描いているのも気になります。障害者だから学校では当然いじめられるだろうし、自殺も考えるだろうし、あるいは逆にみんながすごく彼女のことを構うだろうし、優しくするだろうっていう偏見の塊でストーリーが成り立っていて、誰一人硝子とフラットに接しないのがバカですね。

こんなにイライラさせられる映画も珍しく、下手したらこの映画自体がいじめなんじゃないのかなって思えてきました。だってトラウマになったもん。二度と見たくないです。

コメント

  1. サクラ より:

    気持ち悪いは無いと思う、

  2. ――― より:

    批判することないだろ別に、文句ばっかり言うんだったら自分で人気の出る物語作れるようになってから言え

    • そのまんま より:

      プロ野球の試合を観て「なんで打てないんだバカヤロー!」ていう人に対して、「じゃあお前がプロ野球選手になって打ってみろ!」ていう人、私の知る限りでは見たことも聞いたこともない。

      なのにどうして映画って、結果的に批判めいた評価をすると、「じゃあお前が作ってみろよ!」てなるんですかね?不思議。

      世に出た時点でそれはあらゆる評価の対象となるわけで、個人個人がどう思おうとそんなの自由なわけじゃないですか。

      私もこの「聲の形」を観ましたが、ここのHPの管理人さんとほぼほぼ似たような感想を抱いたクチです。でもそれの何が悪いっていうのか?本当日本人って、右へ習いに陥りやすいですよね。w

      • 映画男映画男 より:

        自分の好きなものを批判されたときに、その人の性格が出ますよねー。ふーんで終わればいいものを、お前が作ってみろよって言っちゃうところが幼稚ですよね。

    • 匿名 より:

      理解できなかったんだったら複数回みろよ。一度見ただけで全否定とか、小学生の思考と一緒。それだと小説もまともに読めねぇだろ。

  3. 名無しのごん蔵 より:

    主人公の将也が高い橋から飛び降り自殺をしようと考えていた(なんで?)
    →自分で生きてちゃいけない奴だからって言ってただろ

    将也は自殺するのをやめた(なんで?)
    →母親に言われてただろ自殺やめなきゃ働いた金燃やすって、それで自殺やめるっていってただろ

    将也はいつの間にか手話を覚えていた(なんで?)

    →なんで?じゃなくて西宮に会いに行くために覚えた

    自殺前に将也はバイトして170万円貯めた(なんのバイト?)

    →スーパーのバイトちゃんと映画でワンシーンがでてくる

    硝子の妹が自分のことを「俺」と呼び、男に間違えられるキャラ(それ必要?)
    →そんなこと言い始めたら至る映画でそれいる?ってことになるぞキャラクターの魅力を出すため、そういうキャラでみてほしいからそういう設定なんだろ

    ただ批判するだけのために無理やり理由集めてるだけやんけお前

    映画ちゃんと見ろよw
    こんなやつとは絶対映画みたくないわ

    • 映画男映画男 より:

      だからそれぞれの理由が浅いんだよって。なんだよ、俺は生きてちゃいけない奴なんだって。あんな理由で自殺しなくちゃいけないんだったら全員死亡だよ。自己陶酔にもほどがあるんだよ。自殺やめなきゃ働いた金燃やすって言われたぐらいで、「はい、やめます」っていうぐらいの悩みの深さなのかよ。だったらそもそも自殺なんて考えるんじぇねえよ。くっだらねえ。

      スーパーのバイトで高校生が170万円ためるのに何年かかるよ?貯まる頃には高校卒業してるわ。西宮に会いに行くためにさくっとおぼえられるほど手話簡単じぇねえよ。舐めんなよ。ちゃんと見るとかの前に設定が全部穴だらけなんだよ。

  4. 匿名 より:

    マイナス100点とは、さすが辛口サイトです。私は硝子がかわいいのもどうかと思いましたし、障がいだから、いじめられるんでしょ?って感じがしました。昔は好きだったんですけど、今見ると、あれ?これいじめっこを美化してない?って思いました。結局顔がダメだったら、忘れるんだろ?って、思ってしまいます。

  5. ルル より:

    ほんとその通り。原作既読。
    自殺する理由にしても何でも、すべてが浅い。
    主人公も作者も思いつきで行動してるんだろうねぇ…。
    ファンが「それが青春だ!」とか言いそうで怖いわ・・・(笑)

  6. ぜん より:

    聾唖の人間でも全ての人が手話を理解しているわけではない等の現実を踏まえると、この映画の手話の描写は杜撰でリアリティがなく、とってつけたような障害者描写を加えただけの青春ファンタジーとしか言いようがありませんでした。
    映画男さんの仰るように、習得の困難さを無視するかのような物語を作る作り手たちははっきり言って手話を舐めてると思います。

  7. めい より:

    リクエストしました。ありがとうございました!
    未来のミライよりはマシなんじゃないかと期待していたのにまさかのマイナス100点!!
    いや、むしろトラウマレベルの胸糞悪さを抱かせ感情を揺さぶったという意味では逆に評価できるかもしれません。
    20点超の映画をリクエストできるように頑張ります!

    • 映画男映画男 より:

      リクエストありがとうございました。次は面白いのをお願いしますね。

      • えり より:

        この映画をきちんと見た人なら将也が自殺しようとした理由などになんで?と思ってしまうようなことはないはずです。批評をするならまずしっかりと見て、考察してからにしてください。腹が立ちます。
        あと、将也は3年生で一人暮らしでもないので170万円くらい貯められても全くおかしくないと思います。

  8. qr より:

    毒吐きますね〜。カッコいい・・・

  9. りゅぬぁってゃ より:

    ヒロインは「加害妄想」がある設定があるらしく、何でも「自分が悪いんだ!よく分からないが自分のせいなんだ!」と自虐してしまう性格らしいです。
    逆に「俺は悪くない!アイツのせいだ!社会のせいだ!運のせいだ!」と思うタイプの人とは相性が悪い映画 って考察を幾つか見かけました。

  10. )( より:

    理解でき無かったんだったらもう一回見るぐらいの事考えろよ。一回見ただけで全否定とか小学生の思考と変わらない。しかも作品に対して気持ち悪いとか、批評なんてするべきじゃあ無いと思う。

    • アホらし より:

      この糞ブログの様に、ろくに理解も出来ず、障害者って所にこだわって得意顔のウザい批判。公開当時から腐る程見て来たわ。ちょうど感動ポルノって言葉が流行ってたしな。
      3年もたって今更かよ。元々賛否両論有る作品だし、お前の趣味に合わなかっただけだろ。薄っぺらなブログ、時間の無駄したわ。

  11. 山本貴大 より:

    人それぞれ意見や感知感があっていいと思う
    ただ批判する立場ならなんで?とか疑問点あるなら調べたり考察した上で評価するべきやと思うんやけどな
    見る人間よっては浅くも深くもなる映画やと思うよ
    しかし、声優の早見沙織さんの演技は素晴らしかった

  12. 貴方の疑問解決いたしましょう より:

    私が貴方の疑問、解決いたしましょう。

    主人公の将也が高い橋から飛び降り自殺をしようと考えていた(なんで?)

    →将也は小学生のころ、西宮をいじめた後、自らがいじめの標的になったのはご存知ですよね?
    それでいじめの罪の重さ、辛さを経験し、自己否定を繰り返して生き甲斐もなくし、生きる意味が彼にはありませんでした。よって、自殺を決意します。

    将也は自殺する前に昔いじめていた硝子に会いに行った(なんで?)

    →自分がいじめられ、しかし硝子だけが味方であったために、心のどこかでずっと硝子に謝りたい気持ちがあったのでしょう。自殺をする前にそこをスッキリとさせたかったのです。

    将也は自殺するのをやめた(なんで?)

    →硝子が生き甲斐となっていったためです。彼には友達1人居ませんでしたからね。

    将也はいつの間にか手話を覚えていた(なんで?)

    →前述した通り、心のどこかでずっと硝子に謝りたかった(話したかった)からです。

    自殺前に将也はバイトして170万円貯めた(なんのバイト?)

    →ご覧になればわかるかと。

    将也の姉の娘が黒人のハーフ(その設定必要?)

    →そうですね…原作にはちゃんと描かれてあったのですが、確かに説明なしだと疑問に思う方も居るかもしれませんね。ですがまあ映画から私は入りましたが、何も疑問を抱かなかったため、それは個人がどう思うかですね。

    将也の同級生の顔に×印が付いている(目ざわりじゃない?) 

    →そうは思いませんでした。自分の殻に閉じ籠る表現としては素晴らしいと思います。

    将也にいじめられていた硝子が将也のことを好きになる(なんで?)

    →それは硝子にしかわかりません。小学生の頃から将也とは友達になりたかったからってのも含まれると思います。(同じ「しょーちゃん」呼びで親近感を持ったからか将也とは友達になりたかった) 

    硝子まで自殺しようとする(だからなんで?)

    →上野の言葉を覚えていますか?「あんたのせいで滅茶苦茶になった」
    この言葉通り、硝子は自分が居ると皆のストレスが溜まり、周りの友達の関係を悪化させるため居なくていい存在だと思ったからです。

    硝子の妹が自分のことを「俺」と呼び、男に間違えられるキャラ(それ必要?)

    →これも原作を読まないと理解できない方もいるかもしれませんね。硝子は障害を持っているために、ずっといじめられてきました。それを守るために結弦は自らを男っぽくしていじめっこを追い払うようになりました。
    まあ最初は私も男かと思いましたけどね。男かと思ったら女 その段階が面白いから良いじゃないですか。

    結局最後はみんな友達だよねで終わる(だからなんでってば?)

    →ここは将也が自分の周りには自分を想う人たちがちゃんと居ることに気付く演出です。
    1人で孤独に生きてきて自殺を考えた将也が、大切なものに気付くのです。

    疑問は解消されましたか?

    • 映画男映画男 より:

      わざわざありがとうございます。そもそもなにかつらいことがあったら即自殺のように、自殺を軽々しく描いている時点で、どんな説明をもってきても、僕の疑問は解消されることはないと思います。この映画の問題点はすべてを必要以上に感傷的にしている点です。

      • たけし より:

        友達に教えてもらってこの映画を見て、なにも思わなかったってことはないけれど、なにを思ったかと言われると答えられない。
        だからとりあえず感想や考察を調べてみたら、賛否両論ということがわかった。
        いい映画と思うのも、納得がいかないと思うのもどちらもあって、私はどちらでもあるし、どちらでもないのかもしれない。
        受け取る側にそう思わせてしまう映画自体がそもそもどうなんだろう。受け取った側が一人一人思うように解釈してくださいね、っていう言い方を変えると最後はこちら側に投げてしまうのはいいのだろうかと、内容以外のことが気になり始めてしまった。

        話が逸れてしまったし、なにを言いたいのかぐちゃぐちゃになってしまったけれど、とりあえすば、他者の意見
        共感できることもできないところも、知ることができたのはとても良かったです。ありがとうございます。

        • 映画男映画男 より:

          この映画の場合は解釈を視聴者にゆだねるというより、そもそも解釈する気も起らないのが問題です。

  13. tkosst より:

    逆にこの映画の良かったと思ったところはどこですか?

  14. 佐藤 より:

    今回この記事を読ませてもらった最初の感想は驚きと怒りでした。人気があり、自分もかなり好きだった映画だし、支えになっている映画でもあり否定されたと感じたからです。ただ映画男さんの主張を考えていくと一理あるということもあれば違うと思うところもありましたのでコメントさせていただきたいとます。

    まず、自殺の扱いが雑だというのは
    賛成です。硝子の自殺のシーンなんか自殺としては美しすぎます。花火が上がっているときに、美女が美しく自殺してゆく。文科省はこの映画とコラボしていじめや自殺の防止に役立てようと考えているようですが、これでは逆に自殺を助長する可能性があると感じます。自殺はもう少し、グロテスクで地味で残酷なものだと思います。

    また、ラストもみんな友達で仲良くというのは少し飛躍し過ぎていると思います。河合なんかほぼ変わっていません。
    壮大な音楽で納得させられたいたんだと感じました。論理ではなく、曲や映像を使って感情に直接訴える方法はメディアや権力は使いますが、芸術としての映画としてはもう少し論理を練った方が良いかと感じました。

    しかし、反対の部分もあって、映画男さんが挙げられていた説明不足だという最初の10項目は説明すべきではない、もしくはしなくてもいいと思います。どういう説明の仕方にするかにもよりますが、将也の自殺の理由や将也がなぜ硝子に会いに行ったかということは全部説明すると身も蓋もなくなってしまうと思います。また、映画を見た人同士がなぜかということを議論し合うというのも良いと思います。それを考える材料が少ないということでしょうか?

    また、顔の✖️印ですが、意見は分かれると思う挑戦的な手法ではありますけど、面白いやり方ではあると思います。絶対にない方がいいとは言い切れないと思います。

    最後に、なぜ硝子があんないじめを受けていたのにもかかわらず、将也のことを好きになったのかということですが、これは映画でフィクションで現実には絶対に起こらないことが起こる場所だと思うのでそこは突っ込まなくても良いかと思います。確かに意味不明ですが、いまある映画ほとんど、実話を元にしたもの以外は絶対に有り得ないことが起きている気がします。例えばいきなり声かけて恋愛に発展するとか。不審に思われて終わりだと思います。この映画に関しては重い内容だから慎重になるべきだとは思いますが、ファンタジーとして処理しても良いと私は思います。

    この作品は重い内容ですし評価もされていて、批判しづらい中で映画男さんのこの意見というのは貴重であると思います。

    • 映画男映画男 より:

      僕は特に重い話でもないのに、無理やり重くしようとしている印象を受けてしまいましたね。

  15. ななななし より:

    私もこの映画は苦手でした。
    ラストはしっかり泣きましたが、、、笑
    でも、何となく気持ちが明るくなる物語ではないように感じました。
    結局、障害者&イジメって言うテーマが非現実的なアニメの割に重たいんだと思います。
    原作だとラストは成人式での再会で皆少し大人になっていて前向きに感じるのですが、映画は中途半端…と言う印象でした。
    一緒に観に行った旦那は凄く好きだったらしくパンフレットと漫画全巻購入していました。
    正直、色んな所で評判が良いこの映画の良さがイマイチ分からなくてモヤモヤしていたのですが
    映画男さんも酷評で少し安心しました笑

    感じ方は人それぞれなんだと思います。

    因みにに私も天気の子の良さは全然分かりませんでした。
    君の名はの方は大好きなんですけどね…