【動画フル】2001年宇宙の旅は映像がすごいだけ!ネタバレと解釈

この記事は 約7 分で読めます。

映像はすごいのにストーリーと編集でミスってるもったいない作品。確かに今でも見れるけど、面白くないから傑作とはいえないです。42点(100点満点)

2001年宇宙の旅のフル動画を見るならU-NEXT

2001年宇宙の旅のあらすじ

2001: A SPACE ODYSSEY – Trailer

人類の夜明け(THE DAWN OF MAN)
遠い昔、猿人が他の獣と変わらない生活を送っていた頃。ある日猿人たちの前に、黒い石板のような謎の物体「モノリス」が出現する。やがて1匹の猿人が謎の物体の影響を受け、動物の骨を道具・武器として使うことを覚えた。

獣を倒し多くの食物を手に入れられるようになった猿人は、反目する別の猿人の群れに対しても武器を使用して攻撃する。一匹の猿人を殺害し、水場争いに勝利した猿人が、歓びのあまり、骨を空に放り上げると、これが最新の軍事衛星に変る(人類史を俯瞰するモンタージュとされる)。

月に人類が住むようになった時代。アメリカ合衆国宇宙評議会のヘイウッド・フロイド博士は、月のティコクレーターで発掘された謎の物体「TMA」(Tycho Magnetic Anomaly, ティコ磁気異常、通称「モノリス」(一枚岩))を極秘に調査するため、月面クラビウス基地に向かう。調査中、400万年ぶりに太陽光を浴びたモノリスは強力な信号を木星に向けて発した。

wikipediaより

読者のタライさん、あおたさんからのリクエストです。ありがとうございます。

2001年宇宙の旅の感想と評価

アーサー・C・クラークの短編小説「The Sentinel」から構想を得て映画化したSF超大作。

監督は「シャイニング」、「アイズワイドシャット」、「ロリータ」、「博士の異常な愛情」、「時計じかけのオレンジ」、「フルメタル・ジャケット」などで知られるスタンリー・キューブリックです。

1968年公開の映画ながら圧巻の映像美で視聴者を魅了する約2時間半にも渡る宇宙旅行で、公開当時に見た人が受けた衝撃は想像に難しくないです。

60年代の時点ですでにスカイプ(テレビ電話)、薄型テレビ、タブレット、AIなどのアイデアを持っているところはさすがとしかいいようがないし、映像技術に関しては現在の日本のSF映画よりもよっぽど優れていますね。

スタンリー・キューブリックの映像へのこだわりには脱帽します。宇宙船内のそれぞれの部屋の完成度など、いちいちデザイン力が高いですよね。でも映画監督というより、むしろカメラマンや画家といった印象を受けるんですよ。

「恋する惑星 」のウォン・カーウァイ監督とかもそうだけど、映像がどれもとにかく綺麗なのに肝心のストーリーがスローでつまらないっていう致命的な問題を抱えていて、この作品も例外ではないです。

ストーリーテリングについてはスタンリー・キューブリックはそれほど優れているとは思えないし、芸術家ぶってて鼻につくところが多いです。物語の中に必ずダレる時間帯が30分はあるでしょ? あれが嫌なんですよ。

アイズワイドシャット」がほとんどダレないのはエロスの力だし、「シャイニング」が楽しめるのはそこに恐怖があるです。つまりホラーやエロティックといった強い刺激がないとスタンリー・キューブリックはきついってことです。

それにしてもあのテンポの悪さはどうにかならなかったんですかね。冒頭の猿の下りに20分以上使う必要ありますか?あんなもん5分でいいじゃん。

さらにラストの無限の宇宙の彼方の下りでは3Dゲームみたいな映像が延々と続いて、目をそらさずにはいられません。ラストもあんなに時間をかけなくてもね。

ハラハラするのは人工知能のハルが反乱を起こす下りぐらいでしょうか。あれももうちょっとBGMで盛り上げてくれたらいいのに無音か機械がシューシューいうだけでせっかくの興奮が盛り上がらなくなっていましたね。

一方でうっとうしいクラシックを多用したり、あれにはちゃんとした意図があるというのはごもっともなんだけど、決して映画を面白くしてはないですよね。

この映画は傑作だ、なんだとよく持ち上げられますが、じゃあ毎年見たくなるかって言ったら見ないでしょ? だって長いもん。娯楽性に欠けるし。僕が見るのは今回で2回目で、もうできれば見たくないです。時間の無駄だから。

時計じかけのオレンジ」とかも二度と見たくないもん。素晴らしい部分もあるのにそう思わせちゃうのがもったいないですよね。

視聴者の間でラストシーンの解釈など様々な議論を呼び起こしたという点においてはスタンリー・キューブリックの狙い通りでしょう。

しかしなんでああも難解なストーリーの深読み蟻地獄にみんなエクスタシーを感じちゃうんですかね。僕からすると、直接伝えてくれないことは結構どうでもいいんですよね。そんなの言わなくても分かるでしょ?みたいな人、現実社会にもよくいるじゃないですか。分かんねえよって。

もちろんときどきどんな解釈なんだろうって疑問に思う作品に出合うことはありますよ。でもテーマが神とか宇宙とか人類の進化とかあまりにも大きくなると、うぜえーってなるんですよ。学校の授業かよって。

2001年宇宙の旅の解釈と解説

ではこの映画は一体、どんなふうに解釈されているのか、巷で囁かれている人気のファンセオリーを簡単に紹介します。

人類の進化

人間がまだ猿だった時代、猿たちはウホウホいうだけで、ただのアホでした。食べ物は植物とか木の実ばかり食べていたんでしょうか。

そんな中、未開拓の土地の中に突如として謎の石板モノリスが現れます。猿たちは興味をそそられ、モノリスを囲み、それに触れます。

すると、一匹の猿が動物の死骸から骨を取り出し、それを道具として使うように進化を遂げるのでした。

道具を使って動物を簡単に殺す術を覚えた猿たちは肉を食べるようになり、その後の人間の習慣に大きな影響を与えます。

やがて猿のグループは水飲み場をめぐって別のグループに戦いを挑み、相手をこてんぱにやっつけます。

一匹の猿が雄たけびを挙げて骨を空に投げると、次の瞬間画面に宇宙船が映り、すっかり進化を遂げた人類の物語に突入します。

このことから人類の進化が一つのテーマになっていることが分かりますね。

モノリスが意味するもの

謎の石板モノリスは劇中で4回登場します。

  • 猿人類の時代に猿たちの前に現れる
  • 月面にあるのを人間たちに発見される
  • 木星の衛星軌道上で現れる
  • ベッドルームの中で現れる

モノリス地球外生命体による道具だと劇中で語られていますが、モノリスが登場する度に人類が新たなステージへと移行するのが分かるかと思います。

モノリスは猿の潜在意識を刺激し、道具の使い方を伝えたようにも見えますね。そして猿から人間に進化を遂げます。

月で現れたモノリスは、強力な信号を木星に向かって放ちます。それによって人類は木星へと動かされます。

そして人口知能のハルが暴走したことにより、ほかのクルーは死んでしまい、ボーマン船長だけが生き残ります。

木星探査を一人で続けようとしたボーマン船長の前に再びモノリスが姿を現し、ボーマン船長はスターゲイトを通じて異次元の空間へと吸い込まれていきました。

そしてラストにベッドの上で横になる、老いたボーマン船長の前にモノリスが出現し、ボーマン船長は人類を超越したスターチャイルドへと生まれ変わっていく、というのがストーリーの流れでしたね。

一見、人類は自ら発展を遂げたように見えますが、実はそのターニングポイントには必ずモノリスの存在があったということです。

あるいはモノリスに操られていたと考えられなくもないです。このことからモノリスを神だと考えることもできるし、あるいは宇宙人が創造した生物の劇的な進化を促す高度な機械だと解釈もできそうです。

神か、それともハイテクか。いずれにしても両極端な解釈にはなりますが、突き詰めていくとなんか宗教家か無神論者かみたいな話になってきますね。あるいはあれはただの壁だっていう解釈があってもいいかもしれません。どうせ答えなんてないんだし。

コメント

  1. RenoBank より:

    なるほど、初めてわかった。

    何度となく観た映画ですが、僕はさっぱり意味不明でした。
    ブログ読んで、なるほどそういうことだったのかとちょっとわかった気がします。
    ようするに退屈でしょーもないってことですね。
    やっぱり、オレの直感ってすごいなぁといま思う次第です。

    • 映画男 映画男 より:

      直観大事ですよね。分からなくて普通だと思います。だって説明する気がないんですから。そういう映画は基本しょーもないですよね。

  2. ろってんまいやー より:

    IMAX上映で観たんですけど、
    やっぱりデカいスクリーンで観るに堪える映画っていいなぁと思ってしまいました。
    あーいつ始まんだろう?って言うオープニングを抜けて、言わずもがな有名になってしまったオープニング、スクリーンプロセスの人類の夜明け、モノリスとの出会い(未知との遭遇?)、そしてHALの暴走。
    細かなサウンドデザイン(うるさいとこもある笑)と映像美。ストーリーは薄いかもしれないけど、「ああ、映画館って、その為にあるのか」とまざまざと見せつけられた気がして、なんかめっちゃ感動でした。
    なんか、うまく表現できんけど、分かりやすいだけの映画の方が面白いっちゃ面白いが、どっか幼児番組的で嫌にも思えてしまいますよね。
    なかなか頃合いが難しいですよね。

    まあ、この作品、色々狂ってることは間違いないっすよ笑笑

    • 映画男 映画男 より:

      確かにわかりやすいだけだと幼稚になるし、難しすぎると退屈になるし、そのバランスが大事ですよね。まあ、最終的には好みの問題かなぁと思いますが。

  3. 匿名 より:

    この映画気になっていたので、見てみました。喋るシーン少ないし、退屈で途中でやめようと思ってしまいましたけど、なんとか最後まで見れましたけど、最後私にとっては、ホラーでしたよ…トラウマになってしまいました。映画男さんの記事を見てやっと理解出来ました。ありがとうございます。

    • 映画男 映画男 より:

      ありがとうございます。途中でやめようと思うのは仕方ないです。ラストはホラーでしたね。