ブギーナイツ(原題 Boogie Nights)

55点(100点満点)
昨日に続きポール・トーマス・アンダーソン監督の作品をご紹介。

ストーリー
1977年のLA。ディスコで皿洗いをしていたエディは、ある日有名なポルノ映画監督に男優にならないかとの誘いを受ける。思い切ってポルノ業界に飛び込んだ彼はデビュー後、大きなイチモツを武器に瞬く間に売れっ子俳優に成長。数々の賞を受け、ヒット作品を連発したことで人生は順風満干に行くかと思われた。しかしエディはドラッグや名声に溺れてしまい、監督ともケンカ別れしてしまう。頂点からどん底に落ちた彼はもう一度復帰を目指すが、すでに時代は背を向けていた。

感想
ポルノ業界の光と影の時代、そしてそこで生まれたスターの成功と転落の人生を描いた作品。面白いエピソードがちらほらあって見ていて飽きることはない。ただ、いまひとつ物足りなさはある。なんていうか「驚き」がなかった気がする。普通に面白いけど、最後まで普通に進んで、普通に終っちゃったという感じ。やっぱりどこかで脱線して欲しかった。

フィリップ・シーモア・ホフマンのゲイ役ははまっているけど、ジュリアン・ムーアがポルノ女優っていうのはちょっと無理がありましたね。でも基本的にこの映画の出演者のチョイスは好きです。ウィリアム・H・メイシーは名脇役だと思います。彼とセックス狂の妻とのやり取りは笑えました。あんな女が実際にいたとしたら、男に残された道はやはり心中しかないのかもしれませんねえ。

成功だけの話だったらコテコテのハリウッド映画ですが、この映画はその先の転落までを描いていて好感が持てます。上手くいかなくなったときにこそ人の本性や本質が表れ、人間ドラマが生まれます。調子がいい時には人にも恵まれ、そして悪くなると人が去っていく。単純なストーリーだけれど、人生のむなしさを感じさせてくれるのがいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
50点台の映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント