君の膵臓をたべたい

この記事は 約5 分で読めます。

日本のエンタメのレベルの低さを象徴する、脚本、演技、ストーリー、演出の全てが素人レベルの作品。余命わずかを売りにした、お涙頂戴物語で、どこにも泣けるエピソードが出てこないです。マイナス3万点(100点満点)

映画君の膵臓をたべたいのあらすじ

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

シネマトゥデイより

読者のバイファムさんのリクエストです。ありがとうございました。バイファムさんからはこんなメッセージをいただいています。

こんにちは!

僕はあまり劇場で映画見ないほとんどTSUTAYAでDVDとかで済ませちゃうようなタイプの人間なんですが、そんな自分が今年劇場で見た映画でちょっと感動した映画がありましたので、映画男さんにもぜひとも文句をいってもらいたいと思い、リクエストします。

住野よる原作の青春小説を映画化した作品、月川翔監督の「君の膵臓をたべたい」です。

この映画は、小説と同じ展開と、その後彼らがどうなったかの映画オリジナル展開を時系列を分けながら展開する形になっています。

僕はこのタイトルを聞いて「あー、多分女の子が膵臓癌かなんかかかって、なくなる前に大切な時を過ごすみたいなセカチュウみたいな映画なんだろうなー」って思って見てました。

まあ、実際その通りなんですが、最後は想像のつかないような最後で幕を閉じます。それでも自分には展開が唐突過ぎて拍子抜けしてしまった感が否めないかなと思いました。

しかし、それ以上に僕はこの映画におけるヒロインの桜良を演じる浜辺美波さんの演技がとても素晴らしいと思いました。終盤の彼女の本音を吐露するシーンはかなりきましたね(笑)。

いろいろと映画的には欠点あるかもしれませんが、浜辺美波のアイドル映画として、見る価値ある映画だと思いました。

ですので映画男さん、どんな点数でも受け入れますので、是非ともレビューしてください。

本当にお願いします。今も、過去の文句とかよく見ているので、その中にこの作品も加われば、僕はとても嬉しいです。

よろしくお願いします。

では文句行きます。

映画君の膵臓をたべたいの感想

月川翔監督による、映画史上に残る最低の駄作で、リクエストがなければ絶対に見なかった、5分で見る気が失せる吐き気のする作品です。

バイファムさんのメッセージを読んで改めて思ったのは人間というのは決して分かり合えないんだなあ、ということです。こうも違った感想を持つ人が世の中にいるというのは驚きです。それでもリクエストに熱意があったのでお応えすることにしました。

この映画のダメな点を挙げていくと本当にキリがないんですが、ざっと挙げるとおおよそ次のようなところです。

  • ストーリーがざっくりすぎる
  • 主演二人の演技がクソ
  • 脚本がクソ
  • リアリティーがなさすぎ
  • 結局、「君の膵臓をたべたい」が言いたいだけ

ヒロインが膵臓の病気でもうすぐ死んじゃうっていうのが大雑把すぎで、ふざけすぎです。膵臓の病気ってなによ? 膵臓癌なの、それとも膵炎? わざわざ膵臓って指定するぐらいなら、せめて病名出せよ。

それに余命数年ってなかなか長いよね。余命数年もあるのに高校生がもう死ぬってことを決めつけてるのがよく分からないんですよ。普通必死になって治療方法探すでしょ。それともその歳で悟り開いたの?

主演の二人が笑っちゃうぐらいのレベルの演技してますね。よくオーディション通ったな。学校の人気者で余命わずかな女の子、山内桜良を演じるのは浜辺美波。

彼女は松田聖子の高校生バージョンともいえるキャラで、過剰なぶりっ子演技を最初から最後まで突き通します。

いかにも演技してますっていうセリフの言い回しがひどく、役作りは全然できてないし、そもそも余命わずかなのになんでお前が登場人物の中で一番元気なんだよ。死ぬ直前だけ、メイクして顔色を悪くすればいいなら誰でもできるじゃん。

恋人役の僕を演じるのは北村匠海。彼はクラスで一番さえない男という設定なのに、普通にイケメンだし、イケメンの雰囲気を消せてないし、セリフの言い回しは棒読みだし、これ全国で上映できるレベルじゃないでしょ。

とにかく脚本がクソですね。こんなこという奴、日本中探してもいないよっていうことしか言わないんですよね。いちいち二人のやり取りがじれったく、まどろっこしく、思わせぶりで、こんなセリフの掛け合いが永延と続きます。

「君は親友とかいるの?」

「なんでそんなこと聞くの?」

「なんでって知りたいから」

「本当は僕に興味なんてないくせに」

こんな会話を二人きりでスイーツを食べながら言ったりします。

「うちのクラスで誰が一番可愛いと思う?」

「何を言い出すんだよ、急に? 僕は人を見た目で判断しないんだよ」

「見た目のことを聞いてるの」

「数学が得意な子」

「ヒナ? 私じゃないんだ?そっか、ああいうのが好きなんだ。ヒナが一番なら私は何番目?」

こんな会話を高校生の男女が高級ホテルのスイートルームで話したりします。なにこの現実感のないシチュエーション。これ書いた脚本家絶対童貞だろ。

物語の冒頭ではいきなり、「昔の人はどこか悪いところがあると、他の動物のその部分を食べたんだって。そうしたら病気が治るって信じてたらしいよ」などとタイトルの説明から入ります。

奇をてらったタイトルをドヤ顔で説明される寒さ分かるかな?なんでそれとなく伝えれることできないのよ? 一度ならまだしも、それから何度も何度も「君の膵臓をたべたい」っていうセリフが登場し、段々、それが言いたいだけじゃんっていうレベルにまで達します。

挙句の果てには「私は君になりたい」とか言い出すし、思考回路がおかしくなっていくのが笑えました。一番腹が立ったのはなんていっても二人が最初のデートでスイーツを食べにいった下りです。

レストランの名前はスイーツパラダイス。内装が可愛いレストランだからっていくらなんでも男女比がおかしいだろ。スイーツ男子舐めんなよ。俺がどんだけシュークリーム好きだと思ってんだよ。

>>「君の膵臓をたべたい」はU-NEXTで視聴できます。

コメント

  1. shutube11 より:

    初めまして。
    僕にとって実に有益なブログサイトになりました。やっと見つけた!という思いです。
    映画男さんのお陰で、くだらない映画のために時間をクソまみれにしないで済みます。
    本当に助かってます。
    amazonやNetflixから毎日怒涛のごとく新作押し売りが来るのですが、僕のようななまくらマニアには、どれを観たら良いのやら、なかなか見当をつけるのが難しい。
    有名な映画評論家の言われるがままウロウロしてましたが、どうもなぁ・・これが・・?
    首をかしげることもしばしば。
    まぁ、究極は好みの問題とは言え、フィーリングの合う方と巡り会えて良かったです。

    SNSもあまりやらないので、こちらで応援メッセージさせていただきました。

  2. バイファム より:

    レビューしてくださり本当にありがとうございます!

    遅ればせながらレビュー読ませていただきました。

    ものの見事に玉砕ですね(笑)

    でもすいません、自分やっぱこの作品は個人的には好きです。

    でもこんな自分のリクエストに真摯に答えてくださり本当にありがとうございます。

    今後も映画男さんの文句楽しみにみます。

    • 映画男 映画男 より:

      リクエスト&コメントありがとうございます。
      好きなものは好きでいいと思います。僕の意見なんて無視して、これからも自分の好きな映画を探してくださいね。

    • あこや より:

      バイファムさん
      こんにちは。私は原作を読んで、映画も見たのですが見事に玉砕で笑ってしまいました。バイファムさんがリクエストしてくださったおかげで、怖いもの見たさではありましたが映画男さんの文句が読めてよかったです。

  3. バイファム より:

    あこやさん

    こんにちは。

    返信遅れてすみません(。-人-。)
    諸事情でサイトを見れなかったので今コメント知りました。

    僕もこの映画見れてとても良かったと思います!映画男さんの文句もずばって斬ってくれたのである意味爽快感あってよかったです。

  4. パンチマン より:

    俺はお前の膵臓を蹴りたい!は本当にセンスあると思う
    君が書いている、ほとんどのレビューは嫌いだけど、
    この吹き出しだけは好きになれた