2017/12/06

裏切りの街

演技が自然で、脚本が上手くまとまっている不倫ドラマシリーズ。東京に住む男女のあるある裏切りエピソード万歳です。60点(100点満点)

裏切りの街のあらすじ

平凡な日常を送る専業主婦の橋本(寺島しのぶ)は15歳も離れた年下男性の菅原(池松壮亮)と出会う。彼には同棲している恋人が、自身には夫がいることを互いに知りながら、はっきりとした目的もないままに中央線沿いの狭い街の中で二人は逢瀬を重ね、遂にはカラダを重ねていく・・・。

終わりのない空虚な現実から逃げるようにして、身を寄せあう二人の逃避行。 しかし、ある出来事をきっかけに二人を待ち受けていたのは、あまりにも非情な現実だった・・・。 愛なんていらない。満たして欲しいのは心のスキマ-。

dtvより

裏切りの街の感想

ボーイズ・オン・ザ・ラン」、「愛の渦」、「何者」でお馴染みの三浦大輔監督によるdtv製作の不倫ドラマ。ネットで知り合った若い男と中年女のドロドロの浮気の様子をリアルに描いたシリーズです。

物語は、彼女と同棲中の菅原と専業主婦の橋本が出会い系で知り合うところからスタートします。二人には年齢差があり、一見話も合わなさそうですが、日中なにもせず家でテレビを見ているという点において共通点があり、お笑い芸人の話などで盛り上がります。

出会い系を使った理由はなんとなく。特にパートナーに不満があるわけではなく、なんとなく刺激を求める二人は最初こそぎくしゃくするものの、次第に打ち解けていき、お互いにのめり込んでいく、というのが筋書きです。

ストーリーは、ベタで特に目新しいものはありません。それでもテンポが良く、それなりにサプライズがあるので、飽きさせないです。

これがシーズン4ぐらい続くのなら結構きついものがあるけれど、1エピソードが20分ぐらいで、全6話なのでサクっと全部見てしまいました。

出演者がそれぞれ役にはまっていましたね。最近のちょっと色気のある作品の若い男はだいたい池松壮亮で、中年の女を脱がすとしたらいつも寺島しのぶ、というお約束のキャスティングですが、それでもそれぞれが自分の役作りには成功していました。

裏切りの街の出演キャスト

メインの登場人物はこんな俳優たちが演じています。

菅原 – 池松壮亮

本シリーズの主人公にして最大のクズといえばこの菅原。仕事もせず毎日ダラダラして過ごすニートで、口では一端のことを言う負け犬キャラ。自分の彼女に飽き、中年女性とセックスフレンドになったことがきっかけで、落ちるところまで落ちていきます。

橋本智子 – 寺島しのぶ

無口でシャイな専業主婦がこの橋本智子。自分に自信がなく、いざ出会い系で男と知り合っても、気まずくなってすぐ家に帰ろうとする、挙動不審キャラ。

旦那には文句一つ言えない従順な妻を演じ、裏では若い男と浮気をし、旦那にプレゼントを買ってそれをごまかすという腹黒さも持ち合わせています。

里美 – 中村映里子

男に頼られることに大きな喜びを感じる女が菅原の同棲相手の里美。バリバリ働くOLで、気遣いができ、菅原の欠点を全て包み込む寛大な性格の持ち主です。しかしその一方で里美も里美である秘密を抱えています。

橋本浩二 – 平田満

橋本智子の夫にして、地味なサラリーマンの男といえば橋本浩二。普段から妻に優しい愛妻家で、ときどき部下と飲みに行くぐらいで、それ以外のときは家に真っ直ぐ帰ってくる真面目な男。妻の浮気に気づいていても、目をつぶり、じっと耐えるようなところがあるのに、彼にもまた大きな秘密があります。

今井伸二 – 落合モトキ

菅原の親友のチャラ男といえば伸二。菅原の口裏合わせによく利用される友人で、菅原とよく似たゲスキャラ。口が上手く、嘘をつくのも平気な性格の持ち主で、最後は見事に裏切ります。

裏切りの街の見所は濡れ場

それぞれ現実感のある自然なキャラなんですが、なんていっても池松壮亮扮する主人公菅原のキャラがゲスくて、クズでいいですねぇ。

菅原は同棲している彼女に養ってもらっているヒモで、バイトも探さず、テレビばかり見て、友達と遊びに行くことを口実に出会い系で遊ぶようなダメ男で、「明日から俺、まじで生まれ変わるから」などと彼女にいちいち宣言するのが笑えます。

そんな男に限って浮気を隠すための言い訳やアリバイ作りに関してはやけに知恵が働き、彼女に対して巧妙な心理戦をしかけるのが悪いですねぇ。

女好きだけど、男らしいかと言ったらそうじゃなくて、浮気相手をホテルに誘うときにはモジモジしたり、なかなか自分の言いたいことを言い出せないヘタレな一面もあり、こんな奴いそうだなぁと思わせるキャラクターに仕上がっていました。

それに対して主婦の橋本は真面目すぎだし、年下の男の子にも敬語だし、ちょっと嘘っぽい設定になっていましたね。ああ見えて、すごい乱れるとかだったらもっと面白かったんですけど。

橋本よりむしろ彼女の旦那のほうが面白いです。

「自分で夕飯作って、適当に食べておいたからね」

「自分でお風呂沸かして、お風呂先に入ったからね」

妻が家事をしなかったときにわざわざ自分でやりましたからアピールをしてくる旦那。うざいけど、ああいう男いそうだわぁ。

不倫ドラマといったら見せ場はやはりセックスシーンでしょう。しかしこのシリーズに視覚的なエロスはありません。ヒロインの寺島しのぶはちゃんと脱いでるし、池松壮亮も尻を出して頑張っていますが、特別エロいことはせず、絡みのシーンは至ってノーマルでした。

その代わりセックスの音だけは生々しいです。特に挿入しているときの音はかなりリアルで、生で入れるピチャピチャ音の再現がやばいです。あの音だけで興奮しましたね。言っておくけど15歳未満は視聴禁止だからね。

>>「裏切りの街」はdTVの無料体験で視聴できます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう