スポンサーリンク

さがすは予想できないけど辻褄も合わない!ネタバレ感想


Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/tadamon/tadamonkugaiitakute.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/tadamon/tadamonkugaiitakute.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155
この記事は 約4 分で読めます。

佐藤二朗をこれでもかと堪能するための映画。ちょっとしたグロさや怖さの見所はあるものの、いまひとつ詰めが甘い作品です。50点

スポンサーリンク

さがすのあらすじ

大阪で質素な暮らしを送っている父の原田智と娘の楓。ある晩、父がスーパーで20円足りないにも関わらずそのまま店を出たことで娘の楓が呼び出される。仕方なく楓が20円を立て替えてなんとかそこを出てくるも父は全く反省していないようだった。帰り道、智は電車の中で連続殺人犯を見かけたと娘に言う。しかし娘は智を信じようとしなかった。

翌日、智の姿がないことを楓は不審に思い、そのまま帰ってこなくなった彼を探し始める。警察に行ってもまともに事件として取り扱ってもらえず、仕方なく楓は学校の担任と同級生の力を借りて自分でビラを配るなどして探すしかなかった。

そんな中、父からに「元気にしてるから、探さないでほしい」という一通のメールが届く。しかし楓はそのメールの内容を真に受けず、父がなにかの事件に巻き込まれたはずだと確信する。やがて独自に事件を追っていく楓の目の前に連続殺人事件で指名手配されている男が現れ、、、、。

さがすのキャスト

  • 佐藤二朗
  • 伊東蒼
  • 清水尋也
  • 森田望智
  • 石井正太朗
  • 松岡依都美

さがすの感想と評価

読者のブルージャスミンさんのリクエストです。ありがとうございます。

「岬の兄妹」の片山慎三監督によるサスペンススリラー。ある日突然失踪した父親を娘が探しているうちに恐ろしい事件へと結びついていく様子を描いたストーリーです。

意表を突いたとか、サプライズ満載とか、先が読めないなどと言われている本作ですが、確かに予想できない展開になっていてその点は評価に値するでしょう。出演者の演技力も文句がないぐらい上手いし、演出と脚本はかなりハイクオリティーに仕上がっています。暴力描写もグロテスクでとことん見せる姿勢は好感が持てます。

しかしながら殺人事件に関する描写が甘く、到底完全犯罪になりえない単純な事件が自死として処理されたり、ほかの人の犯行になったりと辻妻合わせに大きな問題がありますね。警察が調べれば分かるよねっていうことを結構スルーしていて事件ものとしては未熟な印象を受けました。

邦画ってどれだけ日本の警察を舐めてるんだよっていうぐらい完全犯罪のレベルが低いんですよ。それとも大阪府警はあの程度の事件も解決できないんですか? だってお母さん、どう考えても一人じゃあんなことできないじゃん。結局、そういう緩々のパートのせいで物語にそこまで引き込まれなかった、というのが正直なところです。

テンポもいいときと悪いときがミックスしている不安定さがあります。不必要なシーンも多々ありましたね。田舎のおじいちゃんの家に行くシーン、あれいりますかね。たまたま家に泊まらせてもらったド田舎のおじいちゃんが大のAV好きで、連続殺人犯の性癖を浮き彫りにしたい意図は分かってもおじいちゃんまで殺す必要はないですよね。

物語が進むごとに視点が娘の楓、サイコパスの山内照巳、父の智に切り替わるんですが、あの視点の切り替えもそこまで効果的だったとは思えなかったです。楓の視点だけでずっといって最後に父親にたどりつくほうがよかったんじゃないのかなあ、という気もしました。

全体的にはまあまあの出来だけど、邦画にしては良作の部類に入るんでしょうかね。少なくとも最後までは見れたので。やっぱり演技が自然だとそれだけで見れちゃうんですかね。

ムクドリ役の森田望智のパフォーマンスは名演技でしたね。『全裸監督』の黒木香役もそうだったけど幅広い役柄をこなせるんですね。

楓役の伊東蒼もよかったし、 サイコパス役の清水尋也も悪くなかったです。佐藤二朗はどうでしょうね。好き嫌いが分かれそうですね。好きでも嫌いでも演技の上手さは否定できないんじゃないかなぁ。あのどこにでもいそうなおっさんっぽさは貴重ですよね。

コメント

  1. ブルージャスミン より:

    リクエスト見ていただきありがとうございます。佐藤二朗はこちらのブログで知ったので面白い縁を感じました。伊東蒼の演技が素晴らしく15歳とは信じられないくらいでした。前半は楓が中心で物語が進むのでこの子が下手だったら目も当てられなかったでしょう。というか役者さん皆素晴らしく、アイドル出演の邦画の酷さに辟易していた私にはとても嬉しかったです 笑

  2. くろろふぃる より:

    たまには良いこと言うじゃん

  3. より:

    めちゃくちゃ期待した割にはクソつまんなかった。これこそボロカス言えよ
    50点もねぇ駄作だわ