スポンサーリンク

ウィークエンド・アウェイは警察がバカすぎ!ネタバレ感想

この記事は 約5 分で読めます。

エンタメとしてはまあまあでも冷静に見ると結構アホな殺人事件ドラマ。見ても見なくてもどっちでもいいやつです。50点

スポンサーリンク

ウィークエンド・アウェイのあらすじ

ベスは親友のケイトに会うために赤ん坊と旦那を家に置いて週末クロアチアを訪れる。ベスは出産後、旦那のロブとの関係がマンネリ化したことをケイトに相談する。

その晩、二人はリフレッシュするためにナイトクラブに行き、そこにいた二人の男性と一緒に飲むことになった。ケイトはベスに今夜ぐらい夫のことを忘れて楽しみなよと浮気を勧めるが、ベスはそんな気にはなれなかった。

翌日、ベスがベッドで目を覚ますと、ケイトと一緒に宿泊している部屋が荒らされ、床に血痕がついていたのを見つける。ベスはひどい頭痛を覚え、昨晩何が起きたのかも思い出せなかった。

ケイトの姿がないのを不審に思ってベスはケイトに電話を掛けたがつながらなかった。ベスは心配になって探し回ったが、ケイトは見つからない。警察に行き、ケイトが行方不明になったと通報したが真剣に取り合ってもらえなかった。

もしかすると、昨日出会った二人の男性の仕業ではないかと思い、ベスは男たちを探すことにするが、、、

ウィークエンド・アウェイのキャスト

  • レイトン・ミースター
  • クリスティナ・ウルフ
  • ジアド・バクリ
  • ルーク・ノリス
  • アマール・ブコビッチ
  • イバ・ミハリッチ
  • アドリアン・ペズディルク
  • パート・タケラル

ウィークエンド・アウェイの感想と評価

「虹蛇と眠る女」や「アンストッパブル」のキム・ファラント監督によるサスペンスドラマ。週末の息抜きのはずだった旅行が友人の失踪によって台無しになり、凶悪事件へとつながっていく不運の連続ストーリーです。

見れる映画ではあるものの、リアリティーには欠けるし、さも辻褄を合わせているようで、ちょくちょくいい加減な設定が見受けられます。

まず、警察がアフリカの警察かよっていうぐらい適当で、まともな仕事を一切しません。あまりにも無能だから、誰でも容疑者にされちゃうし、なんなら逮捕状もすぐ出ちゃいます。クロアチアの司法制度、あんなにボロボロじゃないでしょ。

最初のストーリーラインもちょっとひっかかりますね。生後数か月の赤ん坊のいるヒロインが親友に会いにクロアチアに行く>その晩、せっかくだから羽目をはずそうとナイトクラブに行き、男に持ち帰りされる>翌日朝起きたら親友がいなくなっていた。

ヒロインはさも真面目で良識、常識、責任感のある女性といった感じで描いているのに対し、親友のほうは夫がいても浮気OKよ、あなたもじゃんじゃんしなさいよ風のパリピとして対照的に描いていました。

しかしあのヒロインがなんか最初から嘘っぽいんですよ。そもそも真面目で責任感のあるお母さんが一人目の赤ん坊がまだ生後数か月のときに赤ん坊と旦那を家に残して一人で海外旅行なんてあんまりしないですよね。仕事ならまだ分かるけど。

それは子供は母親が面倒を見るべきだとかそういう話じゃなくて、本能的にも心情的にも生まれたばかりの赤ん坊とそもそも離れたくないと思うんですよ。お父さんだってそうでしょ。

あれが家族旅行か、あるいは二人目、三人目の赤ちゃんっていうならまだいいでしょう。でも初めての子供だからね。その割にはものすごい子離れ上手ですよね。

そしていざナイトクラブに行くと、案外すんなりナンパされちゃうし、男にお酒を勧められたら何の飲み物か分からないのにごくごく飲んじゃうし、タクシー運転手には色目を使うし、ガード低くない?

親友が行方不明になってからは、ハリウッド映画お馴染みの「事件は自分で解決する」的な流れになり、あろうことかヒロインまで容疑者にされてしまいます。すでに言ったようにヒロインに逮捕状まで出てるからね。それなのに即日釈放されるし、もう意味が分かりませんでした。証拠ないんかよって。なくても逮捕できるのかよって。

そんでもって釈放されたはずなのにヒロインは警察に追われ続け、挙句の果てにはタクシー運転手まで容疑者となり、そうかと思ったら今度は警察の中に犯人がいたとかほざきます。

それでやっとオチが付いたと思ったら、最後の最後で実はヒロインの夫が犯人でした、とかありえないことを言い出す始末で、結局のところ警察が無能だった、という話に落ち着くんですよ。みんな真剣な顔してたけど、全く捜査してないんじゃないのかなあ。

それとクロアチアとヒロインの住むイギリス、ロンドンの距離感が近すぎるのも気になるところですね。飛行機で2,3時間の距離なのですぐに行けなくもないんだけど、まるで隣町かのような距離感にしてあるのが笑えます。

特に最後ヒロインが夫とロンドンで対峙するときは別にクロアチア警察に電話しても意味ないじゃないですか。彼らは管轄外なんだから助けに来れるわけないもん。それなのに刑事は「警察が今すぐ行くから」とか言ってて吹いちゃいました。フットワークが軽すぎなのか、イギリス警察ともう連携が取れてるのか、まるで真犯人のことを最初から知っていたかのような電話の応対の仕方が最高です。バカなのか、優秀なのかどっちかにしてもらいたいです。

 

コメント