アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録の感想とネタバレ

この記事は 約6 分で読めます。

若い女に狂ったバカ男が犯した決して許されない家族殺人の詳細をつづった記録映画。警察の映像が臨場感半端ないです。75点

アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録のあらすじ

American Murder: The Family Next Door | Official Trailer | Netflix

2018年8月13日、出張から帰ってきたシャナン・ワッツは深夜2時頃、友人のニコールに車で家まで送ってもらった。ところがそれ以降、急にシャナンと連絡が取れなくなったニコールが不審に思って警察に連絡する。

ニコールがシャナンの家の前で警察と話していると、そこに夫のクリスが駆けつけてきた。みんなで家に入ると、シャンの携帯が電源が消えた状態で家の中に置かれていた。

なぜか二人の娘の毛布がなくなっており、シャナンの結婚指輪だけが残されていた。まるでシャナンと子供たちは家出をしたような気配すらあった。

三人は一体どこへ行ったのか。何者かによって連れ去られたのか。それとも自ら姿を消したのだろうか。

事情が掴めないクリスはメディアのインタビューで、とにかく家族が安全でいることと一刻も早く帰ってくれることを祈っていると訴えた。しかし実際はクリスが妻と二人の娘を殺害していたのだった。さらに殺害時、シャナンは妊娠中だった。

アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録のキャスト

  • クリス・ワッツ
  • シャナン・ワッツ
  • ベーラ・ワッツ
  • セレステ・ワッツ

アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録の感想と評価

ジェニー・ポップルウェル監督による、あまりにもショッキングで、気の毒すぎる一家殺害事件をつづったドキュメンタリー。

若い浮気相手を見つけた男クリス・ワッツが新しい人生をスタートさせるために邪魔になった家族を殺害し、妻の遺体を人里離れた乾燥地帯の砂の中に、娘の遺体をタンクに遺棄した衝撃の実話です。

見ていて胸糞悪くなるので、そういう意味では「おすすめだけど、声を大にしてはおすすめできない」作品ともいえそうです。特に娘のいるお父さん、お母さんは見ないほうがいいかもしれません。

一方で実際のSNSの映像、メッセンジャーの会話、警察のボディカメラ、取り調べ映像、ニュース映像などをまとめただけで一本の良質な映画に仕上げており、映像のチョイスや編集力が光った優れた作品には違いないです。それにしてもよくもまあ警察が映画製作のためにこれだけ映像を提供してくれましたね。

一家が行方不明になってから一番最初の通報を受けたときからの重要な記録が全て公開されています。家族を自ら殺したにも関わらず、何食わぬ顔で警察がいるところに登場するクリス・ワッツの様子が気持ち悪く、白々しくも家庭内の事情を説明する下りや悲しんでいるフリをしながらメディアに家族の無事を祈る姿などは犯人が彼であることを知ったうえで見ると滑稽でしかなかったですね。

警察が事件の真相を調べていくと、徐々にクリス・ワッツと妻のシャナンの関係性が見えてきます。

二人はSNS上でははたから見ると、ごくごく普通の幸せな夫婦でした。二人の可愛い娘にも恵まれ、三人目の子供も生まれてくる予定でした。

しかし実情はクリス・ワッツはシャナンにすっかり嫌気をさしており、シャナンもそのことに薄々気付いていたのでした。

まず、夫が自分の体に触れてくれないことを不思議に思ったシャナンはなんとか挽回しようと努力します。しかし改善されるどころかセックスを何度も拒まれ、浮気を疑い始めます。

シャナンはそのことを友人に相談していましたが、友人もまさかクリスが浮気をしているはずがないといった反応を見せるほどで、女性たちはクリスに一体何が起こったのか理解できません。

それに対し、クリスはシャナンが夫婦関係に苦しんでいる間、若くて、ナイスボディーの持ち主である愛人とよろしくやっていました。浮気相手と外食するために帰りが遅くなることもしばしばでもちろんシャナンはそんな夫を咎め、さらに浮気を追求しようとします。

やがて追い詰められた夫はシャナンを殺害し、どうしていいか分からなくなった末、残された二人の娘まで一緒に殺してしまう、というのが事件の流れです。

日本でもときどき同様の事件が起きますが、誰もが真っ先に思うのは、それなら離婚すればいいだけじゃん、ということじゃないでしょうか。

本当にそうなんですよね。なにも殺す必要なんて全くないんですよ。こういう状況下でまるで何かにとりつかれたかのように衝動的に殺害してしまうのはどうしてなんでしょうかね。

結局のところセックスに振り回された末に殺人を犯した、という印象すら受けました。夫婦の間ではセックスレスになり、妻から毎晩のようにせがまれる夫。しかしもう好きじゃないし、魅力も感じていないから夫にとっては苦痛でしかない。

逆に若くていい体をした愛人とのセックスは快楽に満ちていて、こんな時間が永遠に続けばいいなあ、という思いが漠然とあったんじゃないでしょうか。

犯人のクリス・ワッツの過去やシャナンと結婚し、二人の子供と幸せな暮らしを送っていた時間が嘘だったのか、というと決して偽りではなかったように思えました。

もともとクリス・ワッツがサイコパス的な人間だったかと言ったら、とてもそのようにも見えませんでした。職場での評判も良く、なにより妻のシャナン本人やシャナンの家族からも素晴らしい人間として称えられていましたよね。

二人は確かにかつて愛し合っていたし、クリス・ワッツは子供たちのことも愛していたでしょう。それがあるときから夫婦の関係性が変わったことを受け入れられなくなった二人が衝突を起こし、妻は関係の修復を望んだのに対し、夫は何もかもを消してしまおう、という極端な解決策にたどりついたようです。

しかしなんでそんなバカな結論に至ったかについては被害者遺族をはじめ、もしかすると本人も一生理解に苦しむところじゃないでしょうか。人間がいかに弱く、そして冷酷かつ狂暴になりうるかがクリス・ワッツの行動を通じて分かりますね。

なにより恐ろしいのは、クリス・ワッツが妻殺害後に取った行動です。完全に頭がいかれちゃった彼は、妻の遺体をトラックに乗せ、そこに一緒にまだ生きていた2人の娘を乗せます。

そして1時間ほど運転し、砂漠地帯に連れて行き、そこで一人ずつ娘を殺したというのだから、同情の余地はないでしょう。こんな男にはどんな汚い言葉を浴びせても足りないです。

まさかクリス・ワッツはあれで逃げれるとでも思ったんでしょうかね。彼は嘘発見器にかけられて、まんまとテストにパスできず、尋問の末に自白します。このときの警察の取り調べが見事で飴と鞭を上手く使い分けて真実を吐かせていましたね。

クリス・ワッツが警察の取り調べで動揺し、それをもろに表情に表し、体調を崩してさえいたのが、彼が本物のサイコパスではないことを物語っているようでした。

もしサイコパスだったらあの状況下でも平然としていたことでしょう。そういう意味ではごくごく普通の男が犯した異常な事件だったと感じました。それが逆に怖いですね。

コメント

  1. さりさりにゃーま より:

    旦那側は、いい人でいなければならない、という観念のために離婚が出来なかったんでしょうね。
    それでいて自分は他者より上のいい人間なので(周りもそう言うので^^;)報われるべきだ、という思いあがりから、比較すると価値の低い娘を殺害することができる。

    リアリティがあるのは警察に加え本人も捜査に協力的だったのかなと思います。
    同様に自分はいい人間だという外面を保つためでしょうけれど・・・

    言い方は悪いですが普通の幼稚な大人の内面なんて嫌悪の対象でしかなく誰も踏み込んでくれませんし、被疑者自身も映画化に喜んでいるんじゃないかと思います。

  2. ナツ より:

    クリスは妊娠中だったとありますが、シャナンの間違いではないでしょうか?

最大1か月無料で見れる!
あなたに最適のVODサービスはこちら
最大1か月無料で見れる!
あなたに最適のVODサービスはこちら