【動画フル】ゆうべはお楽しみでしたねの感想!ドラクエやりたくなった

この記事は 約5 分で読めます。

ドラクエをテーマにしたシェアハウスラブコメディ。ゲーム好きの人限定のプラトニックなドラマです。

ゆうべはお楽しみでしたねのフル動画を見るならU-NEXT

U-NEXTで視聴する

ドラマゆうべはお楽しみでしたねのあらすじ

ドラクエシリーズ初のMMORPGである『ドラゴンクエストX』に最初は戸惑っていた「パウダー」だが、ゲーム内で死んでいたところをオーガの「ゴロー」に助けられたためフレンドになる。2人はチーム「ヘブンスライム」に加入し、1年ほどが過ぎた。そんなある日、ゴローはアパートの賃貸契約が切れるということで、一人暮らしをしていたパウダーの家に引っ越し、ルームシェアすることになる。

しかし、パウダーはゲーム内では女キャラクターだったが現実には男で、ゴローはゲーム内では男キャラクターだったが現実では女だった。お互いに同性だと思っていたためルームシェアを承知したはずが、勘違いで異性とのルームシェアになってしまう。

wikipediaより

ドラマゆうべはお楽しみでしたねのキャスト

  • 本田翼
  • 岡山天音
  • 宮野真守
  • 筧美和子
  • ゆうたろう
  • あの
  • 稲葉友
  • 芦名星

ドラマゆうべはお楽しみでしたねの感想と評価

金田一蓮十郎の同名漫画のドラマシリーズ化。監督は怪獣ものやヒーローものを撮り続けている田口清隆。ヒロインには本田翼が起用されています。

オタクの男子が美女とひょんなことから同棲を始める、いわばゲーマー男子向けのセックスシーンのないAVですね。ストーリーはかなりありきたりです。それでも25分程度なのでドラクエ好き男子にはいいかなと言ったところです。

物語は、さえないオタクの青年がドラクエXのプレー中にオンライン上で知り合った相手とルームシェアすることになり、いざ待ち合わせ場所に行くと相手は可愛くて性格のいいギャルで、大興奮の中、同棲生活を始める、というファンタジーチックなもので、あらすじをざっと読んだだけでもリアリティーが皆無なのが分かるはずです。

男はゲームの中では女を装い、逆に女の方は男としてプレーしていたため、実際会うまで相手の性別は分からなかった、という設定で、男はブスメンなのに女は美女という男だけに都合のいい話になっているのが笑えます。

また出ましたね、ひょんなことから同棲を始めるシリーズ。いい加減、このシリーズ飽きませんか?

日本人って異性と同棲をすることに異常な性的ファンタジーを抱いているんですか? それとも作り手がそう信じているかのどっちかですよね。

それもパターンはいつも同じで同棲はするけど、相手は恋人ではなく、でも気になる異性っていうのがポイントになっています。なんだそれ。

だから主人公は、家の中での相手の行動にいちいち恥ずかしがったり、喜んだり、性的興奮を覚えたり、するっていう演出に終始し、一方の相手側は好意を寄せられていることに無頓着で、特に気持ち悪がったりもせず、時には優しくしたり、冷たくしたりしているうちになぜか両想いになっちゃう、みたいな展開が読めちゃいます。

同棲ものじゃなくても、オタク男子と美女の物語だっていつも同じ展開ですよね。どうせオタクでシャイな男が男勝りの美女に引っ張っていってもらう話でしょ。

あれもオタク男子のファンタジーなのかなぁ。気の強い美女になんでもかんでも決めてもらいたいの? 本当にそれでいいの? そうじゃないとしたら作り手に舐められてるのにそろそろ気づこうよ。

エピソード1でも風邪を引いた主人公さつきたくみが、おかもとみやこにご飯を作ってもらうシーンがあります。なんでも「困った人を助けるのに理由はいらない」そうです。それをさも名言っぽく言ってました。

なんで彼女はこんな僕に優しくしてくれるんだろうみたいなシーンなんだけど、ツンデレ女に優しくされてキュンと来るみたいなエピソードはこの手の話に多いですよねぇ。まあ、確かに病気のときにおかゆでも作ってあげたら男なんてイチコロなんだけどね。

話はベタでもいから、これで本当にAVみたいにエロかったら話題性があって面白いんですけどね。やっぱり爽やかな話になっちゃうのが物足りないなぁ。

登場人物がドラクエ好きで、プレー映像が流れたり、ドラクエの話題がオンパレードなので、すごいドラクエを推すなあ、と思っていたら、原作の出版元がそもそもスクエア・エニックスなんですね。どうりでエロくできないわけだ。

戦略としてはすごく面白いし、企業が自分の商品を売るために漫画や映画やドラマを作るっていうのはかなり合理的ですね。宣伝効果は抜群なんじゃないのかな。数十秒のCMに何億ってかけるよりも、こっちのほうがよっぽどコスパいいでしょ。

だからこれからの時代は自動車会社が車を売るために「ワイルドスピード」みたいな映画を作ったり、地方自治体が観光客を誘致するために「君の名は。」みたいなアニメを作っていったほうが経済が回りそうで面白いんだけどなぁ。

ちなみに僕も昔はドラクエが大好きでした。スーパーファミコンのドラクエ5までやりましたよ。えっ、古い?

でもこれを見てたら久々にやりたくなっちゃったもん。やっぱりすごいね、ストーリーが刺激する購買意欲って。売り込み臭がないから自然に欲しくなっちゃうんだもん。

コメント