2017/02/11

秘密と嘘(原題 Secrets & Lies)


10年に1本の名作。監督、俳優陣、演出、ストーリーの全てがすばらしく、ほとんど脚本を使わずに即興で演技をさせて撮影したとはとても思えないほど各シーンの完成度が高いです。98点(100点満点)

あらすじ

シングルマザーのシンシアは娘と二人貧しい暮らしを送っている。反抗期の娘からは口を聞くたびに鬱陶しがられ、弟のモーリスからは惨めな目で見られる毎日。寂しさとやるせなさに押しつぶされそうになっていたある日、シンシアに一本の電話が入る。電話の主は若い女性で、自分のことをシンシアの実の娘だと紹介する。

半信半疑の思いで女性に会いに行くと、そこには自分とは似ても似つかぬ黒人の女の子ホーテンスが待っていた。最初は否定したシンシアだったが、そのうちホーテンスを自分の娘だと認め、溢れんばかりの愛情を捧げるようになる。出会ったばかりの娘にすっかり入れ込んだシンシアはホーテンスを家族の誕生日会に友人と偽って招待する。ところがそこで家族全体を揺るがす思わぬハプニングが待ち受けていた。

文句

愛情たっぷりの嘘っぽい家族しか扱わないハリウッド映画では決して見られない本物の家族の姿が見られて嬉しかったです。イギリスには上手い俳優や女優がたくさんいますね。彼らはハリウッドの連中のような薄気味悪いビジュアル系ではなく、そこら辺にいるような普通のおじさんやおばさんたちで、だからこそどこにでもいる普通の人の役をリアルに演じることができます。そして興行を無視してでもそういう人たちを起用するマイク・リー監督は偉いです。

映画を見て涙することはほとんどないけど、この映画では何度も泣きました。100本の映画を見たとしたら、90本はくだらない、見るに足りない、ひどい映画ばかりだけど、たまに「秘密と嘘」のような1本に出会えると、今までの浪費が無駄じゃなかったと思えます。それだけでただただ感動します。これだけ見事な作品を作ってくれたスタッフ全員に心から感謝したいです。

昔、この映画のビデオを持っていたんですが、友達に貸したら、それっきり返してもらえず、その友達とも連絡が取れなくなってしまいました。多分、いい映画なのでよっぽど返したくなかったんでしょう。この映画のビデオやDVDを持っている人は人に貸すと、友情と映画の両方を失うので注意しましょう。

「秘密と嘘」は以下のサービスで視聴できます。

>>「秘密と嘘」をU-NEXTで視聴する
>>「秘密と嘘」をアマゾンプライムで視聴する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう