さらば、わが愛/覇王別姫(原題覇王別姫)

中国の伝統的な古典演劇である京劇を近代史に沿って描いた、約3時間にも及ぶ長編映画。前半は楽しく、後半は同じことの繰り返しで、あくびが止まらなくなる作品です。47点(100点満点)

あらすじ

北京。少年時代から京劇養成所で厳しい訓練を受けながらも,兄弟のようにかばいあい慕いあって成長した2人の役者、トァン・シャオロウとチョン・ティエイー。たくましい大男のトァンは立役者、華奢な美少年のチョンは女形として、京劇『覇王別姫』の名役者として人気を得る。日本統治時代、第2次世界大戦、共産党政権樹立、文化大革命と動乱の時代の、時の権力に運命を左右される2人。トァンに恋心を抱きつづけるチョンであったが、トァンは高級娼婦のチュ-・シェンと結婚してしまう。愛憎渦巻く三角関係。愛に、舞台に、動乱の中国に生きる人々の悲恋を描く一大叙事詩。

amazon.co.jpより


読者のTさんのリクエストです。ありがとうございます。

文句

カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した中国の歴史ドラマ。ものすごい迫力と映像美があるのにペース配分を間違ってしまったために後半失速する作品です。

時代に翻弄された京劇の花形俳優たちの浮き沈みと三角関係を描いた話で、少年時代ならまだしも、いい歳をしたおっさんおばさんたちがドロドロの奪い合いを繰り広げる様子は、お世辞にも美しいとは言えませんでした。

子供俳優たちの厳しい下積み時代を描いた序盤は興味深いシーンが多く、テンポも良く、とても楽しかったです。拷問ともいえる躾と訓練が児童奴隷労働そのもので、今の中国でも全然ありそうな感じがして、やけにリアルでした。

京劇の劇団というよりサーカス団みたいで、人前に出て活躍するパフォーマーたちの普段の努力と苦悩が伺えます。北京に有名な京劇の俳優がやってきて、迫力ある覇王の演技を前に感動して涙を流す小豆子と石頭の姿もいいですね。あそこが僕にとっては一番印象に残ったシーンです。

一方で少年たちが成長し、大人の世界の話になってからは一気に純粋さを失い、ただの悲劇へと化していきます。大人になった小豆子と石頭はそれぞれ蝶衣、小楼といった芸名を持つようになり、スター俳優に成長しますが、小楼が遊女と結婚したことにより、いい歳した男と女とゲイによる敵意むき出しのおぞましい三角関係ができあがっていきます。

なにより同性愛の描き方がとても甘く、キスシーンもなければ、セックスシーンもなく、それとなくほのめかす程度の表現に抑えてあるのが残念でしたね。

この映画が製作された時代的な背景もあるでしょうし、性に対して閉鎖的な中国だということもあるでしょう。それでも子供たちは裸にさせたり、お尻を出させて平気で引っぱたいたりしてるくせに大人のケツは出さないという物差しが分かりません。

終盤は中国政府の迫害を受け、京劇の存続も危ぶまれる、という展開の繰り返しになります。その際、俳優たちが民衆の前でさらし者にされ、お互いの秘密を暴露させられる下りが笑えました。集団いじめ的強制カミングアウトといった感じのシーンで、

「実はこいつはゲイなんだぜー」

「彼女なんて元娼婦だからな」

みたいなやり取りを人前でさせて一体誰が得するんでしょうか。

ドロドロの三角関係も紆余曲折を経て破滅へと向かっていきます。しかしその割には三人には他の相手を探すという発想と選択肢はないようで、一途というよりただのしつこい人たちの面倒くさい恋愛物語でした。それにしてもこれに3時間はきついわ。

「さらば、わが愛/覇王別姫」は以下のサービスで視聴できます。

>>「さらば、わが愛/覇王別姫」をU-NEXTで視聴する

>>「さらば、わが愛/覇王別姫」をamazonプライムで視聴する