動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

ヘイトフル・エイトを見たら顎がしゃくれる!感想と評価とネタバレ

この記事は 約3 分で読めます。

hateful

タランティーノ監督による約3時間にも及ぶ、微妙な会話が延々と続くアクション・ミステリー西部劇。差別を描きたいのか、アクションにしたいのか、ミステリーにしたいのか、ブラックコメディーにしたいのか相変わらず視点が中途半端でした。40点(100点満点)

ヘイトフル・エイトのあらすじ

大雪のため閉ざされたロッジで繰り広げられる密室ミステリーを描いた西部劇。全員が嘘をついているワケありの男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められ、そこで起こる殺人事件をきっかけに、意外な真相が明らかになっていく。

映画ドットコムより

ヘイトフル・エイトの感想

タランティーノは個性的な監督であるのは間違いないでしょう。リメイク、原作、事実を基にしたストーリーで溢れ返っている最近の映画界で、いつも淡々とオリジナルの脚本を自ら書いている数少ない監督の一人でもあって、それは評価すべきですね。

それでも僕には正直彼の作品はあまりグサッと刺さらないです。面白かったのは「パルプ・フィクション」だけです。最近の映画は本当につまらないです。これがタランティーノのファンになると必ず、「レザボア・ドックス」を挙げますが、あんなの何が良いのかさっぱりです。

そしてこの映画もまた、その「レザボア・ドックス」を彷彿させる手法で撮られていて、登場人物の会話からストーリーや背景が語られていきます。

レザボア・ドッグス [DVD]
ハーベイ・カイテル
¥ 1,355(2018/10/26 12:08時点)

この手の映画は、脚本と自分の感性がビビッと合致すればいいですが、会話がぜんぜん頭に入ってこないようだとかなりつらいです。

設定は「ジャンゴ 繋がれざる者」と同じく西部時代で、劇中に黒人に対して白人たちが容赦なく差別用語「ニガー」を連発します。あれも彼なりの最近のアメリカの人種問題に絡んだ表現と問題提起なのでしょうが、それがまた聞いていて耳や心が痛くなるほどで、おそらく故意に視聴者に挑戦しているような意図すら伺えます。

登場人物たちのよる集中的な差別行為と発言があるものの、かといって一貫したテーマをもって何かを視聴者に問いかけているかというとそれも違います。

差別映画でもなければ、本格的なミステリーでもなく、コメディにもなりえないし、アクションとしても浮いてしまう中途半端な映画なのです。

人物描写は薄いし、得意のブラックジョークも冴えていないし、いつもように最後は銃をぶっ放して皆殺しで終わっていく、というパターンはいい加減もういいです。

物語は6つのチャプターに分けて構成されていますが、僕には最初の3つのチャプターは全カットでよかったです。

会話が下品で退屈だし、眠たくなるし、なんとか最後まで見ようと、3時間もしかめ面したせいか映画が終わるころには僕のあごもかなりしゃくれてしまいました。しゃくれたくないっていう人は、この映画は見ないほうがいいかもしれません。

コメント