ハート・ロッカー(原題 The Hurt Locker)


48点(100点満点)

ストーリー

2004年夏。イラク、バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも最も死を身近に感じながら爆弾の処理を行うスペシャリ ストたち。ある日も爆弾の処理を行い、退避しようとした瞬間に突如、爆弾が爆破。一人が殉職してしまう。新しい中隊のリーダーに就任したウィリアム・ ジェームズ二等軍曹は、基本的な安全対策も行なわず、まるで死に対する恐れが全くないかのように振舞う。補佐に付くJ.T.サンボーン軍曹とオーウェン・ エルドリッジ技術兵は、いつ死ぬかもしれない緊張感、特に一瞬の判断のミスが死に直結する爆発物処理の任務のなかで、徐々にジェームズへの不安を募らせて いく。彼は、虚勢を張る只の命知らずなのか、それとも勇敢なプロフェッショナルなのか…。

(goo映画より)

文句
ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが監督したイラクを舞台にしたアメリカの戦争映画で、今年のオスカーにノミネートされた一本。戦闘シーンや爆弾処理シーンに凝っていて臨場感、緊張感がある。その一方でストーリー性が薄く、ただ次から次へと戦いの場が移っていくだけのテレビゲームみたいだった。

できればイラクでアメリカ軍人がやらかしている悪行や醜態の数々をもっと見たかったですね。一般人を誤射誤爆するなんてことも当然ありうるでしょう。もしかしたらイスラム教の女を銃で脅してバドワイザーの水着を着させたりして楽しんでるかもしれません。もっとひどいのになると、女はもちろん、子供をレイプする軍人もいなくはないはずです。拷問なんかももちろん秘密裏で行われていることの一つです。そうした異常な出来事には触れず、戦闘にばかり焦点を置いたことで、この映画はいわば“誰もが楽しめる”エキサイトメントに仕上がってしまった。全く根拠のない推測ですが、アメリカ政府がこの映画に金を出してるんじゃないのかなぁ、と思えましたね。アメリカ人の中にはこういう映画を見て刺激を受け、軍隊に入隊する男も多いんじゃないか、と。
「君、入隊の理由は?」
「ハートロッカーを見たから」
そういう若者がいればアメリカ軍からしたら、してやったりでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
40点台の映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. いや、モチロンそうでしょうとも!
    こういう映画を観て、世界中で銃を撃ちたくて仕方ないというバカ人間が量産されることになるのでしょうね!

  2. banana split  より:

    内容や意図するものが何もなくて、ただ映像として映し出しているだけでした。
    複雑で誰もどう解決したらいいのか分からないような、この状況に、何かを投げかけられたらいいのに。
    私は自分の意見を持てずにいます。(私は無知なのがいかんのですが。)

  3. 匿名 より:

    この映画に誤射やレイプが必要だとは思いません。
    爆弾処理班の映画ですよ?
    貴方はろくな考察もなしに表面しか見ないから誤射やレイプ、拷問が見たくんじゃるんじゃないんでしょうか?

    • 映画男 映画男 より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。僕はこの映画を「爆弾処理班」の映画というくくりで鑑賞しませんでした。あくまでも戦争映画だと思っていたので。

      戦争には暴行や拷問がつきものなので、リアリティーを突き詰めていけば、そういうシーンにたどりつくのは自然だと思ったんですが。

  4. kozy より:

    うん、腑に落ちた。
    何故か評価されているこの映画が好きになれなくて、礼賛している批評家もどきの言説も腑に落ちなかったんですが、同じ感覚の人が居て良かった。プロパガンダ映画ですね。

    あ、他の映画では評価が違ってるものもありますが悪しからず(笑)

    • 映画男 映画男 より:

      kazyさん
      コメントありがとうございます。本当にこれはプロパガンダ映画でしたね。それにしても映画の中のアメリカ軍ってなんであんなにかっこよく描かれてるんでしょうね。
      またコメントお寄せください。

  5. 名無しだが より:

    「町山智浩と宇多丸のハートロッカー論争」は聞きましたか?
    youtubeにあるので参考に聞いてみてください