動画配信サービス完全ガイド

VODの歩き方

詳細はこちら

17歳(原題: JEUNE & JOLIE/YOUNG & BEAUTIFUL)

この記事は 約4 分で読めます。

Jeune-et-Jolie-_1jj2028

ピチピチした若い女の子が好きというスケベなおっさんたちに贈る大人のフランス映画。はっきり言ってエロいです。80点(100点満点)

映画17歳のあらすじ

パリの名門高校に通うイザベル(マリーヌ・ヴァクト)は、バカンス先で出会ったドイツ人青年との初体験を終え、数日後に17歳の誕生日を迎える。パリに戻ったイザベルは、SNSを通じてさまざまな男性との密会を重ねるようになっていた。そんなある日、ホテルのベッドの上で初老の男ジョルジュ(ヨハン・レイゼン)が発作を起こしそのまま帰らぬ人となってしまう。イザベルはその場から逃げ……。

シネマトゥディより

映画17歳の感想

危険なプロット」、「彼は秘密の女ともだち」、「2重螺旋の恋人」などの作品で知られるフランソワ・オゾン監督のエロティックドラマ。

いやあ、エロいです。男なら監督についつい「あざーす」と言いたくなる映画です。おそらくオゾン監督は最近街を歩くたびに言われてるんじゃないかと思います。

監督本人は「わかったからわかったから、もうそんなのいいからいいから」という気持ちでいるのかもしれないですけどね。作った本人からしたらただのエロ映画として扱われるのは不本意だろうから。

そう、この映画のすごいところはエロいだけで終わっていないところです。なぜ17歳の普通の女の子が急に自ら売春をするようになったのか、彼女は一体どんな気持ちだったのか、という点を考えさせられるからです。

主人公の考えや心境を全て説明してしまう幼稚なハリウッド映画と違って細かいシーンやセリフから視聴者が登場人物の感情を読み取っていく努力をしないといけないのです。いってみれば中級者から上級者向けの映画なのです。

主人公のイザベルは初体験を終えたときから、男に対して、あるいは物事全般に対して一種の冷めた感覚を持ち続けていました。バカンス先で知り合ったドイツ人青年と別れるときも泣きもせず、車の中からは振り向きもしません。学校生活の中でもクラスの男子には目もくれず、全く相手にしません。

そんな中、売春を始め、ホテルで男たちと次々と密会していきます。自らエスコートサービスのホームページに宣伝をして、1回300ユーロから500ユーロものお金を稼いでいきます。

客と会っているときも終始無表情で決してそれを楽しんでいるといった雰囲気もなく、淡々と仕事をこなしていく姿には、崖っぷちに立たされ、何かの目標に突き進んでいくかのような悲壮感すら感じさせます。

そのうちイザベルのことを気に入った初老の男ジョルジュがリピーターになり、度々イザベルをホテルに呼び出すのですが、初めてイザベルが相手に、男になんらかの感情を見せたのがこの初老でした。もしかしたらイザベルは少し彼のことが好きになっていたのではないかとも思いました。

イザベルは実の父親が離婚して側におらず、家には母親の旦那で自分の継父に当たる男性がいるため、父性愛に飢えていたとも考えられます。

売春していたことが家族にばれて後に精神カウンセラーを受けさせられたとき、ジュルジュについて「彼だけは自分のことをちゃんと見てくれた」といって涙を流していたのがひっかかりました。やはりどこかに自分は世間から無視されている、愛されていない、といったわだかまりがあったのかもしれません。

話の流れとしてはおおまかに初体験>売春>ジョルジュの死>精神分析>回復への過程を描いていました。ただの不幸な話、あるいは幸せな話で終わらせないところが見事で何度も意表をついてくるのが嬉しいです。「エロいだけで終わっていない」と言いましたが、80点中の70点はセックスシーンに捧げた点数です。

数あるセックスシーンの全てに違うシチュエーションを作り、バリエーションを加えたアイデアはAV監督も見習うべきです。特にエロいなぁ、と思ったのは髭を生やした客とロビーであってちょっと話をしてから、エレベーターに乗って、部屋まで行くシーンです。

これから見知らぬ相手とセックスが始まるあの緊張感といったらないです。もうすぐ日本公開ですが、スケベな人には映画館より自宅でこっそり一人で見るのをオススメします。それかカップルで見に行って映画館の帰りにラブホテルに直行するというのもいいかもしれません。なかなかないですよ、そんな映画。

「17歳」は以下のサービスの無料体験で視聴できます。

「17歳」をHuluで視聴する

「17歳」をアマゾンプライムで視聴する

コメント

  1. tobo より:

    私はそんなにエロいとは思わなかったけど(笑)。売春がばれてお母さんとカウンセラーと会う事になって、「行為中はまったく面白くないんだけど、また次はどんな人でどんなことするのかと思うとドキドキする」ような事を言ってたと思うんですが、ああこれがエロの真髄なんだろうなと、妄想しちゃいました。