スポンサーリンク

トゥモロー・ウォーは爆笑おバカSF映画!感想とネタバレ

この記事は 約6 分で読めます。

もっとちゃんと作れよって言いたくなる、クソバカ近未来SFアクション。典型的なアホハリウッド映画でした。15点

スポンサーリンク

トゥモロー・ウォーのあらすじ

ある日、元軍人で生物学教師のダン・フォレスターがサッカーの生中継を見ていると、スタジアムに未来から来たという数十名の兵士が現れる。彼らがいうには未来ではエイリアンとの大戦争が勃発し、地球が滅亡の危機に立たされているという。

これを受け世界中から未来へと兵士を派遣することになる。しかし未来の敵は強敵で生存率はわずか30%。そんな中、ダン・フォレスターにも召集がかかり、左腕に転送装置を装着される。こうしてダン・フォレスターはほかの新米兵士たちと共にろくに訓練も受けずにさっそく2051年の戦場へと派遣されることに。

トゥモロー・ウォーのキャスト

  • クリス・プラット
  • イヴォンヌ・ストラホフスキー
  • J・K・シモンズ
  • ベティ・ギルピン
  • サム・リチャードソン
  • エドウィン・ホッジ

トゥモロー・ウォーの感想と評価

「レゴバットマン・ザ・ムービー」のクリス・マッケイ監督によるB級おバカSF映画。設定があまりにもいい加減でガバガバすぎるタイムトラベルものです。

レゴ(R)バットマン ザ・ムービー [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥2,619(2021/07/03 19:56時点)

いきなり未来からスタートし、その1分後には「28年前」というテロップと共に現在に戻り、またすぐに未来に行く、という滅茶苦茶な編集もさることながら、突然現在に未来から使者がやってきては、地球の滅亡を告げられ、有無を言わずに世界中が兵士を派遣する、というバカげた展開に「ちょ、ちょっと待って」となること間違いなしです。

テンポが速いのは大いに結構なんだけど、段階を踏まずしていろいろ大事なことをすっ飛ばしているのが本作の最大の問題でしょう。

例えばタイムトラベルをどうやって実現したのか。時間軸はどう機能しているのか、などを深く突っ込まれないためにあえて説明を省略していて、タイムトラベルはできるけど、特定の年代、つまり2051年にしかいけない、とかいう謎の設定になっているのには笑えました。

未来を変えたら過去にどういう影響が生じるのかも説明一切なし。まるで未来を変えられる前提で話が進んでいくのに登場人物の死ぬ日は確定しているなど、矛盾が多すぎて、よくこれで企画が通ったなあ、というほど穴だらけです。

肝心な敵は、ホワイトスパイクと呼ばれ、よくあるハリウッド系エイリアンを真っ白くして四足歩行で歩く大きな犬のような生き物にしてあります。これがまたよく分からない生物で、マシンガンをぶっぱなしても全く効果がないかと思いきや喉と腹を撃てば死ぬ、というちぐはぐな弱点を持っています。

ここでも設定がいい加減で、どう見ても喉と腹に銃弾を命中させても平気な顔をしているときもあればストーリー上、重要な人物の攻撃にだけは反応して死んだりするんですよ。

そもそも2051年になっても現代のマシンガンを使っているのが意味不明だし、あれだけ利かない武器を兵士全員に携帯させている軍隊って相当頭悪いですよね。

軍人たちは訓練期間がわずか1週間だそうで、普通のおっちゃんおばちゃんたちが戦場に送られるのもどうかね。そんな人たちまでマシンガンをぶっぱなすので危なくて見てられないし、当然戦場では役に立ちません。

それなのになぜかみんな正義感や自己犠牲精神だけは兼ね備えていて、決して逃げだしたりせずホワイトスパイクに勇敢に立ち向かっていくのが逆に滑稽でした。あのファイティングスピリッツはどうやって養ったんだよって。

主人公のダン・フォレスターは未来で成長した自分の娘と出会うんだけれど、そこから長い時間、親子でイチャイチャしだすのが見ていられません。あまりにもイチャイチャするんで、もう少しで親子でキスとかしだしそうな勢いでヒヤヒヤしました。娘が好きなのはわかるけど、そのうち地球を救うミッションが、娘を救うミッションに変わっちゃって、すごく個人的な話になるのも笑えますね。

未来でダン・フォレスターは娘の協力を経てホワイトスパイクに利く、毒薬を製造し、それを過去に持って帰って大量生産することにします。ところが過去に戻ると転送リンク(タイムマシン)が壊れちゃったからもう未来には行けなくなった、とか言われます。いいから直せよ。逆に今まで一度も壊れたことなかったのかよ。

2051年にしか飛べないは、一度壊れたら直せないは、一体どんな科学レベルであいつらは人類が今まで決して成し遂げられなかった時間旅行という技術を生んだのか、さっぱり分からないんですよ。頭がいいのか、バカなのか。できるのかできないのか、はっきりしてもらいたいです。

「もう未来へは行けない」ってこの映画の最大のギャグで、僕は寝る前に思い出してしばらく爆笑してしまいました。タイムトラベル映画で、突然謎の理由でタイムトラベルできなくなりましたっていうの滅茶苦茶面白くないですか? それもなんで壊れたか説明なしですよ。オフラインになったって発展途上国のインターネットかよ。世界中から未来に兵士を送ってたはずなのにタイムマシン一つしかないってこと?

そこからの展開はおまけもいいところで、未来には行けないから現代でなんとかしようみたいな話になります。そもそも現代でなんともならないから未来に送られたんじゃないの?

そしてなぜかロシアの氷山地帯に行き、そこで宇宙船の中で凍っているエイリアンたちに毒を盛りに行きます。エイリアンを倒す毒が開発されたというのにやっぱりそこでも兵士たちはマシンガンを携帯しているし、毒矢でも放ったほうが利きそうなものなのに終始銃弾を撃とうとするんですよ。

挙句の果てには素手で戦いだしたりして、エイリアンがその都度強くなったり、弱くなったりするのは相変わらずでした。よくよく考えると、未来で製造した毒もほとんどうまく使えておらず、それでもエイリアンを倒せるんだったらそもそも最初から未来に行く必要もなかったっていうことになりますよね。

ほんとこんなに辻褄もへったくれもないSFは大変珍しく、近年稀に見るバカ映画でした。バカ映画に出てるとどんなにマジな顔で演じていようが俳優たちもみんなアホに見えてくるから可哀想です。クリス・プラットはもともと大根役者だからいいとしてもJ・K・シモンズまでこんな映画に出ちゃだめだよ。

コメント

  1. ヘンテコ より:

    おっしゃる通り。
    そもそも知能がほとんどなさそうなエイリアンが乗っていた宇宙船は誰が作ったんだよ、とか、タイムマシンを発明できるならあのエイリアンを倒す武器くらい余裕で作れるんじゃないかとか、気にしだしたらキリがない。
    タイムマシンが出てきたのに、過去と未来の関係が互いにどう影響するかというのも描かれていなかった。と、思っていましたが、先祖がすさまじい勢いで徴兵されて死んでいくわけだから、過去に干渉することで未来に影響が出るというのなら、未来は徴兵の時点ですでに大きく変わっていたはず。だから、過去に干渉するとパラレルワールドが生まれるという設定であるはず。
    娘が「この未来をなかったことにして」的なことを最後に言っていたが、設定上それは不可能であり、普通に存続することになる。

    • 映画男映画男 より:

      いろいろと滅茶苦茶でしたね。途中から笑いが止まりませんでした。

    • 映画 より:

      なぞの正義感ってところは共感だか、タイムスリップの件とかそれ以外にもただのイチャモンにしか聞こえない。まずタイムスリップの設定を完璧にしてる映画はほぼ無いのにそこに文句いってる。未来に戻れなくなった理由も言ってるからそこのツッコミも謎。大事な役の時に敵の強さ変わるのはほとんどの映画同じ。あなたは映画の設定に文句いってるが、制作陣に対して言うならまだしも映画の設定が決まってるのにその中のストーリーに文句言ってる。SF映画見といてイチャモン多すぎ

    • オーウェン より:

      sfってそーゆーもんじゃないっすか
      自分的には新しい映画ですごく楽しめたし、こーやって新しい映画が生まれるんじゃないかって思います。
      自分的にはこれからの映画を期待してすごくよかったと思います。

  2. リリコ より:

    うーんと、ツッコミ始めたらキリがないですが、TENETなんかもそういえばそうだしね。

    丁寧に見れば、
    ・冒頭に主人公たちはタイムマシンで未来に行くとお約束のマイアミビーチではなく間違って都会の高層ビルの上に放り出されたりするので、そこで30年後のタイムマシン技術はまだまだ未熟だ、と「おことわり」を入れている
    ・転送リンクが壊れたのは、主人公の娘ミューリがメスを本部に匿ったので怒ったオスが本部を襲撃したから。なぜ本部に匿ったかというと研究棟が壊滅したから。

    というふうに一応筋は通っていますよ。
    個人的にはやっぱりこの閉塞感の中でこういうフロックバスター物を見たかったー!というほうが大きいかな。
    予定通り公開されたらどんな評価だったか、やっぱりクソミソだったかもわかりませんけど。

  3. 文句どころかイチャモンなんだよ君の記事は より:

    >それなのになぜかみんな正義感や自己犠牲精神だけは兼ね備えていて、決して逃げだしたりせずホワイトスパイクに勇敢に立ち向かっていくのが逆に滑稽でした。あのファイティングスピリッツはどうやって養ったんだよって。
    うーんこれはジャパニーズそのもの国への捉え方w
    アメリカンの愛国主義、息子や娘の愛情表現、次の世代の未来を考える人種と今しか生きないジャパニーズの違いがまさにこれ

    ていうかSF系作品でここまで言う癖になろうやハーメルンで独自のSF設定小説でも書けないヤツがすげー上から目線でレビュー書いてる方が爆笑しちゃったw
    浅い知識だけは一丁前。
    あ、設定と伏線とか楽しめない知らない系かなw 若い文章だなぁw

  4. 批評家として何一つ足りない自称批評家の落書きレベル より:

    お前の狭い視界と幼稚な脳みそで書き殴るチラ裏レベルの落書きこそが大根役者さながらの大根レビューだわ。
    批評家気取ってイキってるんだろうが、お前、映画批評家の根本を履き違えてるよ。
    向いてない。
    悔しいなら一から学び直せ。語彙力、鑑賞力、考察力、着眼点、公平性、その他全てを。それが出来ないなら批評家気取る資格はない。
    好き勝手にお前の選り好みの幼稚なおままごとレベルの落書き続けたいならブログに書くな。自分の携帯メモにでもかいて自己満足してろ。

  5. オレンジモンキー より:

    ツッコミが面白すぎて爆笑しました。
    タイムマシンが壊れちゃうんですね。
    バカバカしい映画が好きなので見てみます。Amazonプライムで無料で見る分には良さそうですね。

    • 映画男映画男 より:

      無料で見るにはいいかもしれません。こういう映画が好きだっていう人もいるので、楽しめるかもしれませんよ。

  6. 君多分童貞でしょ より:

    普通にいい映画だとは思ったけどな。
    タイムスリップは、出来るのかどうかも分からない現代でどう描こうと自由かな。ほかの点に関してもただのイチャモンにしか聞こえないところが逆に面白くて笑った。
    映画に大根レビュー、2度美味しい時間をありがとう。