エンド・オブ・ステイツはバカすぎて笑える!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

ベタな展開といい加減な設定の下に成り立っているアクションドラマ。派手なドンパチシーンを見せたいためだけに作った映画で、ストーリーに目をつぶらないととても最後まで見れないです。17点(100満点)

エンド・オブ・ステイツのあらすじ

なんと父親が登場!ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ステイツ』予告編

マイク・バニングはシークレットサービスの一員として大統領のボディーガードを務めていた。彼は偏頭痛や不眠症に苦しんでいたものの、それを隠して任務に就いていた。

そんなある日、大統領の休暇に同行したマイクは大統領から直々にシークレットサービスの局長にならないかと提案される。

ところがその直後、大統領がドローンによって襲撃を受けてしまう。マイクは自分の体を呈して大統領の命を救うのがやっとだった。

この襲撃によってマイクはシークレットサービスの仲間たちを全員失った。攻撃を受けた大統領は昏睡状態に陥り、あろうことか襲撃で使われたバンの中からマイクの髪の毛やDNAが検出され、彼が容疑者として逮捕されてしまうマイクは何者かにはめられたのだった。

一体誰がマイクを陥れたのか。輸送中に警察の車から脱出することに成功したマイクは自らの手で犯人を暴こうとする。

エンド・オブ・ステイツのキャスト

  • ジェラルド・バトラー
  • モーガン・フリーマン
  • ダニー・ヒューストン
  • マイケル・ランデス
  • ティム・ブレイク・ネルソン
  • ニック・ノルティ

エンド・オブ・ステイツの感想と評価

リック・ローマン・ウォー監督のおバカアクション映画。「エンド・オブ・キングダム」の続編にして、バカっぽさと無茶苦茶な設定は前作の引けを取らないです。

エンド・オブ・キングダム」の続編であることを知らずに見ちゃったんですが、そういう人も少なくないんじゃないかな。見終わってから「道理であんなにアホな内容だったのか」と思ったのは僕だけじゃないでしょう。

内容を照らし合わせると、監督が違うのにダメな部分でかなり共通点がありますね。

辻褄やリアリティーを求めちゃいけない、という点は全く同じだし、とにかくストーリーがめちゃくちゃです。

というよりストーリーといえるほどの大したエピソードがなく、主人公が何者かにはめられる>逃げる>自ら容疑を晴らす>復讐する、だけです。それをスケールだけやたらと大きくして描いたのがこの映画です。なんかどこかで聞いたことない?

主演はジェラルド・バトラーだけど、これ別に誰がやっても変わらないですよね。なんならジャッキー・チェンでもいいし、スティーブン・セガールでも十分に成り立つでしょう。こんなにキャストが誰でもいい映画って珍しいんじゃないかな。

主人公はシークレットサービスの凄腕エージェントのマイクで、彼は大統領から絶大な信頼を得ている男です。

そんな男が、大統領が何者かから襲撃されるとたちまち犯人扱いされ、やれ銀行口座に多額の金が入金されていただの、犯行に使われたと思われる自動車の中に髪の毛が落ちていただの、という理由で逮捕されます。

つまりはマイクは犯人に仕立て上げられるんですが、FBIがろくに捜査をしないだけではなく、シークレットサービスの仲間たちや大統領の側近たちも手の平を返してくる様子は漫画でしかないです。

百歩譲って、そこまではいいとしましょう。問題は大統領が昏睡状態から覚めた後で、マイクが容疑者になっていることを知ると、大統領は彼の手錠を外せと命令し、「お前たちは馬鹿か、彼は私の味方だ!」と一喝するだけで、容疑が晴れてしまう下りですね。

大統領暗殺未遂の容疑で逮捕されたような男を裁判にもかけずにその場の話し合いで無罪放免にしちゃうって一体どんな国の出来事だよって。大統領が権限持ちすぎじゃない?

犯人や犯人を操っていた張本人もそれぞれ動機が薄いし、そもそも悪者たちが大統領を暗殺するほどのリスクを背負ってまでして得られるリターンが少ないんですよ。あいつらあんなことして本気で逃げられると思ってるんですか?

ノンストップのアクションは視聴者を休ませないという意味ではいいけど、カーチェイスやビルの中の銃撃戦といった、ありきたりなシーンしかないので、特に興奮する要素はありませんでした。

強いて言うならドローンによる攻撃が、本当にあんなことができるならすごいなぁ、というぐらいですかね。

僕的にはマイクのお父さんが出てきた辺りぐらいから「しょうもない」と思っては笑いが止まらなかったです。

あのお父ちゃん、自分の住んでる森にダイナマイト仕掛けすぎだし、あんなに何人も人を殺してるのに、その後もお咎めなしとかすごい世界ですよね。

彼が独りのときにせっせと森の土を掘り起こしてダイナマイトを埋めているところを想像するだけで笑えませんか?

「いつか必ず誰かが俺の命を狙いに来るから、そのときのためにダイナマイト仕掛けておこう!」って思ったんですかね。究極の暇人かよ。そもそも命を狙うほどの重要な人間でもないでしょ。

マイクもマイクで大統領暗殺未遂容疑は晴れたとしても、一般人の車を強奪したり、トラックをハイウェイで横転させたりしてるんだから、そっちのほうはちゃんと起訴したほうがいいですよ。

じゃないとシークレットサービスだったら何をしてもいいみたいなことになっちゃうじゃん。

ラストシーンも笑わしに来てますよね。マイクがシークレットサービスを辞めますって宣言したかと思ったら、大統領にあっさり説得されて局長になっちゃうんだから。辞めたいのか、やりたいのかどっちだよ。

まさか大統領に引き留めてもらいたかったわけじゃないよね?凄腕エージェントとかいいながら、ただのかまちょかよ。

コメント