町田総合高校の体罰あなたは賛成反対?暴力絶対ダメとか平和ボケかよ

この記事は 約3 分で読めます。

東京の町田総合高校の体罰問題が話題になっているので、この機会に学校の教師が暴力を振るうのはありかなしかについて語ろうかと思います。

町田総合高校の体罰問題の概要

まずは問題が発生した直後の動画をご覧ください。

  • 生徒がピアスをつけて登校した。
  • 生活指導担当の男性教諭が注意した。
  • 生徒が注意されたことに逆上し、挑発。
  • 男性教諭がブチ切れて暴行。
  • 体罰だと炎上

町田総合高校の件はありなのかなしか

動画を見た限りでは、あれを教師の体罰とか暴力っていうのはちょっと違うんじゃないのかな、という印象を僕は受けました。

もちろん生徒と教師のそれ以前のやり取りや前々からの因縁など、今回の出来事だけでは見えない色々な背景があるでしょう。それを踏まえたとしても先生は悪くないと思いますよ。もっというとあれは殴って正解。

体罰とはご存知の通り、肉体に直接苦痛を与える罰のことをいうのですが、今回の出来事は目上の人間が目下の人間に権力を用いて手を挙げた、というのとは明らかに違いますよね。

だってそもそも生徒はタメ口を聞いたうえで暴言を吐き、攻撃態勢を取っているんだから。つまり教師と同じ目線か、あるいは上から物を言っているわけで、あの時点はあの生徒は少なくとも弱者の態度ではないですよね。

一方的に教師に怒られて、しょぼんとなったところを殴られたのなら体罰といってもいいですよ。でも自分から喧嘩を売っておいて殴られたら暴力だ、体罰だって当たり屋かよ。

そういういえばちょっと前にアメリカの学校でも同じような問題が起こりましたね。その動画がこちらです。

Violent brawl between teacher and student in California classroom

この生徒の場合は、黒人の教師に対して人種差別的発言を連発したうえで散々挑発した末に殴られています。ちなみにこのときは教員が児童虐待の罪で起訴されています。

すごく今回の件と似ているのなあ、と思ったのはいずれの生徒も絶対に暴力を振るわれることはない、という過信から超えてはいけないラインを越えてしまってるんですよね。それで当然の結果が待っていた、というだけの話ですよ。

もちろんあういう場面でも我慢できる教員はいるでしょう。でも動画を撮られるリスクを十分に知りながらも、たとえ職を失っても自尊心を傷つけられることだけは避けたかった、というのは十分に理解できるけどなぁ。人として自分の身を守る最低限の行動だったと僕は思いますよ。

相手は未成年の子どもなんだから教育者は絶対に暴力を振るっちゃいけないっていう意見もあるでしょう。でもそういう意見をいう人に限って子供を舐めてるんですよね。

子供もその気になれば大人のこと簡単に殺せますからね。大人や他人に牙をむいた子供は、果たして保護される存在なのかどうか。

生徒が武器を持ってる可能性だってあるし、やるかやられるかの場面になってもまだ暴力は振るっちゃダメとか、どんだけ平和ボケしてんだよ。

コメント

  1. RenoBank より:

    あら・・映画じゃない。
    こんなネタにも文句炸裂されているんですね! 面白いです!

    僕もこのケースは断然先生の味方です。
    ああいうガキは痛い目に合わさないとダメです。

    自分の高校生時代などは、自慢じゃないですが生活指導の教師がいつも重たいガラスの灰皿を持ってました。生徒からの反撃をかわすための抑止としてチラつかせていたんです。実際、それで殴られて血祭りにあげられた生徒もいました。ガキが大人を舐めるとこうなるってことを態度で示したのです。

    一方でその先生はこういうことも言ってました。
    部活で生徒を床に正座させ、自分は竹刀を振るかざしているあのB先生はダメだと。「俺は正義で勝負している」と。当時はキザなセンコーだと思っていたんですが、いまなら意味がわかります。

    未熟な子供を「何人も危害を加えない」なんていう絶対圏に置いちゃダメですし、もちろん立場と権力を笠に着た体罰など、もってのほかだと思います。

    • 映画男 映画男 より:

      指導者がどこまで我慢するべきかっていうのは難しい問題だけど、今回のケースは生徒が自業自得ですよね。

  2. ジゼル より:

    これがTVで流された時、とんでもない暴力教師、という視点で
    報じられていましたが、こういう短絡的な報道がまた、悪影響を生み出すんだと思います。
    必ず理由、原因があるんだろうと思っていましたが、いやー
    生徒は酷い態度ですね。
    そもそもルール違反をして注意されたのに従わないって時点で
    停学とか処分の対象でしょう・・・。
    仰るように、何をしても言っても、先生は何もしない、できないだろうという
    甘えがあるからこそのあの態度。
    ガツンと痛い目に合わないとわからないんですね。舐めてますよ。

    それとこういう生徒の親はどうなってるんだと思います。
    こういうことを子供がしていたら、親である私が
    殴り飛ばしますよ。
    先生を責めたりはしませんけどね。

  3. れお より:

    いくら挑発されたから殴ったらダメですね。
    大人を殴ったら傷害罪なのに、生徒を殴ったら体罰?おかしいでしょ。
    親の子供への体罰も反対。なんの効果もない。
    おれら動物じゃないんだから。ちゃんとお話しましょ。
    暴力ではなんの解決にもならない。

    (体罰したほうとされたほう両方の)経験者は語る

    • そう より:

      まさにその通り。同意する意見だけではなく、この意見に対する映画男さんの考えも聞きたいです。

  4. ダダリオ より:

    >子供もその気になれば大人のこと簡単に殺せますからね。

    バタフライナイフを世間に知らしめた20年前の栃木女性教師刺殺事件はまさにそれですからね。
    その時から日本人全体が教育に関してあまり進歩してないのかもしれません。

  5. そう より:

    尾木ママのような理想論は論外ですが、なぜ暴力を正当化してしまうのかわかりません。
    大人が大人に対しては傷害罪なのに、教師が子供に暴力振るうことは称賛してしまう矛盾に対して、どう思うのか凄く気になりました。

    なぜ生徒に対して、停学や退学というカードを出したりもせずに、暴力で従わせることを称えるのか。おかしくないですかね?

    • 映画男 映画男 より:

      ご意見ありがとうございます。停学や退学という処分を下させばいいという意見もあるけど、それはあくまでも喧嘩が収まった後のことですよね。今まさに生徒が暴力的に教師に向かっていってるときに「はい、あなたは停学だから職員室行きましょう」って処分を下したところで生徒ははい分かりましたって言うこと聞かないですよね。だってすでに生徒の暴力のスイッチが入ってるんだから。

      僕が言ってるのは、殴るか殴られるか、やるかやられるかの状況で教師が自己防衛のために暴力を振るうのは仕方がないと言ってるんですよ。それをどんな状況でも暴力はダメだと否定しまうと、じゃあ生徒が殴りかかっても、ナイフで襲ってきても、銃を乱射しても、抵抗しちゃいけないんですかって話じゃないですか。そのとき誰が誰を守るんですか。

      大人が大人に暴力振るったら傷害罪なのに生徒には殴っていい、という話じゃなくて、大人だろうと、子供だろうと、暴力の引き金を引いたらこういう結果になるってことですよ。

  6. そう より:

    ご返信とても嬉しいです!ありがとうございます。
    今回の件は、生徒の挑発に乗った教師が暴力を振るったという話なので別ですが、映画男さんの仰るような“暴力のスイッチが入った、感情を抑えられない危険な生徒が向かってきた場合”教育者だから抵抗しないでやられろ!と言っているわけではありません。

    その場合は学校や公の場関係なく、レイプされそうになった時や無差別殺傷事件に出くわした時と同じ対処をすれば良いと思います。相手が自分より弱いのであれば制圧すれば良いし、強いのであれば逃げる。そこまでする生徒はもちろん退学にすれば良いですし、その後被害者が出ていた場合は警察にも連絡すれば良いだけです。
    何より、教師に対して行き過ぎた行為をすれば退学になる。と周知されていれば生徒たちも馬鹿な真似をしなくなると思います。

    世論がなぜそのような暴力的な生徒や教師を挑発するような生徒を、殴り飛ばせば心を入れ替えて言うことを聞いて貰えるだとか、更生してくれるだとか思っているのか疑問です。もしくは目下の生意気なやつが殴られるのがスッキリするというような感情で話しているように感じてしまいます。

    一度暴力を正当化してしまえば、マイクタイソンのような生徒にはどうするのか?集団で復讐にきたらどう対処するのか?教師は生徒を殴っても許されるが、生徒が教師を殴れば少年犯罪になるのか?など問題点が尽きません。