【動画】メリー・ポピンズ・リターンズは耳障り!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

最後まで見たら途中退席しておけばよかったと後悔すること間違いなしの低レベルミュージカル。これ見るよりはオリジナル版を見たほうがいいです。2点(100点満点)

メリー・ポピンズ・リターンズのあらすじ

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」予告編 “美しい魔法”がたっぷり バスタブの底から海底旅行も

大恐慌を迎え暗く厳しい時代のロンドン。バンクス家の長男でありかつて少年だったマイケル・バンクス(ベン・ウィショー)は、今では自らの家族を持つ親となっていた。

かつて父や祖父が働いていたフィデリティ銀行で臨時の仕事に就き、3人の子どもたち、アナベル(ピクシー・デイヴィーズ)、ジョン(ナサナエル・サレー)、ジョージー(ジョエル・ドーソン)と共に、桜通り17番地に暮らしていたが、ロンドンは大暴落の只中で金銭的な余裕はなく、更にマイケルは妻を亡くしたばかりだった。

子どもたちは「自分たちがしっかりしなくては」と躍起になるが上手くいかず、家の中は常に荒れ放題。さらに追い打ちをかけるように、融資の返済期限切れで家を失う大ピンチ!

そんなとき、魔法使いメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が風に乗って彼らのもとに舞い降りた。20年前と同様にバンクス家の子どもたちの世話をしに来たと言う彼女は、一風変わった方法でバンクス家の子どもたちの “しつけ”を開始。バスタブの底を抜けて海底探検をしたり、絵画の世界に飛び込み、華麗なるミュージカル・ショーを繰り広げる。そんな彼女に子供達は少しずつ心を開き始めるが、実は彼女の本当の魔法は、まだまだ始まったばかりだった…。

公式サイトより

メリー・ポピンズ・リターンズのキャスト

  • メリー・ポピンズ:エミリー・ブラント
  • ジャック:リン=マニュエル・ミランダ
  • マイケル・バンクス:ベン・ウィショー
  • ジェーン・バンクス:エミリー・モーティマー
  • エレン:ジュリー・ウォルターズ
  • ミスター・ウィルキンズ:コリン・ファース
  • トプシー:メリル・ストリープ

メリー・ポピンズ・リターンズの感想と評価

ディズニーによる1964年に公開された「メリー・ポピンズ」の続編。監督は、「シカゴ」、「NINE」、「イントゥ・ザ・ウッズ」などで知られるロブ・マーシャル。

ミュージカルのくせに肝心な歌と踊りが最低で、耳障りな演出にだんだん腹が立ってくるので映画館では絶対に見ちゃいけない作品です。

メリーポピンズは日本でも昔よくテレビ放送されていたので、知っている人も多いかと思います。

メリーポピンズ (吹替版)
麻生 かほ里
¥ 199(1970/01/01 00:00時点)

僕はそれほど好きな作品じゃないんですが、今回の続編と比べると、オリジナルはまだだいぶ良かったなぁという思いになりました。

ストーリーは、バンクス家のもとに借金の取り立てが現れ、期限までに払わないと担保にしている家を没収することを告げられ、途方に暮れていると、メリーポピンズが空から凧に乗って登場し、バンクス家を魔法で助けてくれる、というものです。

メリーポピンズが地上に現れてからは、ラストまで必然性のないシーンが続き、グダグダの展開が繰り返されます。

バンクス家の主であるマイケルは、父親が家族のために残した株券を無くし、それさえあれば借金を完済できるといって株券を探し回るんですが、散々そのエピソードで引っ張っておきながら、最後は株券なんて別にいいからさあさあみんなで踊りましょう、みたいなオチになるのには飽きれました。ストーリー的にはインドのミュージカルより無茶苦茶です。

ミュージカルシーンで唯一まともなのは、街灯にぶら下がったりしてダンサーたちが踊るシーンで、プロのダンサーたちの踊りはまだ見れるけど、ちょっとレッスン受けて本番に臨みましたみたいな俳優たちの踊り見たいかなぁ? 見る価値ないでしょ。ラストはおじい、おばあまで踊り出してからね。

歌は歌で、ほかのハリウッドミュージカルに流れる曲と同じようなメロディーばかりで、なんのオリジナリティーもないですね。ミュージカル音楽って全部同じ人が作曲してるのかよっていうぐらい類似してますよね。

あと、終始登場人物たちが慌ただしくしてるのが嫌で、あのノリで2時間はまじできついです。ふと誘われて行った飲み会が高校生の集まりだったみたいな気持ちにさせられます。

子供や大人が元気なのは結構なだけど、わざとらしいし、声がいちいちでかいし、自分から映画館まで見に来ておいて耳栓つけようかなって思うぐらい、やかましさが半端なかったです。

ファンタジックで、マジカルで、カラフルで、なんとなく夢の国の雰囲気は漂っているものの、間違っても大人が見る類の映画じゃないですね。

かといって子供が楽しめるほどの可愛い要素もないんですよ。子役たちは全然可愛くないし、癒されるキャラクターもいないから。

アニメーションと実写を組み合わせる手法はオリジナルと同じで、特に新しい試みがなく、せっかくの半世紀ぶりの続編なのに時代設定すら大昔の1935年のロンドンにしたのが信じられません。どうせなら現代を描けばいいのに。

今のロンドンであの格好をして、でかい傘さしながらぎゅうぎゅうの地下鉄の中で歌って踊ればいいじゃん。それでどれだけメリーポピンズが浮くか見てみたいですけどね。

コメント

  1. タラヲ より:

    本当ですか!?この後にダンボとアラジンもあるんですけど。リメイクは失敗続きなのか?

    • 映画男 映画男 より:

      リメイク、続編、アニメからの実写化は外す可能性高いですよね。アラジンはポスターが出た時点でかなりバカにされてたし、滑りと思いますよ。