死ぬまでにしたい10のこと(原題 My Life Without Me)


40点(100点満点)

ストーリー
23歳のアンは、夫と二人の娘とトレーラーハウスで慎ましく暮らしていた。アンはある日突然病に倒れ、病院に行くと、医者から余命2,3ヶ月と宣告される。
そこでアンは家族には事実を隠すことにし、コーヒーショップで死ぬまでにしたい10のことをリストアップしていく。さっそくやりたいことを実行に移していく彼女は、コインランドリーで孤独の男リーと出会い恋に落ちる。

文句
悪い意味でとても西洋的な映画。どうせ死ぬんだからやりたいことをやろうというのはわかるけど、そのしたいことのリストを見ていくとその中に
・他の男と寝る
というのがあり、あれ?と思った。人はもうすぐ死ぬとなると、どんなわがままでも許されると思っているふしがあるけど、それは大間違いで、いくら死ぬからといってなんでもやっていいなら、このリストだって、
・ 高校生にイタズラする
・ 通りがかったむかつく奴を刺す
・ おばあちゃんを引っ叩く
とかとんでもないものになってしまう。もうすぐ死ぬんであっても、死ぬまでは生きているんであって、それまでは自分のやることは全部自分の責任内でやってもらいたい。そして、死ぬまでにやりたいこととは、いわばやったことがないけど、常々やりたいと思っていたことに違いないから、アンは常々他の男と寝たがっている、ということなのである。ああ、怖い。万が一このリストを夫が見たとしたら、それはそれは傷つくだろうな。
なぜこの女は、死ぬまでに思う存分、時間無制限で、子どもたちがいることも忘れて、夫とセックスしたいと言えないのだろうか? リストアップされた多くの願いがアン個人の願いであるのが個人主義の西洋文化モロだしだなあと思えた。死ぬまでに一度でいいから、どこどこを家族で散歩してみたいとなぜ言えないんだ? 

最後の方では夫が近くに引っ越してきた女と仲良くなってくれてよかったみたいになるけど、これも代わりさえ見つかれば万事OKのような発想から成り立っている。本来夫婦とは代わりなどいない存在なはずなのに、取り替えられるという発想がいかにも西洋的。全部自分中心で話が進んでいくくせに映画の本題がMy Life Without Meというのだから笑いものでしかない。これだったら思い切りMy Lifeでいいじゃねえかよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
40点台の映画カナダ映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. trin より:

    映画男様

    この映画は公開当時、お洒落女子映画的扱いをされていたような記憶があります。私は「死を宣告された主人公が精いっぱい余生を生きる」類の映画が
    苦手なので相当後になって、レンタルで見て、特に感慨は受けなかったのですが・・・。

    「時間制限なしで夫とセックスしたいと言えないのだろうか」
    目からウロコでした。ちょっと感動しました。
    このヒロインは、命を失うのは自分なのにどこか傍観者的な感じで、生死のさなかの気違いじみた感情が何も伝わってこなかったのを思いだしました。
    映画男様のレビューを読んで、前に見た映画のことを思い出すのも楽しみになっています。
    これからもよろしくお願いします。

    • 映画男 映画男 より:

      trinさん

      コメントありがとうございます。お洒落女子映画で面白い映画ってほとんどないですよね。寒いだけです。