映画Genovaの感想とネタバレ

この記事は 約2 分で読めます。

美しい映像、ぐっとくるストーリー、青春を感じさせる恋愛劇、優しい家族のエピソードなどを盛り込んだイタリアを舞台にした物語。見ごたえ十分です。70点(100点満点)

Genovaのあらすじ

交通事故で妻を失ったジョーは2人の娘と共にイタリアのジェノヴァに引っ越す。イタリアの大学で教鞭を取ることになった彼は学生や昔の同級生と接しているうちに悲劇を忘れようと努める。

一方で一番下の娘は自分のせいで母親が死んだという自責の念にかられ、毎晩のように悪夢にうなされる。そのうち夢だけでなく普段の生活の中でも母親の霊を目にするようになり自分を見失っていく。

Genovaの感想

いとしきエブリデイ」、「ナイン・ソングス」などちょっといい映画ばかりを作る監督マイケル・ウィンターボトムの家族ドラマ。

家族の死により住む国も生活もがらりと変わってしまった親子3人が立ち直るまでをリアルにかつ美しく幻想的に描かれていました。死者を思うばかりに母親が霊(幻想)として出現するストーリーなんか、いかにも日本人女性に好かれそうです。

家族同士が仲良くしすぎるわけでもなく、かといって冷たすぎるわけでもなく、ときに優しく、ときに距離を置いてという彼らの接し方が自然でしたね。父親のジョーは妻を亡くしたことで、一人で父母の役を務めようとしていて大変そうでした。

ただあまりにも昔の同級生であり、元恋人のバルバラを利用しすぎたかな、と思いますね。独身の中年女が未亡人になった男を見て「これはチャンス」と思うのは当然のことで、それをあんなに冷たくあしらうなんてあんまりです。

この映画がいいのは、外国を舞台にした映画がよく陥りがちなステレオタイプな部分とわざとらしさがないところです。

言葉も家族全員イタリア語が話せないという設定で、これから言葉も一から覚えて新しい生活に慣れないといけないという感じが伝わってきます。また、次女役の子どもの演技が上手くて、愛らしくて、これまた日本人ウケしそうです。

コメント

  1. ひとみ より:

    これはよさそう。
    家族ものはクサクサなのがアホらしくて、鑑賞後かえって荒んだ気持ちになりがちなので避けておりますが、これはいけそうな予感。ご紹介ありがとうございます。

  2. eigaotoko より:

    ひとみさん
    そうですね。アメリカのいわゆる家族映画、例えば「レイチェルの結婚」のようなのは、とにかくI LOVE YOU連発ですからね。それで家族同士抱き合って、キスして。見てると、はいはいって感じになりますよね。