映画マレフィセントはダークで楽しい!ネタバレと感想

この記事は 約4 分で読めます。

male

『眠れる森の美女』の悪役マレフィセントを主人公にしたファンタジードラマ。旧作の登場人物のサイドストーリーを膨らませていき、新作映画にしてしまうといういわばリサイクル映画だけれど、ブラックな要素あり、意外性ありでそこそこ楽しめる一本。64点(100点満点)

マレフィセントのあらすじ

とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント (アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィ セントの過去にあった。

シネマトゥディより

マレフィセントの感想

ロバート・ストロンバーグ監督によるファンタジードラマ。ディズニー映画にしては面白かったです。

アナと雪の女王」が大ヒットしたのをきっかけに、なんでディズニー映画はいつもヒットを飛ばすのかに興味を抱き、ディズニーの旧作を見直すようにしていました。

映画そのものを見るというより、マーケ―ティングの観点で、彼らは一体どんなスパイスを物語に含め、どうやって締めくくるのか。そしてなにを視聴者に提供するのか、というのを観察すると、それはもうジブリのレベルとは雲泥の差があることに気づきます。

まずディズニーは圧倒的な映像をスクリーンに映し出し、インパクトを残します。これは「マレフィセント」の実写だけでなく、ハイテク技術を駆使したアニメがそもそもそれに当たりますね。

そして必ずといってほど迫力&スピーディーなアクションシーンがある。さらに一人や二人、お笑い要員のキャラがいて、ところどころにユーモアがある。途中覚えやすい歌なんかを織り交ぜながら、一気に視聴者を巻き込み、愛と友情ために戦い、最後は必ず善が悪を倒し、ハッピーエンディングを迎える。この一連のパターンは子供や癒しを必要としている大人には心地いいのです。

見終わった後に少なくともモヤモヤ感がなく、「ああ、面白かった。じゃあみんなでご飯でも食べに行こうか」となるのです。

僕はハッピーエンディングなんて求めていませんが、この映画は悪くなかったと思います。突っ込みどころがないわけではありません。

眠れる森の美女オーロラ姫を起こすには真実の愛のキスをしないといけないそうですが、そのキスが真実かどうか誰かジャッジしていたのか多少気になりました。

途中、王子様が妖精たちにせかされるようにオーロラ姫にキスをします。あれも未成年の少女が眠っている最中にキスするわけだから、性的虐待にならないのかとハラハラしました。もっとも原作では王子様がオーロラ姫が寝ている間に悪戯しちゃうらしいです。ああ、怖い。

恐ろしすぎるディズニー映画の原作トップ5

面白かったあ、というより、「上手いなあ、売れる映画だなあ」と感心させられる作品ですね。この映画を気に入った人の大半が「眠れる森の美女」のDVDを買って見直すんじゃないでしょうか。

その時点でディズニーからしたら「シメシメ」なんです。発展途上国とかだったら、映画館の前にDVDを持った売り子たちが待ち構えてそうな気配すらあります。

見る前は アンジェリーナ・ジョリーが妖精ってどうなの?と思っていましたが、結構はまっていましたね。敵役の王様をブラッド・ピットにしてもよかったかもしれませんね。

それで夫婦で喧嘩させるみたいなね。あまりにも役作りに本気になったばかりに映画公開後本当に離婚したりなんかして。映画は成功だったけど、結婚は失敗しましたみたいな。

ディズニーは予告編で、アンジェリーナ・ジョリー扮するマレフィセントがさもゴリゴリの悪役のような印象を植え付けていました。あれも戦略だったんですね。

ストーリーの中で登場人物の善悪がスイッチしたり、こいつ案外いい奴じゃん、と思わせるような下りは、ドラゴンボールみたいですね。そういえばマレフィセントが怒っているときは回りの岩とかが吹き飛んで、フリーザみたいになってませんでしたか?

マレフィセントが数倍楽しくなるキャラクターの由来とこぼれ話

マレフィセントの予告動画で英語を勉強する

マレフィセントの名セリフ

コメント