ドクター・スリープはシャイニングファンに謝れ!感想とネタバレ

この記事は 約5 分で読めます。

シャイニング」が好きな人は絶対に見てはいけない、ファンを舐め腐った低レベルホラー。今見てる光景は実はビジョンでした!というカットの連続でイライラさせられます。7点(100満点)

ドクター・スリープのあらすじ

映画『ドクター・スリープ』US版メイン予告【HD】2019年11月29日(金)公開

オーバールック・ホテルでの悪夢のような出来事がトラウマになっているダニーは大人になってから酒に溺れていた。ダニーは酒絡みでトラブルを起こし、刹那的に生きていた。

そんなある日、ダニーは小さな町に引っ越し、面倒見のいい友人ビリーと知り合ったことをきっかけに仕事や家を紹介してもらい、アルコール中毒のリハビリをするようになる。

やがてダニーは自分と同じシャイニングの能力を持つ少女アブラとテレパシーで交信を始める。

一方、ローズ・ザ・ハットはシャイニングの能力を持つ子供たちを探し出し、彼らを殺したときに放出されるスチームを餌にして不老の肉体を得ようとしていた。

ローズは、催眠術のようになんでも言うことを聞かす能力を持つアンディを仲間に入れ、次なる獲物を狙っていた。

アブラはローズが次々と人々を殺していることを察知し、ダニーに助けを求めに行く。やがてローズは強力なシャイニングの使い手であるアブラの存在に気づき、彼女を探し出そうとする。

ドクター・スリープのキャスト

  • ユアン・マクレガー
  • レベッカ・ファーガソン
  • クリフ・カーティス
  • カール・ランブリー
  • エミリー・アリン・リンド
  • ブルース・グリーンウッド
  • ジェイコブ・トレンブレイ

ドクター・スリープの感想と評価

マイク・フラナガン監督による、ホラーの名作「シャイニング」の続編にして、スティーブン・キングによる同名小説の実写化。

完全に前作の世界観をぶっ壊し、チープなヒーロー映画に仕上げた侮辱作品。キューブリックが見たらブチ切れること間違いなしの駄作です。

これのどこがどうホラーなのか理解できないし、心理的に迫る恐怖などは皆無でした。

え? シャイニングってこんな話だっけ?っていうほど、前作とは無関係の話で、終盤にちょこっとオマージュシーンと過去シーンを見せたら続編の出来上がりでしょ?みたいなノリで作ってます。

主な問題点を挙げると、こんな感じになります。

  • テンポが悪い
  • 上映時間が長すぎ
  • 無駄なシーンが多すぎ
  • テレパシー使い過ぎ
  • ビジョン使い過ぎ
  • 場面が唐突に移り変わりすぎ
  • 心臓音のBGMに頼りすぎ
  • シャイニングの能力を拡大解釈させすぎ

そもそも原作に問題あり、という説も否めないんだけど、映画シャイニングの根強い人気にあやかろうとし、続編ブームに便乗して、大して実力もない監督に撮らせたらどうなるかというのは最初から目に見えてましたよね。

シャイニング」の成功ってやっぱりあの最高のロケーションと、ジャック・ニコルソンをはじめ、シェリー・デュヴァルの顔芸と、マニアの好奇心をくすぐる謎とスタンリー・キューブリックの美術性と芸術性の高い演出が奇跡的に重なったことが要因だと思うんですよ。

それに対し、この映画は芸術性は完全に排除されているし、ユアン・マクレガーの演技ではとてもジャック・ニコルソンには太刀打ちできないし、狂気を感じさせてくれる出演者が一人もいません。

さらに肝心のストーリーが特殊能力を持った正義の味方と悪者の対決、というなんとも安っぽい構図になってるんですよ。

それも登場人物の目が白く光ったりするもんだからXメンでも見てるのかと錯覚しちゃいました。

あと、一瞬、これMナイト・シャラマンの映画じゃないよね?って思う箇所もいくつかありましたね。つまり意味不明ってことです。

そもそもシャイニングって、少なくとも映画の中では、普通の人が見えないものが見えたり、聞こえたり、感じたりするっていうもっと抽象的な霊感のようなものじゃなかったっけ?

それが本作から急に催眠術をかけたり、相手を突き飛ばしたり、相手の頭の中に憑依したりする、分かりやすいスーパーパワーに変わっちゃってるのが笑えました。もしかしてシャイニングって技の名前なの?

そのうち「行くぜ、スーパーシャイニーング!」とか言いながら敵を攻撃するんじゃないのかと思ってはひやひやしました。

それもそれぞれの登場人物が独自の能力を身に着けたりしていて、まんまスーパーヒーロー映画なんですよ。

なによりラスボスがこれだからね。特徴がハットだけっていうね。そんでもって呼び名がローズ・ザ・ハットって絶対笑いを取ろうとしてるでしょ?

終盤、ダニーとアブラはラスボスのローズをおびき寄せるためにあの有名なオーバールック・ホテルに向かいますが、その流れも不自然極まりなく、ストーリー的に必要かどうかよりも、シャイニングの続編と呼ぶにはそうするしかなかった、としか思えませんでした。

そこからはオーバールック・ホテルといえばこれ!といったようなエレベーターから大量の血が流れてくるシーンやバーテンダーと話すシーンや迷路のシーンが、ストーリーとは全く関係ないところで割り込んで来るだけで、だからどうしたの?としか言いようがないんですよ。そんなに過去のシーンが見たいなら「シャイニング」見るって。

ラストは最近の流行に沿って続編があるかもよ的な余韻を残して終わっていくのも嫌ですね。

なにが「ほかにもシャイニングの能力を持った人間はいる」だよ。だったらそいつらも一緒に出せよ。そもそもそんなにたくさんいるんだったら特別な能力でもなんでもないじゃん。

コメント

  1. Shiny さん より:

    MARVEL原作ですか

  2. RenoBank より:

    そんなに酷かったですか!
    最近、あやかろう式のものはロクなもんありません。

    • 映画男映画男 より:

      ろくでもなかったです。

    • mee より:

      序盤の敵陣営のスカウトや捕食のシーン、主人公がホスピスで患者を看取るシーンなんかはわりと良かった。
      問題は敵が弱すぎることに尽きると思う。そのせいでホテルにおびき出す意味が分からず、(゚Д゚)ってなる。
      どうしようもなく追い詰められてから、ホテルのおばけと共食いさせよう!っていう筋なら、もう少し見れた気がしました。

  3. sakuyama より:

    「キングはキューブリック版の悪口をさんざ言っときながら、あの映画のオイシイとこはイタダくんかい」と思ってしまって、どうも好感持てませんでした。

    ダニ-にも黒人の子にも帽子の女にも感情移入できませんでしたし。
    ホテルに行く理由も取ってつけたようでした。

    双子や浴槽婆さんが【皆さんおなじみの!あのキャラ!】みたいになって、怖いどころか「バカバカしい」としか感じませんでしたね。
    超能力描写もことごとく陳腐で。

    SNSでは高評価が多いみたいですが、正直理解できません。

  4. くそでした より:

    レビュアーが興奮してるレビューは読めたもんじゃないね

  5. 淀川長治 より:

    酷い。1時間で映画館を出た。今年見た映画20本の中でワーストです。新作のターミネーターだって最後まで見られたのに。キューブリックの美しい映像や、ニコルソンの怪演が懐かしい。

  6. ああああ より:

    今作はキングの原作シャイニングを基に作られた感じですよね、映画の方が好きな人には受け入れられないでしょうね。

  7. 賛否両論 より:

    前作は原作の内容とかけ離れるシーンがかなり有り、キングにもこき下ろしされました。
    ただ、キューブリック独自の表現もあり素晴らしい作品でした。

    今作はオマージュ的な要素も強く、シャイニングで描かれてない話も織り込まれてました。
    原作好きなら、ラストのホテルが燃えるシーンなどは、キングの原作をかなり意識しているのはわかりました。
    シャイニングは原作派と映画派とはっきりと、わかれ賛否両論もあり、この映画とシャイニングを重ねて観るには難しいと思います。

    原作二作共に読まれましたか?
    是非、読まれて新たな感想が聞いてみたいですね。

  8. ターキー より:

    B級ファンタジー映画として見るならギリ見れますね(笑)
    野球少年がただただ可哀想だった。。。
    残酷なだけで全然ホラー感なかったし
    銃撃戦は始まるしもうぐちゃぐちゃ

    • 映画男映画男 より:

      野球少年、報われませんでしたよね。

    • かすかす より:

      これは原作を見てない人の意見と見た人の意見とで別れるところだなー

      そもそもシャイニングの映画は見て原作は読んでないってにわかな人には理解出来ない所とか多いのでは?

      シャイニングが好きで原作見てない人っては少数だとは思いますが
      キングがあそこまでぶっ叩いた映画を見て原作読まないってのは映画ファンと呼べるのか?とすら思います

  9. かものはし より:

    原作を読む読まない以前の問題で原作があるものだということをまず理解しているようで理解していない。レビューを読んで感じられた。
    ヒーロー映画と言っているが、誰が続編はホラーだと言った?
    それに前作のシャイニングをオマージュしたシーンに文句をつけていたが、ちゃんと映画を見ていたのだろうか(笑)
    集中力がない人にはいささか難しい映画だったみたいだな(笑)

  10. 不思議な名無しさん より:

    展望ホテルを焼き尽くすことで「キューブリック監督のシャイニング」を壊して「スティーブン・キングのシャイニング」を完結させた作品かなと思いました。
    キューブリック監督の映画シャイニング派には「あの名作を犯して焼き殺した」ありえないほどムカつく作品でも、
    「シャイニングを訳のわからん芸術ホラーに改造された」と怒るスティーブン・キング派にとってはある程度納得いく作品かなと思います。
    原作小説のドクタースリープが能力バトル物なので、「あの名作ホラー映画シャイニング完結!!」としか宣伝しない広告会社にちょっと疑問でした。

  11. にゃー より:

    レビューに全面的に同意します。美しさのかけらもなかった。無駄に長い。多くのシーンが無駄。