代償

小栗旬を見ていたらそれだけで幸せという人しかとても見られないドラマシリーズ。辻褄、恐怖、感動、こだわり一切なし、制作費切り詰めて作りました感満載の作品です。15点(100点満点)

ドラマ代償のあらすじ

敏腕弁護士として活躍している奥山圭輔(小栗旬)は、同僚の白石真琴(高梨臨)との交際も順調で平穏な日々を送っていた。ある日、彼に一通の手紙が届く。差出人は強盗殺人事件の容疑者・安藤達也(高橋努)の義母、道子(片岡礼子)だった。文面には達也の弁護を引き受けて欲しいとあり、圭輔は強烈な吐き気と共に凄惨な過去を蘇らせる。圭輔と達也のあいだにある過去の因縁とは・・・。

Huluより

ドラマ代償の感想

Hulu製作による同名小説の実写ドラマシリーズ。少年時代の親戚同士が大人になってからネチネチと繰り広げる復讐連続殺人ドラマです。

少年のときから根っからのシリアルキラーである犯人と正義感溢れる主人公の対決を描いていき、散々手の込んだ殺人や復讐をする割には、一つ一つの事件に納得できるだけの動機が何もなく終わっていく話です。

キャストの演技は下手だし、ストーリーはめちゃくちゃだし、映像はしょぼいし、全体的に安っぽさが充満しています。

よくもまあこんなにダークなエピソードが思いつくなあというほど、グロくて、残酷で、不快な話を詰め込んでいるので、怖い話や気持ち悪い登場人物にゾクッとくる人にははまるんでしょうか。

僕的にはとにかく大した理由もなく人が死にまくるし、やりたい放題やっても誰も警察に捕まらないし、何の魅力もない犯人に大勢の人が無償で協力する意味が理解できなさすぎて、終始突っ込まずにはいられなく楽しむどころの話ではなかったです。

レイプ、拷問、親近相関、殺人といった過激なエピソードを並べたところで肝心な演出がボロボロなので、恐怖や興奮は得られません。

日本のドラマや映画って監督、脚本家、出演者のレベルが低いだけでなく、大道具、メイク、美術といった裏方の人たちまでかなりお粗末ですよね。これはもう全体のレベルを上げないと、どうやってもまともに見れる作品を作りようがないんですよ。

特に家やオフィスといった室内シーンは、なんであんなに非日常で無機質な絵にするんですかね。例えばこういうシーンだけで、僕は興ざめするんですよ。こんなところに大の大人がわざわざ行かないじゃん。

奥のピアノとか、パレットとか無造作に置いているつもりでも不自然なんですよ。何から何までシュール。圧倒的にセンスがないんですよね。あそこにピアノを置こうって一体誰のアイデアなんだろう。

そしてこれが弁護士事務所ね。そうそうオフィスだからブラインドは必須だよねってならないでしょ? アメリカのドラマからコピーしたみたいな部屋になってるんですよ。

もっとひどいのが自宅ね。見てよ、この生活感のなさ。弁護士だからいい家具揃えて、いちおう植物置いておきました、みたいなノリ。

どこもかしこも日本じゃないんですよね。日本生まれの日本人スタッフが日本で撮影して、ここまで日本っぽくできないって致命的ですよ。

>>代償はHuluの無料体験で視聴できます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう