映画館でスマホを見るのはありかなしか毎日映画見る僕が語ってみる

映画館でスマホを見るのはマナー違反かどうかについてネット界隈で議論になっているようなので便乗して僕の意見を書こうかと思います。

事の発端はこのツイートのようです。

あなたは映画館でスマホを見る派? 見ない派?

さすがに上映中ずっとスマホを見てるのは問題だけど、時間を確認するためのチラ見するぐらいなら僕はありだと思います。

最低限のマナーとして映画館で携帯の電源を切るか、マナーモードにするというエチケットはすでに社会に浸透しているのに対し、スマホの画面を見ちゃいけないっていう認識は広がっていないですよね。

携帯の使用をどう解釈するかにもよるだろうけど、なんでもマナーとか常識とかって言葉を使って自分が正しいと主張すると、他人はもちろんいつかは自分の首を絞めることになるでしょう。

スマホの画面を見る人はマナーが守れない人じゃなくて、自分とはそもそもマナーの定義が違うっていうだけです。

日本の映画館のマナー違反なんて甘っちゃろい

僕は今住んでいるブラジルをはじめ、これまで世界各地の映画館に行きましたが、日本人はまだ大分マナーあるほうですよ。海外の映画館に行けば他人がスマホを見たぐらいで怒る自分がアホらしくなるはずです。

例えばブラジル人なんて上映の途中から平気で入ってきます。その際、人の前を通ってもかがむこともしないし、「私たち3人なんで席をひとつずつ移動してください」とかほざく奴とかも普通にいます。

上映中、携帯で普通に電話しだす人もいるしね。「お母さん、まだ映画終わらないから、帰り遅くなるね」とか言ってるもん。

それでそういう奴を注意したら、注意された奴が逆ギレしだして、口論になって、罵り合いが始まって、映画どころじゃなくなるとかね。

観客に完璧のマナーを求めるんだったら映画館で見る意味はない

じゃあ、そういうマナーが悪い人もいる映画館にわざわざ行って、映画を見ることの意味ってなんだろうって考えたら話題作をいち早く見れるという理由以外だと、他の観客との一体感だったり、ライブ感だと思うんですよ。

たまにコメディー映画とかで観客全員が同じツボにはまってドッと笑いが起こるときとか鳥肌が立ちますもんね。カナダで「アメリカンビューティー」見たときは爆笑で会場が揺れたもん。あの感覚は今でも忘れないです。

でもマナーだ、常識だってことをみんなに求めすぎると、それこそ面白いシーンで大声を出して笑うこともできなくなるし、怖いシーンで悲鳴を上げることもできなくなるでしょう。

そのうち泣くんだったら映画館の外に出て泣いてくださいとか言い出す奴でてきそうだよね。子供向けの映画を見に来てるくせに、うるさいから子供は連れてくるなとか言い出しそう。

つまりマナー、マナーばかり言ってると観客の自由が奪われて映画館の醍醐味がなくなるんですよ。もし一人で余韻に浸りたいんだったら、家にホームシアター作って見ればいいわけで。それでもやっぱり映画館がいいっていうなら我慢するしかないよね。

ホームシアター(プロジェクター)買ったら人生変わった!
今年の目標だったホームシアター(プロジェクター)の購入をついに実現しました。たくさんの種類、グレードがある中、選び抜いた末に僕がチョイスしたのはこちらのEPSONプロジェクター EH-TW410。実際に使ってみたところ予想以上のパフ...

映画館にいる一番寒い奴はエンドロールフリーク

ツイートの主はエンドロール中にスマホの光が目に入ったら、台無しになるみたいなことを書いてるけど、さすがにエンドロールならいいでしょ。

そういえば自称映画通の人ってやたらとエンドロールにこだわる人多いけど、あれなんでなんですかね? 「エンドロールに立ち上がるなんて何事だ、君は!」とか言う奴、寒いです。一番寒い。

どうせ「エンドロールの大切さが分かってる俺って格好良くない?」ってことでしょ。深い映画を見て、「余韻に浸ってる私ってかなりイケてない?」ってことでしょ。

エンドロールを見るのが作り手に対するリスペクトだろ!とか知らねえよって。お金払って最後まで見ただけでも十分だろ。だったらお前はスタッフの名前全部暗記するかメモってから帰れよ。

別に本編は終わったんだから立ち上がったっていいし、携帯の画面を見ても自由だろうが。というわけでエンドロールの作法みたいなことを熱く語る輩のことをこれからエンドロールフリークって呼ぶことにします。

僕が映画監督だったらエンドロールフリークがどれくらい余韻に浸ってられるかを見るためにいたずらで1時間以上エンドロールを流し続けます。それでも最後まで見るんだったら大したもんだよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ゴシップ/社会
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. GN より:

    足を運んで映画館に行き、最新作を観る。
    マナーを守ることも大切ですが、やっぱりいろんな人と時間を共有したり予期せぬアクシデントだったり、そのときにしか味わえないもの諸々を含めて楽しむのが映画館の醍醐味ですよね。
    自分もエンドロールまでいますが、あんまりマナーだ余韻だとか言うとせっかくの娯楽が息苦しくなりますね。お茶の席じゃないんだから。

    自分は「IT/それが見えたら終わり」を観た際、はしゃぐ女子たちが前後にいましたが、真横には真剣に観てるおじさんがいたりして、楽しかったです。
    エンドロール後、「えっ、第2章?どゆこと?」とか言ってて、自分も「気になるよな!」と心の声が出ました。

  2. てるき より:

    エンドロールフリーク…大いに納得し笑わせてもらいました。
    私が住んでるフランスではエンドロールになった途端、照明が点灯してほとんどの人が退出します。
    最初は戸惑いましたが最後までエンドロールを見てたのは、暗いうちに退出すると忘れ物がないか不安なので明るくなるまで待機していただけということに気づきました。さすが合理的!
    でも最近はエンドロールの後にオチがある場合もあり、迷います。
    1つ席を空けて座っていると2人なので詰めてくれとか当然のように言われるのは共通です。ベストポジションとか前に座高の高い人がいる時は断りますが、すごい非難の目で見られます。
    あと前に人を座らせないためなのか、前の席にコートをかける奴が結構います。お国側ですね~。
    いつかは自分の首を絞めることになるというのと、マナーの定義が違うだけという言葉には身につまされました。
    これからも楽しく拝読させていただきます。

    • 映画男 映画男 より:

      フランス人にもすごい人がいるんですね。さすがにコートをかける奴はブラジルにはいませんよ。

  3. ジゼル より:

    やっぱり映画館の中ではスマホはできるだけやめてほしいですね。
    でも、仰ることもわかります。
    あと、ずっと鼻をすすっている人がいて、あれは非常に気になりました。映画に入り込めば気にならなくなる、と思って我慢してましたが
    二つおいて隣だったのでやけに響くんですよね。
    それでずーーーーっとすすってるんですよ。
    あれはキツかったです。

    ただ、仰るように映画館の醍醐味は、皆で共有する、って
    点で、私も笑いが波のように起こって、地響きみたいに
    なった時はカタルシスを感じました。

    多少の我慢は必要ですね。

    • 映画男 映画男 より:

      気になる人は気になっちゃうんですね。そういえば僕も鼻をすすっちゃっうタイプです。